K2とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 化学物質辞書 > K2の意味・解説 

カリウム(K2)


フェニルサリゲニンホスファート

分子式C13H11O4P
その他の名称:サリゲニン環状フェニルホスファート、フェニルサリオキソン、K-2、Salioxon-phenyl、Phenylsalioxon、りん酸フェニルサリゲニン、フェニルサリゲニンホスファート、Saligenin cyclic phenyl phosphate、Phenyl saligenin phosphate、サリオキソンフェニル、Cyclic saligenin phenyl phosphate、サイクリックサリゲニンフェニルホスファート、K-2【農薬】、2-Phenoxy-4H-1,3,2-benzodioxaphosphorin 2-oxide、K-2【pesticide
体系名:2-フェノキシ-4H-1,3,2-ベンゾジオキサホスホリン2-オキシド


りん酸ジアンモニウム

分子式H9N2O4P
その他の名称:Diammonium hydrogen phosphate、りん安、Ammonium hydrogen phosphateアンモニウム水素ホスファートSecondary ammonium phosphateりん酸第二アンモニウムDiammonium phosphatePhosphoric acid hydrogen diammonium saltペロルホス-チェ7202A、コールトロールLPA-445、アコースタンA、Pelor、PHOS-Chek 202A、Coaltrol LPA-445、K-2、Phosphoric acid diammonium salt
体系名:りん酸水素ジアンモニウム、りん酸ジアンモニウム


2,4-ジアセチルフロログルシノール

分子式C10H10O5
その他の名称:2,4-Diacetylphloroglucinol、K-2、K-2【pharmaceutical】、K-2【医薬品】、K2、K2【医薬品】、K2【pharmaceutical】、1,1'-(2,4,6-Trihydroxy-1,3-phenylene)bisethanone、2,4-Diacetyl-1,3,5-benzenetriol、ジアセチルフロログルシノール、Diacetylphloroglucinol、2,6-Bis(1-oxoethyl)-1,3,5-benzenetriol
体系名:2,4-ジアセチルフロログルシノール、2,4-ジアセチルベンゼン-1,3,5-トリオール、1,1'-(2,4,6-トリヒドロキシ-1,3-フェニレン)ビスエタノン、2,4-ジアセチル-1,3,5-ベンゼントリオール、2,6-ビス(1-オキソエチル)-1,3,5-ベンゼントリオール


K2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/02 03:33 UTC 版)

K2(ケーツー)は、カラコルム山脈にある山。標高は8,611mで、エベレストに次ぐ世界第2位の高さである。パキスタンギルギット・バルティスタン州インドの主張によればインドカシミールのパキスタン占領地)と、中華人民共和国ウイグル自治区との国境に位置する。




注釈

  1. ^ 詳しくは英語版の名前の節を参照。特に「チョゴリ」の名称が現地では使用されていないことについては英語版の脚注8を参照。[リンク切れ]
  2. ^ 一次アタック隊の馬場口隆一、寺西洋治、小林利明、宇津孝男、ナジール・サビルは悪天候のため登頂を断念。

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p ナショナル ジオグラフィック, 編纂.「K2 頂をめざして」、『NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版』2012年 04月号、ナショナルジオグラフィック社、2012年3月ASIN B007JL98CE
  2. ^ a b “Stairway to heaven”. The Economist. (2013年5月29日). http://www.economist.com/blogs/graphicdetail/2013/05/daily-chart-18 2013年5月30日閲覧。 
  3. ^ クルト・ディームベルガー 『K2嵐の夏』 梅津正彦訳、山と渓谷社、2000年9月ISBN 978-4635178129[要ページ番号]
  4. ^ K2 南南東リブ 1996”. 日本山岳会. 2019年1月2日閲覧。
  5. ^ 中国のチベット 事実と数字”. 2018年3月22日閲覧。
  6. ^ レコードチャイナ:世界第2の高峰K2で、11人が遭難死―パキスタン”. Record China. 2012年9月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月2日閲覧。
  7. ^ ジェニファー・ジョーダン 『K2 非情の頂―5人の女性サミッターの生と死』 梅津正彦訳、山と溪谷社、2006年3月ISBN 978-4635178136[要ページ番号]
  8. ^ CNN.co.jp:K2登山中のプロスキーヤーが死去 滑走挑戦の途上で”. 2010年8月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月2日閲覧。


「K2」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「K2」の関連用語

K2のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



K2のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのK2 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS