マクファーソンストラットとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > マクファーソンストラットの意味・解説 

ストラット式サスペンション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/28 03:21 UTC 版)

(マクファーソンストラット から転送)

ストラット式サスペンションとは、サスペンション方式の一種で、テレスコピックショックアブソーバー自体を懸架装置とし、それにばねと車輪を取り付けた構造のもの。考案者のアール・マクファーソンにちなんでマクファーソン・ストラット (MacPherson Strut) 式とも呼ばれる。


  1. ^ フォード車の設計は非常に保守的で、独立懸架採用の最初は1948年発売の1949年式モデルにおけるウィッシュボーン式であり、これはアメリカでも最も遅れた採用であった。
  2. ^ 今日大きく誤解されているが、初代ロータス・エランの後輪は駆動シャフトの長さ変化が発生するマクファーソン・ストラット、初代ロータス・ヨーロッパの後輪懸架装置は、駆動シャフトをアッパーリンクとするダブル・ウィッシュボーンである。


「ストラット式サスペンション」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「マクファーソンストラット」の関連用語

マクファーソンストラットのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

飛行機やロケットの無重力実験

アイシスドライブ

森安正幸

モウハイチク

慶師沖

即席麺

ぱしふぃっくびいなす

T-400





マクファーソンストラットのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのストラット式サスペンション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS