宛とは?

Weblio 辞書 > 人名 > 三国志小事典 > の意味・解説 

えん ゑん [1] 【円】

まるいこと。また,そのもの。まる。 「 -を描く」
〘数〙 一平面上で定まった一点中心)から一定の距離にある点全体からなる図形円周。また,これに囲まれた平面部分
1871年明治4)に制定された日本の貨幣単位一円は一〇〇銭。

えん [1] 【衍

衍字」の略。

えん ゑん [1] 【冤

無実の罪ぬれぎぬ。 「 -をすすぐ」

えん [1] 【宴】

酒食を共にして,楽しむこと。また,その会。うたげ。 「 -を設ける」 「 -を張る

えん 【焉

漢文文末助字用法から〕
「われ関せず焉」などの形で,語句添え強め言葉

えん [1] 【筵

敷物・むしろの意〕
座席催し酒宴の席。 「けふは南溟老人喜寿の-といひ/安愚楽鍋 魯文

えん ゑん [1] 【園】

幼稚園」「保育園」などの略。 「 -の方針

えん [1] 【塩】

酸と塩基との中和反応によって生じるイオン化合物。酸の水素イオン金属などの陽イオンおきかえ化合物,または塩基水酸化物イオンを酸の陰イオンおきかえ化合物とみることもできる。典型的な塩はイオン結晶固体で,によく溶けるものが多い。食塩塩化ナトリウム NaCl)は,塩酸HCl)と水酸化ナトリウムNaOH)の反応で得られる代表的な塩である。

えん [1] 【縁】

人と人を結ぶ,人力を超えた不思議な力。巡り合わせ。 「こうなったのも何かの-」 「ご-があったら,また会いましょう
親子夫婦親戚などの間柄。 「親子の-」
知り合い間柄交わり縁故。 「友達の-を切る」 「 -を頼って上京する」
関係。つながり。 「学問は-がない」 「日本と-の深い国」
関係のできるきっかけ。 「これが-で結ばれる
〘仏〙 結果生ずるための間接的原因条件。 「他生の-」 → (いん)
(「」とも書く)和風建築で,部屋外側につけた板張り細長い床の部分入り(がわ)(くれ)縁・木口縁(切り目縁)・簀子(すのこ)縁・濡れ縁などの種類がある。えんがわ。 「 -に腰をおろす
母屋(もや)の庇(ひさし)の端。 〔「これをご縁に」の形で,今後末長く交際してほしいという意を表す。「これをご-になにとぞよろしくお願い申し上げます」〕

えん [1] 【艶】

( 名 ・形動[文] ナリ
なまめかしく,あでやかである・こと(さま)。 「 -な女性」 「 -な美しさ」 「 -を競う
歌学美的理念の一。優雅あでやか明る美的感動をさす。余情深くなったものを妖艶という。
風流なさま。風情のあるさま。 「何心なき空の気色も,ただ見る人から-にも凄く見ゆなりけり源氏 帚木
何ともいえずすてきであるさま。 「鈍色の紙,いとかうばしう-なるに/源氏 澪標
思わせぶりなさま。気取ること。 「例の-なると憎み給ふ源氏 末摘花

Wan

エン
ヱン

魏が荊州治府を置いた地。

中平元年一八四)、黄巾賊張角蜂起すると、南陽でも張曼成挙兵して「神上使」を称し、軍勢数万人を集め太守褚貢を殺害、宛の城下集結した。張曼成戦死すると趙弘総帥となり宛城籠り趙弘が斬られると韓忠総帥に立った。朱儁らの奇襲を受けて韓忠宛城抜け小城逃げ込んだが、包囲のゆるんだのを見て突出大敗して殺された。また孫夏総帥になったが朱儁強襲を受けて敗走南陽郡鎮定された。

県令种払

県人


南陽市 (河南省)

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/06 06:36 UTC 版)

南陽市(なんようし)は、中華人民共和国河南省に位置する地級市






「南陽市 (河南省)」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2012/03/03 00:17 UTC 版)

発音


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「宛」の関連用語

宛のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



宛のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
むじん書院むじん書院
Copyright (C) 2019 mujin. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの南陽市 (河南省) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2019 Weblio RSS