葉梨康弘 葉梨康弘の概要

葉梨康弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/30 10:47 UTC 版)

葉梨 康弘
はなし やすひろ
公式肖像写真(2016年撮影)
生年月日 (1959-10-12) 1959年10月12日(63歳)
出生地 日本 東京都三鷹市
出身校 東京大学法学部卒業
前職 警察庁刑事局少年課理事官、衆院議員秘書
所属政党 自由民主党岸田派
称号 法学士
親族 義祖父・葉梨新五郎[1](衆議院議員)
義父・葉梨信行[2](第36代自治大臣、第45代国家公安委員会委員長、衆議院議員)
公式サイト はなし康弘のページ

第106代 法務大臣
内閣 第2次岸田改造内閣
在任期間 2022年8月10日 - 2022年11月11日

選挙区 茨城3区
当選回数 6回
在任期間 2003年 - 2009年
2012年 - 現職
テンプレートを表示

法務大臣(第106代)、農林水産副大臣菅義偉内閣)、自民党総務部会長法務副大臣内閣府副大臣第2次安倍改造内閣第3次安倍内閣第3次安倍第3次改造内閣第4次安倍内閣)、衆議院法務委員長を歴任した。

養父は自治大臣国家公安委員会委員長、衆議院議員を歴任した葉梨信行(結婚時に信行と養子縁組した)[2]。養祖父は中央新聞、日本電報通信社(後の電通)の記者を経て衆議院議員を務めた葉梨新五郎[1][3]。旧姓は渡邉(わたなべ)。

来歴

東京都三鷹市出身。実父は医師の渡邉武治[4]。東京教育大学附属駒場高等学校(現・筑波大学附属駒場高等学校)、東京大学法学部卒業後、1982年警察庁入庁。警察庁刑事局防犯課、岩手県警察本部刑事部捜査第二課長、兵庫県警察本部刑事部捜査第二課長、外務省在インドネシア日本国大使館一等書記官を歴任した。衆議院議員の葉梨信行の娘と結婚。信行と養子縁組した[2]

1999年、警察庁を警視正で退職[5]。同年3月、葉梨信行の秘書になる[6]

衆議院議員

2003年第43回衆議院議員総選挙茨城3区から、葉梨信行の後継として立候補し、初当選した。

2005年第44回衆議院議員総選挙で再選。自由民主党畜産酪農対策小委員会委員長・農林部会部会長代理を歴任。

2009年8月、第45回衆議院議員総選挙に茨城3区から立候補したが、落選。

2012年12月、第46回衆議院議員総選挙に茨城3区から立候補し当選、国政に復帰。2013年9月、財務大臣政務官に就任。

2014年9月4日第2次安倍改造内閣法務副大臣に就任[7]、同月12日、兼ねて内閣府副大臣に就任した[8]。同年12月の第47回衆議院議員総選挙に茨城3区から出馬し4選。

2016年1月、衆議院法務委員長に就任。同年8月、自民党総務部会長に就任[9]

2017年8月7日第3次安倍第3次改造内閣で再び法務副大臣内閣府副大臣に就任[10]。同年10月の第48回衆議院議員総選挙に茨城3区から立候補し5選。

2018年10月、衆議院法務委員長に就任[11]

2020年9月18日菅義偉内閣農林水産副大臣に就任。

2021年10月31日、第49回衆議院議員総選挙で6選。

法務大臣

2022年8月10日に発足した第2次岸田改造内閣において法務大臣として初入閣した[12]

同年11月9日、武井俊輔政治資金パーティーに出席した際、「法務大臣は死刑のはんこを押す地味な役職」「統一教会に抱きつかれてテレビに顔が出た」「法相になっても金にも票にも縁がない」と発言(後述)。これらの発言は即日報道されて社会問題となった[13][14]。2日後の11月11日岸田文雄首相に法務大臣の辞表を提出し、受理された。事実上の更迭とされる。後任は元農林水産大臣の齋藤健が起用された[15][16][17]

政策・主張

憲法

  • 憲法改正について、2021年のアンケートで「賛成」と回答する[18]
  • 憲法9条への自衛隊の明記について、2021年のアンケートで「賛成」と回答[19]
  • 憲法を改正し緊急事態条項を設けることについて、2021年の毎日新聞社のアンケートで選択肢以外の回答をした[20]

外交・安全保障

  • 「他国からの攻撃が予想される場合には敵基地攻撃もためらうべきではない」との問題提起に対し、2021年のアンケートで「どちらとも言えない」と回答[18]
  • 北朝鮮に対しては対話よりも圧力を優先すべきだ」との問題提起に対し、2021年のアンケートで「どちらかと言えば賛成」と回答[18]
  • 普天間基地辺野古移設について、2021年のアンケートで「どちらかと言えば賛成」と回答[18]

ジェンダー

  • 選択的夫婦別姓制度の導入について、2021年のアンケートで「どちらかと言えば賛成」と回答[18]
  • 同性婚を可能とする法改正について、2021年の朝日新聞社のアンケートで「どちらとも言えない」と回答[18]。同年のNHKのアンケートで「どちらかといえば反対」と回答[19]
  • LGBTなど性的少数者をめぐる理解増進法案を早期に成立させるべきか」との問題提起に対し、2021年のアンケートで「どちらかと言えば賛成」と回答[18]
  • クオータ制の導入について、2021年のアンケートで「どちらかと言えば賛成」と回答[19]

その他

  • 原子力発電への依存度について今後どうするべきか」との問題提起に対し、2021年のアンケートで「現状を維持すべき」と回答[19]
  • 新型コロナウイルス対策として、消費税率の一時的な引き下げは、2021年のアンケートで「必要でない」と回答[19]
  • 森友学園を巡る公文書改竄問題で、財務省が開示を拒んでいた「赤木ファイル」が2021年6月22日、大阪地裁の命令によって公開された[21]。国の対応をどう考えるかとの問いに対し、2021年の毎日新聞社のアンケートで選択肢以外の回答をした[20]

  1. ^ a b “葉梨信行氏死去 元自治相、元自民党衆院議員”. 時事ドットコム (時事通信社). (2021年8月17日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2021081700825&g=pol 2022年8月9日閲覧。 
  2. ^ a b c “葉梨信行さん死去”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞). (2021年8月18日). https://www.asahi.com/articles/DA3S15013337.html 2022年8月16日閲覧。 
  3. ^ 閨閥学 (2020年9月21日). “葉梨家(葉梨康弘・葉梨信行・葉梨新五郎の家系図)▲” (日本語). 閨閥学. 2022年8月9日閲覧。
  4. ^ 渡辺武治氏死去/葉梨康弘自民党衆院議員の父”. 四国新聞 (2009年5月7日). 2022年8月16日閲覧。
  5. ^ プロフィール”. はなし康弘 - 自民党茨城第3選挙区支部. 2022年8月16日閲覧。
  6. ^ 国会議員情報:葉梨 康弘(はなし やすひろ)”. 時事通信. 2022年8月16日閲覧。
  7. ^ 『官報』 平成26年(2014年)9月9日付 本紙第6371号 p. 7
  8. ^ 『官報』 平成26年9月18日付 本紙第6377号 p. 9
  9. ^ 小泉進次郎氏は農林部会長留任 自民、部会長人事を内定 産経新聞 2016年8月18日
  10. ^ 外務副大臣に「ヒゲの隊長」佐藤正久元防衛政務官 副大臣・政務官名簿発表”. 産経新聞 (2017年8月7日). 2017年8月7日閲覧。
  11. ^ 自民党が衆院常任・特別委員長ら了承 予算委員長に野田聖子前総務相
  12. ^ “初入閣に 県政界 期待の声 茨城県関係議員2人以上入閣 26年ぶり 法相に葉梨康弘氏 文科相に永岡桂子氏”. 東京新聞. (2022年8月11日). https://www.tokyo-np.co.jp/amp/article/195188 2022年8月13日閲覧。 
  13. ^ a b 葉梨法相「死刑のはんこを押してニュースに 地味な役職」発言”. NHK (2022年11月10日). 2022年11月10日閲覧。
  14. ^ a b c d 葉梨康弘法相、発言を陳謝し撤回 岸田首相は続投させる考え 「死刑のはんこを押す、地味な役職」”. 東京新聞 (2022年11月10日). 2022年11月10日閲覧。
  15. ^ 葉梨法相、岸田首相に辞表…松野官房長官が明らかに - 読売新聞オンライン 2022年11月11日
  16. ^ 葉梨法相後任に齋藤健元農相起用の意向固める 岸田首相 - NHK NEWS WEB 2022年11月11日
  17. ^ “死刑巡る失言の葉梨法相、首相が続投させる意向一転…事実上の更迭へ”. 読売新聞. (2022年11月11日). https://www.yomiuri.co.jp/politics/20221111-OYT1T50190/ 2022年11月11日閲覧。 
  18. ^ a b c d e f g 葉梨康弘”. 朝日・東大谷口研究室共同調査 - 2021衆議院選挙. 朝日新聞社. 2021年10月22日閲覧。
  19. ^ a b c d e 茨城3区”. NHK 衆議院選挙2021 候補者アンケート. 2021年10月21日閲覧。
  20. ^ a b 自民 茨城3区 葉梨康弘”. 第49回衆院選. 毎日新聞社. 2022年6月7日閲覧。
  21. ^ 原田晋也、皆川剛 (2021年6月23日). “森友問題「赤木ファイル」黒塗りでも読み解けたこと、残った謎 安倍昭恵氏の削除は初日に指示”. 東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/112153 2021年9月21日閲覧。 
  22. ^ a b 旧統一教会問題で連絡会議 法務・警察など関係省庁”. 共同通信 (2022年8月15日). 2022年8月16日閲覧。
  23. ^ 新内閣の閣僚に新たな接点 葉梨法相、旧統一教会関連の月刊誌に記事”. 朝日新聞 (2022年8月15日). 2022年8月16日閲覧。
  24. ^ 旧統一教会問題で省庁連絡会議を設置 葉梨法相”. 時事ドットコムニュース (2022年8月15日). 2022年8月16日閲覧。
  25. ^ 駐日ジョージア大使 ティムラズ・レジャバ Twitter 2022年11月9日 午後6:40”. 2022年11月10日閲覧。
  26. ^ 政治資金収支報告書 2050年の明るい「みらい」研究会(令和2年分 定期公表) (PDF)”. 総務省 (2021年11月26日). 2021年11月29日閲覧。
  27. ^ 葉梨法相「死刑のハンコ押しニュース、地味な役職」…パーティーで「法相はお金集まらない」”. 読売新聞 (2022年11月9日). 2022年11月11日閲覧。
  28. ^ 「死刑のはんこ押す」「地味な役職」葉梨法相が会合で発言”. 西日本新聞 (2022年11月9日). 2022年11月11日閲覧。
  29. ^ a b 葉梨法相の辞任要求 立・共”. 時事通信 (2022年11月10日). 2022年11月10日閲覧。
  30. ^ 小池晃 Twitter 2022年11月9日 午後11:14”. 2022年11月10日閲覧。
  31. ^ a b c d 失言の法相、記者の手払いのけ「紙が読めないんだよ」…反省の色見えず批判拡大”. 読売新聞 (2022年11月11日). 2022年11月11日閲覧。
  32. ^ 松野官房長官、葉梨法相を注意”. 共同通信 (2022年11月10日). 2022年11月10日閲覧。
  33. ^ 【速報】“死刑のハンコ押す地味な役職”発言の葉梨法務大臣が松野官房長官に謝罪 長官は厳重注意 発言は撤回せず辞任の考えもなし”. TBS NEWS DIG. TBSテレビ (2022年11月10日). 2022年11月10日閲覧。
  34. ^ 葉梨法相発言、法案審議に早速影響…民法改正案の衆院採決が先送りに”. 読売新聞 (2022年11月10日). 2022年11月11日閲覧。
  35. ^ “葉梨法相、「死刑のはんこ」発言を陳謝し撤回”. 産経新聞. (2022年11月10日). https://www.sankei.com/article/20221110-3ERD5WXTKZJXLJAMNTDANBM6HA/ 2022年11月10日閲覧。 
  36. ^ 葉梨法相、「金に縁ない」は撤回せず 問題となった自身の発言巡り”. サンスポ (2022年11月10日). 2022年11月10日閲覧。
  37. ^ 葉梨法相発言に自民からも批判 「山際氏の二の舞いダメ」「更迭を」”. 朝日新聞 (2022年11月10日). 2022年11月10日閲覧。
  38. ^ 「大変、不愉快」 自民・遠藤氏 、葉梨法相に苦言”. 産経新聞 (2022年11月10日). 2022年11月10日閲覧。
  39. ^ 山本将克、加藤佑輔 (2022年11月10日). “「あり得ない発言」 失言の葉梨法相に専門家、省内からも批判”. 毎日新聞. 2022年11月10日閲覧。
  40. ^ 中沢佳子、大杉はるか、宮畑譲 (2022年11月11日). “法相は本当に「地味な役職」なのか…猛批判される葉梨康弘氏の「はんこ」発言から考えた”. 東京新聞. 2022年11月11日閲覧。
  41. ^ 藤渕志保 (2022年11月10日). “葉梨法相 「死刑はんこ」発言、10月にも2度 自民議員パーティーで”. 毎日新聞. 2022年11月11日閲覧。
  42. ^ 先月も「死刑はんこ」発言 葉梨法相、議員会合で”. 岩手日報 (2022年11月10日). 2022年11月11日閲覧。
  43. ^ 葉梨法務大臣 「死刑のはんこを押す地味な役職」複数回の発言認め「票とお金に縁がない」発言も撤回”. TBS NEWS DIG. TBSテレビ (2022年11月11日). 2022年11月11日閲覧。
  44. ^ 葉梨康弘法相の「死刑のはんこ」は“鉄板ネタ”「生真面目だから空気を読み間違える」過去にはカツラ疑惑への反論写真もアップ”. NEWSポストセブン (2022年11月11日). 2022年11月11日閲覧。
  45. ^ 葉梨法相「死刑のハンコ」は撤回も火に油…発言複数回は《“鉄板ネタ”だったから》との指摘”. 日刊ゲンダイ (2022年11月11日). 2022年11月11日閲覧。
  46. ^ 「辞めないって言ったじゃないか!」 法相辞任劇で「首相離れ」加速”. 朝日新聞 (2022年11月11日). 2022年11月14日閲覧。
  47. ^ 岸田首相の外遊出発が急きょ延期 葉梨法相の更迭検討で出発直前に”. 朝日新聞 (2022年11月11日). 2022年11月11日閲覧。
  48. ^ 葉梨法相が陳謝 「国民に不快な思い」 - 産経ニュース 2022年11月11日
  49. ^ 「法務行政への信頼損ねた」 岸田首相、葉梨法相の辞任認める - 毎日新聞 2022年11月11日
  50. ^ @グリーンべると NEWS DASH 2009年1月23日
  51. ^ 社団法人全日本トラック協会への補助金のあり方に関する質問に対する答弁書 内閣衆質169第30号 2008年2月5日
  52. ^ @グリーンべると NEWS DASH」2008年6月19日を参照。
  53. ^ @グリーンべると NEWS DASH 2008年6月23日
  54. ^ 理事・会員リスト パチンコチェーンストア協会
  55. ^ 第171回国会 法務委員会 第12号(平成21年6月26日(金曜日)) 2009年6月26日
  56. ^ 宮沢りえのヘアヌード写真集 17歳で撮影なら児童ポルノ? J-CASTニュース 2009年6月29日
  57. ^ 民主党改造内閣は故意に日本を衰退させようとしている~新しい政治を創っていかなければ | はなし康弘 - 自民党茨城第3選挙区支部” (日本語). 2022年11月29日閲覧。
  58. ^ 葉梨康弘法相に皮肉な「ブーメラン」2010年失言更迭の柳田元法相を批判した過去 - 社会 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2022年11月29日閲覧。
  59. ^ 葉梨法相にブーメラン、11年前に失言の民主党政権・柳田法相をブログで批判” (日本語). SAKISIRU(サキシル)| 先を知る、新しい大人のメディア. 2022年11月29日閲覧。
  60. ^ 第193回国会 予算委員会 第18号(平成29年3月23日(木曜日))”. 衆議院. 2022年8月16日閲覧。
  61. ^ かつら疑惑に洗髪後写真で反証 自民・葉梨康弘衆院議員、HPに掲載→すぐ削除”. 産経新聞 (2017年4月5日). 2022年8月16日閲覧。
  62. ^ 共同通信 (2022年9月21日). “異例所感で話題の裁判長が退官 平田判事、強制不妊訴訟で | 共同通信” (日本語). 共同通信. 2022年9月23日閲覧。
  63. ^ (日本語) 【解説】旧優生保護法"裁判" 拍手に包まれた法廷 裁判所が異例の"所感", https://www.youtube.com/watch?v=iLwQY9Biink 2022年9月23日閲覧。 
  64. ^ 国会混乱めぐり与野党双方が懲罰動議提出 日テレNEWS24 2008年5月2日
  65. ^ 「葉梨法務副大臣 556万を研修会名目で違法に収受 クレカの領収書を使った二重払いの架空支出も 政治資金規正法違反の疑い」エコーニュース 2014年11月15日
  66. ^ “2021年7月号_6面”. 全国たばこ新聞 (全国たばこ販売協同組合連合会). (2021年6月25日). http://zenkyou.xsrv.jp/wp-content/uploads/2021/07/2021%E5%B9%B47%E6%9C%88%E5%8F%B7_6%E9%9D%A2.pdf 2021年7月11日閲覧。 
  67. ^ 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年
  68. ^ “死刑議連に葉梨前法相が入会 「失言」を反省?”. 時事ドットコム. (2022年11月30日). https://www.jiji.com/amp/article?k=2022113001000&g=pol 2022年11月30日閲覧。 


「葉梨康弘」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「葉梨康弘」の関連用語

葉梨康弘のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



葉梨康弘のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの葉梨康弘 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS