こつとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > > ほね > こつの意味・解説 

こつ [1] 【忽

数の単位。糸の10分の1。すなわち1の10万分の1。 〔塵劫記

こ つ 【木屑

〔「木積(こつみ)」の略〕
木のくずが流れ寄ってたまったもの。 「鳴る瀬ろに-の寄すなす/万葉集 3548

こつ [1] 【笏

しゃく(笏)

こつ 【骨】

[2] 死体火葬にしたほね。 「お-を拾う」
[0] 物事をする場合かんどころ呼吸要領。 「商売の-をのみこむ」
芸道奥義。また,それを会得する才能。 「天性其の-なけれども/徒然 150

こつ [1] 【兀

トタル[文] 形動タリ
高く突き出ているさま。 「雲の峰-として聳ふる/帰去来 独歩

【こつ】[漢字]

【 忽[音] コツ
たちまち。にわか。 「 忽焉こつえん忽如忽然こつぜんこつねん) ・飄忽(ひようこつ)
ゆるがせにする。 「 忽略粗忽
【 骨 】 [音] コツ
ほね。 「 骨格骨髄骨折骨相骨肉遺骨骸骨がいこつ筋骨軟骨納骨白骨
からだ。 「 病骨 ・老骨
人柄気性。 「 気骨奇骨仙骨風骨
【 惚[音] コツ

読み方:こつ、こっかくけい
別名:骨格系
【英】:Ossa,Systema skeletale,Bones

これまでの解剖学用語(Nomina Anatomica)では骨、骨格系Ossa; Systema skeletale)を骨学(Osterlogia)と呼んでいた。 からだの支柱をなす「骨ぐみ」である。多数の「骨」といくらかの「軟骨」がその構成単位をなす器官であり、これらが多く関節によって可動的に連結されている。骨格には昆虫甲殻類見られるような外骨格と、脊柱動物みられるような内骨格とがある。内骨格構成単位をなすものは骨という器官で、人体では骨の数は200あまりである。しかし、頭蓋の上部をつくる骨、顔面の骨の大部分上肢帯鎖骨は、本来は外骨格性の皮骨動物発達過程沈下して、内骨格一部となったものと考えられている。これらの皮骨性の骨は、その形成から見て、その主要部結合組織からすぐ骨組織がつくられたもの(結合組織骨、膜骨であって内骨格性の骨が先に軟骨性の原基経て骨になる原始骨、置換骨)のとは区別される。骨組織軟骨組織身体の支柱であり、筋とともに身体各部運動引き起こす。この支柱骨格系といい、骨格系関節系、および骨格筋合わせて運動器という。また、頭蓋脊柱はなかに中枢神経組織(脳と脊髄)を入れて、それを保護し、胸郭や、骨盤内蔵一部を入れて保護する。骨格系カルシウムリンなどの重要な鉱質の貯蔵庫でもある。身体の多く器官正しく機能するためにはカルシウムが必要で、血液骨組織の間で絶えずカルシウム交換が行われている。また、骨の内部血液細胞産生の場である。

こつ

  1. 俗にサクラと称ばれてゐる仲間の廻はしもの。
  2. 〔的〕「サクラ」と呼ぶ仲間のこと。客に化けて客の購買心をそそるように仕向ける役目。「サクラ」に同じ、其条参照
  3. 俗にサクラ仲間のマワシモノ。
  4. さくら。
  5. 同類仲間

分類 ルンペン大阪、的、露店商香具師


コツ

読み方:こつ

  1. 口ノコトヲ云フ。〔第六類 人身部・長野県〕

分類 長野県


読み方:こつ

  1. ①賽ころ。骨で作つたことより。〔博〕 ②歯。似ているところから形容。〔香〕 ③「さくら」が強要威圧して金の取上げなどすること 骨つぽいところから形容して。〔香〕
  2. ①釆のこと。釆は牛の骨でつくられるから。②頭のこと。「すこ」「はんすけ」「どだま」「はだし」等何れも同意

分類 博/香/犯罪


読み方:こつ

  1. 骨子(賭器)ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・大阪府
  2. 骨子ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・三重県
  3. 骨子ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・静岡県
  4. 骨子ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・岡山県
  5. 骨子ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・徳島県
  6. 骨子ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・福岡県
  7. 骨子。〔第六類 器具食物
  8. 采を云ふ。采は多く牛の骨等にて造れる故か。
  9. サイコロ若桜名古屋 犯罪者仲間
  10. さいころ。〔一般犯罪

分類 三重県大阪府岡山県徳島県犯罪犯罪者仲間福岡県静岡県


読み方:こつ

  1. 頭ノコトヲ云フ。〔第六類 人身之部・大阪府
  2. 頭〔大阪〕。 「すこ、はんすけ、どだま、はだし」等何れも同意

分類 大阪大阪府


読み方:こつ

  1. 歯ノコトヲ云フ。〔第六類 人身部・長野県〕
  2. 歯ノコトヲ云フ。〔第六類 人身之部・山口県
  3. 歯ノコトヲ云フ。〔第六類 人身之部・大分県
  4. 歯牙。〔第二類 人物風俗
  5. 歯牙を云ふ。

分類 大分県山口県長野県


読み方:こつ

  1. 調子又たは手加減等のことに云ふ。「一寸した-で旨くできる」。「-さへ覚えたら何でも無い」。

分類 東京


読み方:こつ

  1. 〔花〕南千住遊廓のことをいふ。骨塚ツ原の略で今の東京南千住にある遊廓比較通人遊興場所としてあつて、其処指して単に「骨」と云つた。

分類

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ





こつと同じ種類の言葉

ほねに関連する言葉肌骨  蛇骨(じゃこつ)  (かわら、こっかくけい、こつ、ほね)

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「こつ」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||


7
76% |||||



10
70% |||||

こつのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

足の骨

寛骨

恥骨

上腕骨

尾骨

腰椎

上腕骨

寛骨





こつのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
船戸和弥のホームページ船戸和弥のホームページ
Copyright (C) 2017 船戸和弥のホームページ All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2017 株式会社皓星社 All rights reserved.

©2017 Weblio RSS