インボイス方式とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > インボイス方式の意味・解説 

インボイス‐ほうしき〔‐ハウシキ〕【インボイス方式】

商品流通過程仕入先発行するインボイス送り状納品書)の提出義務づけられている方式インボイスには、商品価格仕入先支払われた税額などが明記されており、これによって控除額が確認され、脱税二重課税防止効果がある。日本消費税では、インボイスを必要としない帳簿方式がとられている。


インボイス方式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/27 15:50 UTC 版)

インボイス方式(インボイスほうしき、: Invoice System)とは、消費税の仕入税額控除の方式の一つで、課税事業者が発行するインボイス請求書などで税額が明示された書類)に記載された税額のみを控除することができる方式のことである。


注釈

  1. ^ 簡易課税制度を選択している場合、適格請求書の保存は仕入税額控除の要件とならない[2]
  2. ^ この申請書の提出は2021年(令和3年)10月1日から可能であり、適格請求書等保存方式の導入と同時に登録を受けるためには原則として2023年(令和5年)3月31日までに提出する必要がある[3][4]
  3. ^ 適格請求書を交付することが困難な場合を除く[14]
  4. ^ 写しには、書類の複写のほか、レジジャーナルなどの記載事項が確認できる程度の記載がされているもの含む[14]
  5. ^ 電磁的記録の保存には、タイムスタンプを付して保存する、訂正・削除を行った場合にその事実及び内容を確認することができる電子計算機処理システム、または訂正・削除することができない電子計算機処理システムを使用して保存することなどの一定の措置が必要となり、電磁的記録を印刷して保存する場合には、整然とした形式および明瞭な状態で出力する必要がある[14]
  6. ^ 経過措置として、適格請求書等保存方式導入前の(従来の)免税事業者からの仕入について、2023年(令和5年)10月1日から2026年(令和8年)9月30日まではその仕入税額の80%が、2026年(令和8年)10月1日から2029年(令和11年)9月30日まではその仕入税額の50%が課税仕入れに係る消費税額とみなされる[19]

出典



「インボイス方式」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「インボイス方式」の関連用語

インボイス方式のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



インボイス方式の意味のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのインボイス方式 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS