ダイハツ工業とは?

ダイハツ工業株式会社


ダイハツ工業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/18 07:36 UTC 版)

ダイハツ工業株式会社(ダイハツこうぎょう、英語:Daihatsu Motor Co., Ltd.)は、日本の自動車メーカーである。本社は大阪府池田市トヨタ自動車完全子会社化される予定でトヨタグループ16社のうちのひとつ。




[ヘルプ]
  1. ^ a b 六大企業集団の無機能化 - 同志社大学学術情報検索システム内にあるPDFファイル。筆者は経済学者の田中彰。
  2. ^ メンバー会社一覧 - みどり会
  3. ^ 社団法人全国軽自動車協会連合会の該当ページ
  4. ^ 社団法人全国軽自動車協会連合会の該当ページ
  5. ^ ダイハツ 軽乗用車「タント」2014年新車販売台数No.1を獲得 (PDF) - ダイハツ工業株式会社 ニュースリリース 2014年7月4日(2014年12月28日閲覧)
  6. ^ スズキ、8年ぶり年間販売台数首位! 「ハスラー」のヒットが貢献 - サンケイスポーツ 2014年12月27日(2014年12月28日閲覧)
  7. ^ 新大阪駅はダイハツ工業本体、和歌山駅は傘下のディーラーである和歌山ダイハツ販売によるもの
  8. ^ ダイハツ、インドネシアの生産能力を年30万台に引き上げ”. 日刊工業新聞 (2010年1月13日). 2011年1月15日閲覧。
  9. ^ ダイハツ、欧州市場での新車販売を終了…2013年に”. Response. (2011年1月14日). 2011年1月15日閲覧。
  10. ^ ダイハツ、中国事業を縮小 自社ブランド展開断念”. 日本経済新聞 (2009年7月18日). 2009年7月18日閲覧。
  11. ^ テレビCMでの「ダイハツ」日本語ロゴは既に1993年をもち廃止。「DAIHATSU」(旧フォント)は2002年のパイザー生産終了まで継続採用。
  12. ^ 池田直渡「週刊モータージャーナル」:『トヨタのダイハツ完全子会社化の狙い』”. ITmedia (2016年2月1日). 2016年5月7日閲覧。
  13. ^ トヨタ自動車とダイハツ工業、両ブランドで小型車事業強化 -ダイハツ工業を完全子会社化、グローバル戦略一本化-”. トヨタ自動車株式会社、ダイハツ工業株式会社 (2016年1月29日). 2016年1月29日閲覧。
  14. ^ 本社は伊丹市に所在。2014年5月1日にビジネスサポートセンターがダイハツテクナーを吸収合併し商号変更。連結子会社間の合併に関するお知らせダイハツ工業 2014年5月12日閲覧。東京に本社のあるビジネスサポートセンターとの資本・人的関係はない。
  15. ^ 2011年8月以降はパンフレット(カタログ)、および広告のみの展開となる。
  16. ^ 現時点(2016年5月現在)では3代目ブーンのみ。
  17. ^ ダイハツがサービス残業 是正勧告受け5000万円支払う[リンク切れ] 産経新聞 2009年4月4日
  18. ^ ダイハツ陸上競技部







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ダイハツ工業に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ダイハツ工業」の関連用語

ダイハツ工業のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

角形光プラグ

召天記念式

京うちわ

チャンドラマラ・キャット

ボウイナイフ

あめりか丸

ゼーベック

EMONSTER





ダイハツ工業のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ZDNetZDNet
Copyright ASAHI INTERACTIVE, Inc. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのダイハツ工業 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS