hackとは? わかりやすく解説

hack

別表記:ハック

「hack」とは、叩き切る掘り起こす・うまくやり抜くコンピュータプログラム取り組むということ意味する英語表現である。

「hack」とは・「hack」の意味

「hack」とは、「叩き切る切り刻む土地掘り起こす、うまくやり抜くコンピュータプログラム取り組む」といった意味の英語表現である。もともとは斧などで木を叩き切ることを表し、そのため荒々しい印象のある言葉となっている。しかし、めった打ちにし、ずたずたに切り裂いて原型無くしたうえで修正する、または切り開いて進むというポジティブニュアンスがあり、そこから派生して土地掘り起こす、種を植える」という意味も持っている。「hack it」とすると「うまくやり抜く」ことを表し、しばしば否定文使用される

また、「hack」は切り刻むようにキーボードを打つという意味で「コンピュータ精通している人」を指して用いられる近年では「コンピュータプログラム取り組む」という意味から派生してネットワーク不法侵入して情報などを勝手に引き出行為や、プログラム違法な改変指して使われることが多い。

「hack」は他に、「大きな音でせきをする」「向こうずねを打つ、蹴る」という意味もあり、アメリカ英語では「人をいらいらさせる」という意味で使われることもある。また、hackney(ハックニー種という乗馬用の馬)」の略語として「hack」と言うことがあり、この場合は「乗用馬」と日本語訳され、「おいぼれの馬」や「あくせく働く人」のたとえとして使用されることがある

「hack」の発音・読み方

「hack」の発音記号は「hǽk」である。カタカナでは「ハック」表記されることが多いが、実際発音は「ハァク」に近いものとなる。

「h」はハ行の音を息を吐きながら出す。「æ」は「ア」と「エ」の中間のような音で、「エ」の音を出すときのように口を横に開けて「ア」と発音する。「hǽ」と続けると「ハァ」という音となる。「ǽ」の部分アクセントがあるため「ア」の音は強めに出すとよい。「k」は舌の奥の部分上げて上あごに付け急に舌を離すようにして「クッと息とともに音を出す。

「hack」の語源・由来

「hack」は、インド・ヨーロッパ祖語で「留め金ぎざぎざした歯状のもの」を意味するkeg」を語源とする。そこから派生して古英語で「ぎざぎざに切り刻む」を意味する「tohaccian」という言葉生まれ、「切り刻む叩き切る」という意味の「hack」へと形を変えた

「hack」を含む英熟語・英語表現

「hack」を含む英語表現には次のようなものがある。

「got hack」とは


got hack」とは、「ハッキングされる、乗っ取られる」という意味の英語表現である。コンピュータシステムネットワーク他人に解析され不正利用されたり情報抜き取られたりすることを指す。「got hacked」または「get hacked」のように受動態表現されることが多い。

「hack」に関連する用語の解説

「hack」に関連する用語としては次のものが挙げられる

「Life hack」とは


Life hack」は、もともとは仕事の質や生産性高めるための工夫を表す言葉で、日本語では「仕事術」と訳される。そこから日常暮らしにおいても、作業効率上げ手立てを「Life hackと言うようになった日本語でも「ライフハック」という言葉定着しており、生活に役立つちょっとしたアイデアヒントのことを指して用いられている。

「hack」の使い方・例文

「hack」を使った例文には以下のようなものがある。

・I hacked the tree down.
私はその木を切り倒した

・They hacked the figure out of a rock.
彼らは岩を刻んで像を作った

・He hacked his way through the forest.
彼は切り開いて進んだ

I can’t hack it anymore.
これ以上我慢できません。

・He hacked away all night.
彼は一晩中咳をしていた。

I think he hacked into the computer system.
私は彼がコンピューターシステム侵入した考えている。

・I’m afraid I wont be able to hack it in the team.
チームの中でうまくやっていけなさそう不安だ

Hack

名前 ハック

.hack

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/01/13 01:16 UTC 版)

.hackドットハックは、バンダイナムコグループを中心とした企業群による、ゲームを主軸としたメディアミックスプロジェクト。Project .hackまたは.hack Conglomerateの名義で公表されている。


  1. ^ 『ドットハック セカイの向こうに』の魅力に迫る【第1回】――『.hack』最新エピソードの秘密” (2012年1月16日). 2012年2月15日閲覧。
  2. ^ TVアニメ化されたが、プロットが大きく異なっている。
  3. ^ 『セカイの向こうに』と『.hack//Versus』までで3rdシーズンプロジェクトはひとまず終わり、だと『.hack//Link 完全設定資料集』のクロス対談で語られている


「.hack」の続きの解説一覧

ハック

(hack から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/10 07:38 UTC 版)

ハック



.hack

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/30 15:52 UTC 版)

メディアミックス」の記事における「.hack」の解説

2002年1月連載開始した漫画.hack//黄昏の腕輪伝説』をはじめとして4月アニメ.hack//SIGN』、6月ゲーム『.hack』、10月ライトノベル.hack//AI buster』と短期間複数メディアから立て続け作品公開された。Project .hackの名の下で当初からゲーム中心としたメディアミックス前提構成されており、2002年以降第1期2006年以降第2期2010年以降第3期に大分される。特に第1期においては異なメディア間で複雑に絡み合う物語解き明かすことをセールスポイントとしていた。

※この「.hack」の解説は、「メディアミックス」の解説の一部です。
「.hack」を含む「メディアミックス」の記事については、「メディアミックス」の概要を参照ください。


.hack

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/26 03:52 UTC 版)

サイバースペース」の記事における「.hack」の解説

The World」という架空MMORPG中心にストーリー展開されるゲーム主軸としたメディアミックスプロジェクト

※この「.hack」の解説は、「サイバースペース」の解説の一部です。
「.hack」を含む「サイバースペース」の記事については、「サイバースペース」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「hack」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「hack」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「hack」の関連用語

hackのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



hackのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.hack (改訂履歴)、ハック (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのメディアミックス (改訂履歴)、サイバースペース (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS