島津久大 島津久大の概要

島津久大

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/01 09:21 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

経歴・概要

1906年明治39年)5月24日公爵島津忠済・田鶴子夫妻の次男として東京に生まれる[2]。父忠済は島津久光の七男で貴族院議員宮内省宗秩寮審議官などを務めた。

1930年(昭和5年)東京帝国大学法科大学政治学科を卒業し、外務省に入省する。戦後、1951年から1952年、および1955年から1956年の2回、外務省大臣官房長を務める。この間、1952年から1954年までニューヨーク在外事務所長を務める。1958年(昭和33年)ニュージーランド駐箚特命全権大使1959年(昭和34年)パキスタン駐箚特命全権大使。1961年(昭和36年)スペイン駐箚特命全権大使。1963年(昭和38年)タイ駐箚特命全権大使。1964年(昭和39年)カナダ駐箚特命全権大使。1966年(昭和41年)中華民国駐箚特命全権大使。退官後の1969年(昭和44年)日本国際問題研究所の理事長を経て、旧赤坂離宮が改修され迎賓館ができると、1974年(昭和49年)初代迎賓館長に就任した。1980年(昭和55年) 勲一等瑞宝章を受章[1][2]1990年平成2年)12月9日死去。84歳[1]

著書

訳書

栄典

家族・親族

外部リンク

先代:
徳永太郎
日本国際問題研究所理事長
8代:1969年-1973年
次代:
高橋通敏





「島津久大」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「島津久大」の関連用語

島津久大のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



島津久大のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの島津久大 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS