4ストロークとは?

Weblio 辞書 > 工学 > バイク用語 > 4ストロークの意味・解説 

4ストローク

【別称】4スト,4サイクル
4スト4サイクルともいわれ、その名の通り4つの行程燃焼完了させるエンジンのこと。ここでいうストローク(行程)というのは、ピストン一回下がる、または上がる片道行程のことで、4ストロークとはピストンが2往復すること。具体的な行程としては以下の通り
(1)「吸気ピストンが下がって、混合気吸い込む
(2)「圧縮ピストンが上がって、混合気圧縮する。
(3)「燃焼スパークプラグから火花飛び圧縮された混合気引火燃焼する(ピストンは下がる)。
(4)「排気ピストンが上がって、燃焼後の混合気(排気ガス)を外に排出する
4ストロークの他に2ストロークエンジンがあるが、構造エンジンオイル一緒に燃焼してしまうので環境性能向上させることが難しく近年減少傾向にある。現在では市販されているモデルのほとんどが、この4ストロークエンジン採用している。
4ストローク


関連用語】エンジンオイル 混合気 スパークプラグ 2ストローク

4ストローク機関

(4ストローク から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/23 08:50 UTC 版)

4ストローク機関(フォーストロークきかん、: Four-stroke cycle engine)は容積型内燃機関の一種で、エンジンの動作周期の間に4つの行程を経る、4ストローク/1サイクルエンジンのことである。4サイクル機関4行程機関、略して4ストとも呼ばれる。




[ヘルプ]
  1. ^ 夏目幸明 『ニッポン「もの物語」』 講談社 2009年6月 ISBN 978-4-06-215315-7 その15 スーパーカブ(p.150)
  2. ^ DISCOVERY Chanel 「Legend of motorcycle」


「4ストローク機関」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「4ストローク」の関連用語

4ストロークのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

画像から探す

ヒューズ

MFバッテリー

フレーム

タイヤサイズ

スロットルケーブル

馬力規制

変速方式

ドラムブレーキ





4ストロークのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ヤマハ発動機ヤマハ発動機
COPYRIGHT © 2017 YAMAHA MOTOR CO., LTD. All Rights Reserved.
ヤマハ発動機バイク用語辞典
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの4ストローク機関 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS