ミニカとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 交通 > > カー > ミニカの意味・解説 

ミニカ

ミニカ

類別

5ドアバン

3ドアバン

ナッティ

ライラ

型式

5M/T

LNME

LNME

MNME

MNME

3A/T

LKME1

LKME1

LKME

LKME

MKME

MKME

車名型式

三菱
HBD-H42V

三菱
HBD-H47V

三菱
HBD-H42V

三菱
HBD-H47V

三菱
HBD-H42V

三菱
HBD-H47V

駆動方式

2WD

フルタイム
4WD

2WD

フルタイム
4WD

2WD

フルタイム
4WD

寸法重量

全長

(mm)

3395

全幅

(mm)

1475

全高

(mm)

1510

ホイールベース

(mm)

2340

トレッド

(mm)

1300

(mm)

1295

最低地上高

(mm)

160

荷室

(mm)

1130[675

1130[660

荷室

(mm)

1200[1180]

12501250

荷室

(mm)

890[890]

車両重量※1

(kg)

710

760

700
710

750
760

680
690

730
740

最大積載量

(kg)

200[100]

乗車定員

(名)

2[4]

性能

最小回転半径

(m)

4.4

10・15モード燃料消費率
国土交通省審査値)
※2

(km/L)

〈19.4〉

〈18.2〉

22.5 ※3
〈19.4〉

19.2
〈18.2〉

22.5 ※3
〈20.0 ※4

19.2
〈18.2〉

主要燃費向上対策

排出ガス認定レベル

平成17年基準排出ガス75%低減レベル

エンジン

型式

3G83

機構気筒

SOHC12バルブ・3気筒

内径×行程

(mm)

65.0 × 66.0

総排気量

(L)

0.657

圧縮比

10.2

最高出力[ネット]※5

(kW / rpm)

37 / 6500

(PS / rpm)

50 / 6500

最大トルク[ネット]※5

(N・m / rpm)

62 / 4000

(kg・m / rpm)

6.3 / 4000

燃料供給装置

ECI-MULTI(電子制御燃料噴射

使用燃料

無鉛レギュラーガソリン

燃料タンク容量

(L)

30

動力伝達装置

変速機形式

前進3段フルオートマチック

前進5段マニュアル前進3段フルオートマチック

変速比

第1速

〈2.846〉

〈2.846〉

3.538
〈2.846〉

3.916
〈2.846〉

3.538
〈2.846〉

3.916
〈2.846〉

第2速

〈1.581〉

〈1.581〉

2.052
〈1.581〉

2.352
〈1.581〉

2.052
〈1.581〉

2.352
〈1.581〉

第3速

〈1.000〉

〈1.000〉

1.392
〈1.000〉

1.576
〈1.000〉

1.392
〈1.000〉

1.576
〈1.000〉

第4速

〈─〉

〈─〉

0.970
〈─〉

1.093
〈─〉

0.970
〈─〉

1.093
〈─〉

第5速

〈─〉

〈─〉

0.810
〈─〉

0.888
〈─〉

0.810
〈─〉

0.888
〈─〉

後退

〈2.176〉

〈2.176〉

3.500
〈2.176〉

3.909
〈2.176〉

3.500
〈2.176〉

3.909
〈2.176〉

最終減速比

〈4.845〉

〈5.697〉

5.200
〈4.845〉

5.916
〈5.697〉

5.200
〈4.845〉

5.916
〈5.697〉

走行装置

ステアリング形式

ラック&ピニオンパワーステアリング付)

サスペンション型式

マクファーソンストラット

トルクアーム式3リンク

ブレーキ型式

ディスク

リーディングトレーリング

タイヤ

155/70R13

145/80R12※6

仕様変更は、発表なく実施することがあります。なお本仕様は国土交通省届出数値です。

●〈 〉内はA/T車、[ ]内は4名乗車時の数値です。

※1メーカーオプションブレーキアシストABS装着した場合車両重量それぞれプラス10kgとなります。また、メーカーオプション運転席/助手席SRSエアバッグプリテンショナー機構付フロントシートベルトを装着した場合車両重量それぞれプラス20kgとなります。

※2:燃料消費率定められた試験条件のもとでの数値です。実際走行時には、この条件気象道路車両、運転、整備等の状況)が異なってきますので、それに応じて燃料消費率異なります。

※3装備類のメーカーオプション装着により車両重量が702kgを超えた場合、22.0km/L となります。

※4装備類のメーカーオプション装着により車両重量が702kgを超えた場合、19.4km/L となります。

※5エンジン出力・トルク表示にはネット値とグロス値があります。「ネット」とはエンジン車両搭載した状態とほぼ同条件測定したものであり、「グロス」とはエンジン単体測定したものです。同じエンジン測定した場合、「ネット」は「グロス」よりも、約10程度低い値(自工会調べ)となります。kWキロワット)、N・mニュートンメートル)はSI国際単位系)に準拠した表示です。

※6メーカーオプションブレーキアシストABSEBD電子制御制動力配分装置付)を装着した場合、155/70R13となります。

製造事業者三菱自動車工業株式会社


※都合により製品の仕様を予告なく変更する場合あります
(注:この情報は2008年3月現在のものです)

ミニカ

英語 Minica

ミニカとは、英語のminiature car/minicarを略したもの文字どおり軽で、三菱としてはもっとも小型乗用車

初代1962年10月登場。360cc時代の軽で、小さいながらも3ボックスの2ドアセダンだった。三菱では既に360ccライトバン61年4月発売しており、それを仕立て直し乗用車にした。価格39万円当時メーカー名新三菱重工業エンジン強制空冷2ストローク2気筒だった。駆動方式FR64年11月内外装をマイナーチェンジエンジン潤滑方式混合式から分離給油式に変えた。66年12月スタンダード追加従来型はデラックスに名称変更67年5月エンジン出力、トルク・アップをはかった。68年9月マイナーチェンジによって、精悍なブラックマスクになった。10月には、最上級モデル・スーパーデラックスを水冷改良した。

69年4月に前席ヘッドレストシートベルト装備など安全関係の改善をはかったが、7月にはフルモデルチェンジ、ハッチバックスタイルの2代目変わり、ミニカ70と呼ぶようになったエンジン空冷水冷の2本立て基本骨格従来ラダーフレームからモノコック変更10月には豪華装備のハイデラックス、続いて水冷・ツインキャブエンジン搭載SSGSS追加した(いずれも発売12月から)。ちなみに70とは、70年代先取りする近代的ミニカーという意味。

70年10月には、スーパーDxベースの上モデルGL追加。同じ月、空冷/水冷エンジン出力/トルク向上をはかった。ちなみに前者が30ps/6000rpm・3.7kg-m/5000rpm、後者が34ps/6500rpm・3.8kg-m/6000rpmという数値だった。

71年2月ファミリーDx発売5月スペシャリティといえるクーペスキッパー(英語で、小意気な船のキャプテンの意)を追加した。9月にはマイナーチェンジを行ってミニカ72進化GLというモデルが4灯ヘッドランプ変わりスタンダード以外全車水冷エンジンになった。72年9月にはスタンダード水冷化を完了廉価版73と呼んだ。しかし、10月にはすべてのエンジン2ストロークから4ストロークに変え、車名F4改めた。スキッパースキッパーになった。F4とはFour Cycle/Fresh/Familyの頭文字で、4ストロークエンジンを積んだまったく新しタイプファミリーカーを意味した。

73年10月シリーズ全車に安全対策を施すとともにグリルまわりを変更

74年12月F4エンジンバランサーシャフト追加した。

76年4月、ミニカ5を発売ボディF4と同じだったが、前後大型バンパー付けた。この年1月から軽自動車新規格がスタートエンジン排気量が550ccまでとなったが、三菱では水冷4ストローク2気筒471ccエンジン暫定的搭載しての発進となった。

77年6月トレッド/全幅を100mm拡大したアミ55発売した。エンジン水冷4ストローク2気筒の547cc型を全タイプに載せた。車名アミとはフランス語友達のこと、55エンジン排気量からとった名前だった。78年9月にはエンジン昭和53年排出ガス規制適合させるため、MCA-JETシステム切り替えた。80年8月サンルーフ車、10月女性仕様車翌年2月廉価版のユーティリカを追加した。

81年9月全長ホイールベースを延ばすなど大幅変更を行った。無段変速オートマチック車設定。名称をアミLと呼ぶようになった82年12月に高級仕様CX83年3月にターボモデルを追加したのち、84年2月フルモデルチェンジFF方式変わったプレーンな面で構成したスタイリングは、イタリア人若手デザイナー、アルト・セッサーノのデザインだった。2ドア4ドアをそろえ、インタークーラー付きターボ車の設定もあった。85年9月4WD車(パートタイム)、86年4月に3ドアオープントップ車を投入した。

87年1月マイナーチェンジで3気筒SOHC・548ccの新エンジンに積み替えた。ターボエンジンや4WD車もあった。2速だったATは3速に進化した。88年1月にはファミリー向け高級車エクシード追加

89年1月フルモデルチェンジ、7代目となった。豊かな膨らみをもつボディはラウンディシェルと呼び当時三菱のスタイリング・トレンドに合ったものだった。エコノといっていたバンタイプもミニカに名称を統一ドア数で5ドア乗用タイプ3ドア左右非対称1:2ドアがバンタイプとなった。駆動方式FF4WD4WDシステムには自社開発新しHCU(ハイドロリック・カップリング・ユニット)を導入した。550ターボダンガン(弾丸)というグレード誕生した。翌年3月ダンガンを除き3気筒SOHCDOHCの657cc・新規エンジンに積み替えた。全長が100mm延長した分はボディ本体を70mm長くし、ほかは前後バンパーぶんにあてた。このとき、キャビン部分ハイルーフとした多用途車トッポ発売した。8月ダンガンにも新規エンジン採用

91年5月5ドアに3車種追加ダンガンZZAT車設定した。

93年9月フルモデルチェンジ、8代目変わった丸みを帯びたスタイリングで、ホイールベースが20mm延び全高拡大した。3ドア5ドアをそろえ、駆動方式FF4WDがあった。エンジン一部4気筒になった。94年10月運転席SRSエアバッグ、センタードアロック、リヤシェルフを標準装備とする改良を行った。95年11月、全モデルのフロントデザインとリヤバンパーを変え、一部車種シート地を変更した。96年9月装備品採用拡大実施

97年1月レトロ調のタウンビーを追加。ミニカとミニカ・トッポベースに、それぞれ外観内装をクラシック調にまとめたモデルだった。車名は街の働き蜂という意味をもち、98年10月新規デビューまで生産販売した。9月、フロントフード、フェンダーバンパー、そしてテール部分デザイン変更10月にはタウンビーに、フロントグリルをメッシュタイプにしたタウンビー追加

98年10月新しい軽規格(全長100mm、全幅80mm拡大)に対応した新型発売した。気軽に使えるベーシックセダン、をコンセプトとし、エンジンはすべて希薄燃焼型とした。3・5ドアセダンに2WD車(FF)とHCUフルタイム4WD車を設定1年後99年10月一部改良2000年1月に、一時消えていたタウンビーのGタイプ出した。11月マイナーチェンジ実施、ミニカはエコカーピスタチオデザイン踏襲したフロント形状変わった。タウンビーはボディ同色のヘッドランプベゼルを装着そのほかSRS助手席エアバッグ装備、フロントシートプリテンショナーの採用リヤシートセパレートから大型アームレスト付き6:4分割ベンチシート変更した。ヴォイスという新グレード追加2001年10月にはNAエンジンが良-低排出ガス認定を受けた。

2002年9月、全車のシート地を変更したほか、シートヒーターメーカーオプション設定した。ラインアップ3ドア5ドアヴォイス5ドアだけのPj、タウンビーの3タイプそれぞれ2WD4WDモデルがある。エンジンはすべて3気筒ECI-MULTI。ミッションは5速MTと3速、4速ATを機種によって使い分ける12月ヴォイスベース装備内容簡素化した廉価PCグレード追加2003年1月から販売開始した。9月グレード展開の見直し実施

ミニカ

ミニカ_2

ミニカ_3

ミニカ_4

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

三菱・ミニカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/01 22:08 UTC 版)

(ミニカ から転送)

ミニカMINICA )は、三菱自動車工業で販売されていたハッチバック(初代のみノッチバックセダン)型軽自動車のブランド(商標)、および車名である。




[ヘルプ]
  1. ^ ただしトラックでの場合。バン(のちのカーゴ)の場合は1961年に初代が発売されている。
  2. ^ 尤も、ブランド末期のバン最廉価モデル「ライラ」はエアコン・パワステ付きにもかかわらず60万円を切っていた。
  3. ^ 従来型のミニカ73 / ミニカバンのみ引き続き2サイクルを搭載
  4. ^ 2代目ベースのため、車体幅は拡大されていない。
  5. ^ 但し、商用仕様の為に若干ディチューン。
  6. ^ 後部ドアの開閉方式にセダンのアミLは今までと同じガラスハッチを装備。バンのエコノはバンパー上部から開くテールゲート。
  7. ^ H型のシフトパターンを採用しており、シフトブーツも装備されていた。
  8. ^ ミニカターボの登場で三菱は大型トラックから軽自動車までの「フルライン・ターボ」戦略を完成させ、乗用車ではデボネアを除く全車種にターボモデルの設定があった。
  9. ^ ミニカでは最初で最後の存在、後にエコノにも追加
  10. ^ マイナーチェンジでカタログモデルに昇格
  11. ^ 1984年(昭和59年)にダイハツ・ミラにウォークスルーバンが発売されている。
  12. ^ エコノのティコMはエアコン付で発売当時の4速MT車で598,000円。
  13. ^ ミニカ初のパワーウインドウ・集中ドアロックを装備。エンジンは34馬力でエアコンを装備すると110万円程度となった
  14. ^ 自然吸気エンジンも有。燃料供給はシングルキャブレターECIマルチ = 電子式燃料噴射が混在。μ(ミュー)シリーズは全てこのエンジン
  15. ^ RVRと同じく助手席側が5ドアタイプ・運転席側が3ドアタイプの非対称ドア配置。
  16. ^ 出目金ライトは当初、トッポベースの「タウンビー」シリーズのみだったが、モデル末期にはセダンベースの「タウンビー」シリーズにも採用されるようになった。
  17. ^ これにより、2016年3月現在製造されているSUV、トールワゴン等を含む軽乗用車全般において一時ブランド休止した車種(例・スズキ・セルボマツダ・キャロルスバル・R2ホンダ・ライフ等)を除き最も歴史の長い商標トップ10は
    スズキ・アルト(乗用シリーズとしては6代27年。商用シリーズを含めると通算8代37年)
    ダイハツ・ミラ(乗用シリーズとしては6代27年。商用シリーズを含めると通算7代36年)
    スズキ・ワゴンR(5代22年)
    ダイハツ・ムーヴ(5代20年)
    スズキ・ジムニー(乗用シリーズとしては2代20年。貨物車時代を含めると通算3代46年)
    ダイハツ・アトレー(乗用シリーズとしては2代16年。貨物車時代のモデルを含めると通算5代34年)
    スズキ・エブリイ(乗用シリーズとしては2代16年。商用シリーズを含めると通算5代34年)
    マツダ・スクラムワゴン(乗用シリーズ単体としては2代16年。商用シリーズを含めると通算3代26年)
    三菱・eKワゴン(3代14年)
    スズキ・アルトラパン(2代14年)
    となり、15年以上のリードを保っているミニカの記録は破られていない。


「三菱・ミニカ」の続きの解説一覧





ミニカと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ミニカに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ミニカ」の関連用語

ミニカのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

フランソワ・デルクール

コルト プラス

エネルギー回収ブレーキ

eKスポーツ

フットレスト

デリカ カーゴ

デルタ・ワゴン

コルト ラリーアート Version-R


自動車メーカー一覧
三菱自動車の車種一覧



ミニカのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
三菱自動車三菱自動車
(c) 2016 Mitsubishi Motors Corporation. All rights reserved.
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの三菱・ミニカ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS