付加価値税 例

付加価値税

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/27 16:47 UTC 版)

売上税(Sales tax)と異なるところは、VATは多段階課税であることである。

いかなる税も無いケース

  • たとえば、物品メーカーは製造原材料を $1.00 で仕入れる。
  • メーカーは小売業者に $1.20 で卸す。メーカーは $0.20 の利益を手にする。
  • 小売業者は消費者に、$1.50 で販売する。小売業者は $0.30 の利益を手にする。

売上税が存在するケース

10%の売上税が存在する場合は以下となる。

  • 物品メーカーは製造原材料を $1.00 で、最終消費者ではないことを証明した上で仕入れる。
  • メーカーは小売業者に $1.20 で卸す。メーカーは $0.20 の利益を手にする。
  • 小売業者は消費者に、税込$1.65($1.50 x 1.10)で販売する。小売業者は$0.15を納税し、残り $0.30 の利益を手にする。

付加価値税が存在するケース

10%の付加価値税が存在する場合は以下となる。

  • 物品メーカーは製造原材料を 税込$1.10 ($1.00 x 1.10)で仕入れる。仕入元は $0.10を納税する。
  • メーカーは小売業者に、税込$1.32 ($1.20 x 1.10)で卸す。メーカーは $0.02($0.12 - $0.10 )を納税し、$0.20 の利益を手にする。
  • 小売業者は消費者に、税込$1.65($1.50 x 1.10)で販売する。小売業者は $0.03($0.15 - $0.12)を納税し、$0.30 の利益を手にする。

下線部は仕入税額控除である。

仕入税額控除

前述の例で示された通り、事業者は仕入において既に課された税額を差し引いた額を納税する(仕入税額控除)。これには『請求書等保存方式』と『インボイス方式』がある[3]

国際連合電子データ交換(EDI)規格のUN/EDIFACT (JIS X 7011)にはINVOICメッセージという電子インボイスの仕組みが含まれており、欧州では近年この規格を使ってインボイスの電子化を進めている (Electronic invoices)。

日本ではインボイス方式は導入されていないものの、輸出入における関税のためにインボイスの電子化が行われているため、NACCSのEDI形式に電子インボイスの仕組みが含まれている。その他、日本の自動車業界を中心として使われているEDIネットワークのJNX (Japan automotive Network eXchange)においても、UN/EDIFACTの買掛金明細情報(INVOIC)が使われている[4]

欧州連合型インボイス方式

ベルギーのBTW/TVA領収書

欧州連合型クレジット・インボイス(インボイス)は以下の特徴を有する。すなわち、仕入税額控除の権利を有し、商取引の情報を1枚の証書で表現する書面及び電子的形式を指す。

  • 帳簿に関する付加価値税独自の義務的記載項目はない。
  • インボイスの保有が仕入税額控除の前提条件となる。
  • インボイス上に税額表示がある場合、納付義務が生じる。
  • インボイスに詳細な記載事項が求められる。
  • 記載事項に不備のある場合は仕入税額控除の権利が否認される。

インボイスに記載が義務付けられている項目は以下のとおりである[5]

  • 請求書を発行した年月日・請求書を特定するための番号 ・売主の付加価値税番号(VATナンバー)
  • 顧客の付加価値税番号・売主及び買主の社名及び住所 ・販売する資産の名称、数量、金額、または役務提供の場合役務提供の範囲
  • 資産の譲渡または役務の提供の日付(請求書の発行日と同日で無い場合)または、前受け金を受領した日
  • 適用税率、非課税売上及び課税売上の区分、課税標準、単価、値引き額
  • 付加価値税額 
  • 非課税取引やリバースチャージの場合、その根拠条文の引用 他
欧州連合型インボイス方式の導入経緯[6]
インボイスは、古くから国境を越える取引が盛んに行われてきたヨーロッパでは、商取引慣行として定着してきた。欧州連合の前身である欧州共同体において、1960年代後半より仕入税額控除を組み込んだ付加価値税システムを導入される際に、仕入税額を確認するのに最適な書類としてインボイスが利用されるに至った。
欧州型インボイス方式のメリット
原則的には、流通の中間段階で業者がどれだけ付加価値税を受け渡したかを証明するインボイスは税額の正確性を持つ。

軽減税率

軽減税率(VAT relief)については[7]、その基準について一定した見解はないが、国内社会循環性の観点によれば、対象となる生産物・製造物について、その種別ごとに、基盤率(原材的自給性)と関係率(人的活動性)によって評価し、軽減税率すなわち自利率(利益性)を算出する方法があり、これによると、一方でインスタント食品やジャンクフード等の自利率の高いものは、既に価格が抑えられているため軽減税率は及ばず、他方で生鮮品である国内生産物・収穫獲得物等の自利率の低いものには軽減税率は及ぶことになる。なお、自利率の高いものについては、添加物と健康および医療との因果性について一定の評価が補足され国内社会循環性が担保される。

本体価格×(1.0+消費税率-自利率)=税込価格
仮定軽減税率×基盤率×関係率=自利率
基盤率:1.0〜0.1(0.0);国内生産性大〜小(無)、関係率:1.0〜0.1(0.0);物品に関わった国内的企業または団体数大〜小(間接)、自利率:仮定軽減税率〜0.0;自利率無し(政策考慮されうべきもの)〜大(政策考慮されるうべきでないもの)、p.s;国外的なものについては関税撤廃および国外的税制によってゆだねられるべきもの

OECDは食料やエネルギー製品などの品目へ軽減税率を適用することは、これによって最も恩恵を得るのは高所得家計であるため「低所得家計への支援策として劣った手段である」と勧告し、加えてさらに不正機会の発生や、行政コスト・法順守コストの高さを挙げている[8]

商品販売における方法および手続

請求書等への税額票添付による方法のほか、メーカー直販または卸問屋から販売店等への納品時の税額差額の前会計処理による方法がある。前会計処理では、販売店等の会計機器等の変更などの負担回避のため、消費者の購入時および清算時には、同一の税率になるが、軽減税率の物品は、外見上、大規模店舗では軽減税率シール、それ以外の店舗では価格ラベルのマーキングにより区別され、金額については、前もって減額され同一の税率を掛けることで軽減税率に合うようにしている。その他、経理処理の負担軽減および実際の販売品目の区別明確化のため、通常課税品目の請求書等と軽減税率のかかる課税品目の請求書等の記入用紙を別々にする簡易な方法がある。


  1. ^ OECD 2014, Chapt.4.
  2. ^ a b 鎌倉治子 2008.
  3. ^ 『請求書等保存方式』と『インボイス方式』”. 財務省. 2012年11月16日閲覧。
  4. ^ 業界標準EDI 〜現状と動向〜 財団法人日本情報処理開発協会 2011年3月
  5. ^  http://www.pwc.com/jp/ja/tax-articles/assets/it-2012-04.pdf 「欧州連合型型インボイス制度の現状と課題」
  6. ^ 「インボイス制度の概要」西山由美『税研2007.1(No.131)』
  7. ^ a b c d e OECD 2014, Chapt.2.6.
  8. ^ OECD Economic Surveys: Japan 2015, OECD, (2015-04), Assesment and recommendations, doi:10.1787/eco_surveys-jpn-2015-en, ISBN 9789264232389 
  9. ^ ただし、クレジットカードの利用実績や保険会社の税抜の算定では消費税相当額の控除となっており(購入時の消費税率に相当する額を控除なので)、消費税相当額は差し引かれてしまう場合もありうる。
    課税取引・非課税取引 国税局
  10. ^ [1]
  11. ^ a b c JETRO 海外ビジネス情報 ベルギー 税制 その他税制
  12. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa OECD 2014, p. 60.
  13. ^ JETRO Neitherlands
  14. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 2004年1月時点のデータ。出典:正井泰夫監修 『今がわかる時代がわかる世界地図 2005年度版』 成美堂出版、2004年12月、ISBN 978-4-415-10117-0、81頁。
  15. ^ a b c d e f g h i j 主要国の付加価値税の概要(2014年1月現在) 財務省(Ministry of Finance Japan)
  16. ^ a b c 海外ビジネス情報 イタリア その他税制 日本貿易振興機構(JETRO)
  17. ^ 毎日jp:消費税:「逆進性」課題に 税調専門家委、中間報告 毎日新聞 2010年6月22日 22時17分(最終更新 6月23日 0時29分)[リンク切れ]
  18. ^ イギリスで付加価値税の標準課税が適用される食品は、酒類、菓子、温かいテイクアウト、ケータリング、ソフトドリンク、ミネラルウォーターなど。HM Revenue & Customs(HMRC): Rates of VAT on different goods and services ただし、酒類には別途、物品税も課せられる。JETRO: 英国 海外ビジネス情報 その他税制
  19. ^ a b c d e Federation of International Trade Associations : country profiles
  20. ^ a b c JETRO 海外ビジネス情報 スペイン 関税以外の諸税 付加価値税(VAT)
  21. ^ a b c JETRO 海外ビジネス情報 オーストリア 税制 その他税制
  22. ^ a b c フィンランド国税庁 ニュース Change in VAT rates as of 1 July 2010
  23. ^ a b c 海外ビジネス情報 スウェーデン 付加価値税、物品税 日本貿易振興機構(JETRO)
  24. ^ a b c JETRO: 海外ビジネス情報 ロシア 税制 その他税制
  25. ^ a b H.I.S.シンガポール支店 耳より情報 GST(税金)に関して
  26. ^ AFP BBNews アロヨ大統領 市場を視察 消費税導入を受け - フィリピン
  27. ^ a b c JETRO 海外ビジネス情報 フィリピン 税制 その他税制
  28. ^ a b JETRO 海外ビジネス情報 中国 税制 その他税制
  29. ^ 至诚财经网”. m.baidu.com. 2019年3月30日閲覧。
  30. ^ 至诚财经网”. m.baidu.com. 2019年3月30日閲覧。
  31. ^ 輸出販売はゼロ課税。JETRO 海外ビジネス情報 中国 税制 その他税制
  32. ^ a b c JETRO 海外ビジネス情報 アルゼンチン 税制 その他税制
  33. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v Tax Foundation State and Local Sales Tax Rates Midyear 2013
  34. ^ a b c JETRO 海外ビジネス情報 トルコ 税制 そのほか税制
  35. ^ a b c JETRO 海外ビジネス情報 イスラエル 関税制度 関税以外の諸税
  36. ^ “石油の王国、税導入の実験 経済改革、社会も変化か”. 日本経済新聞朝刊. (2017年3月27日). http://www.nikkei.com/article/DGKKZO14526080W7A320C1TCR000/ 
  37. ^ a b c JETRO 海外ビジネス情報 オーストラリア 税制 その他税制
  38. ^ a b c JETRO 海外ビジネス情報 ニュージーランド 税制 その他税制






付加価値税と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「付加価値税」の関連用語

付加価値税のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



付加価値税のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの付加価値税 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS