TSI01とは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > TSI01の意味・解説 

dynapocket IS02

読み方ダイナポケットアイエスゼロニ
別名:IS02,TSI01

dynapocket IS02とは、東芝開発したau向けのスライド式スマートフォンの名称である。2010年3月発表された。

IS02東芝世界市場向けに開発した「K01」の日本国内向仕様である。OSWindows Mobile搭載しており、auラインアップの中では2機種目のWindows phoneとなる。

dynapocket IS02はQWERTYキーボード搭載したスライド式の端末である。薄さ約12.9mmと、同種の構造を持つ端末の中では世界最薄であるという。ディスプレイにはタッチパネルに対応した4.1インチワイドVGA有機ELCPUにはQualcommSnapdragon搭載されている。

dynapocket IS02

ユーザーインターフェースには東芝が独自に開発した「NXUI」が搭載されている。タッチパネル利用して画面レイアウト変更したり、よく見るWebサイトやよく使うアプリケーションなどをメニューアイコンとして優先的表示したりといったカスタマイズができる。

その他、Webページメール等の画面表示された情報を、カメラキーの短押しにより画面キャプチャとして取得できる「ClipBook」機能や、OCR名刺認識する名刺OCRリーダー電子書籍ビューアーebookJapan」などを搭載している。



※画像 / 株式会社東芝
参照リンク
IS02 - (IS series
au TOSHIBA IS02 - (東芝 携帯電話
モバイル端末のほかの用語一覧
スマートフォン:  CAT S60  DROID  Droid 3  dynapocket IS02  Dell Streak  Xperia PLAY  hTc Z

IS02

(TSI01 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/11 09:52 UTC 版)

dynapocket IS02(だいなぽけっと あいえす ぜろに)は、東芝モバイルコミュニケーション社(以下東芝MC社、現・富士通モバイルコミュニケーションズ)および東芝が国内向けに開発した、auブランドを展開するKDDIおよび沖縄セルラー電話ISシリーズのひとつで、CDMA 1X WIN対応フルスライド式スマートフォンである。製造型番はTSI01でメーカー型番はRP8-J01NTTドコモ向け同型端末のdynapocket T-01B同様、東芝製世界モデルWindows Mobile端末K01の日本モデルとなる。東芝MC社が2010年10月に富士通の子会社である富士通東芝モバイルコミュニケーションズ(当時)に移管されたため、au向けとしては唯一の東芝MC社が開発・製造・発売したスマートフォンとなった。






「IS02」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「TSI01」の関連用語


2
16% |||||

3
10% |||||

4
8% |||||

5
8% |||||

6
8% |||||


8
8% |||||

9
8% |||||

10
8% |||||

TSI01のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



TSI01のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリdynapocket IS02の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのIS02 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS