あてがいとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > あてがいの意味・解説 

あて‐がい〔‐がひ〕【宛てがい/宛行/充行】

適当に割り当てること。また、その物。「—の制服

禄や所領割り当てること。また、その禄や所領

取り計らい配慮

珍しくし替ふるやうならんずる—を持つべし」〈花伝・七〉


あてがい あてがひ 【宛行・充行】

1⃣ 〔名〕 (動詞あてがう(宛行)」の連用形名詞化

割り当て与えること。また、相手要求によらないで、適当に見積もって与えること。また、そのもの

(イ) 品物食物などを適当に与えること。また、そのもの

信長公記(1598)一五「在陣兵粮つづき候様に、あてがい簡要に候」

(ロ) ある状態にしてやること。ある状態が与えられること。また、その状態。

雑俳軽口頓作(1709)「めいようじゃ・産むとたる乳はおあてがひ」

(ハ) 所領俸祿などを与えること。あておこない近世では領主から家臣下給される知行扶持また、雇い主から雇い人へ渡される手当て岡山藩日本海側諸藩では、貧し武士与えた、生活保障的な暫定的祿をいう。

仮名草子清水物語(1638)上「賢人をもとむるには、よくふか小人のあてかいにてはちかよらす」

心をくばること。配慮とりはからい

風姿花伝140002頃)二「これ上方御目見ゆべからず。若見えば、余りに賤しくて、面白き所あるべからず。此あてがひを能々(よくよく)心得べし」

2⃣ 〔接尾数量表わす語に添えて、それだけ数量のものを割り当てる意を表わす

甲陽軍鑑(17C初)品三二「越後衆、陣の時、一人三人あてがひに、朝食を調させをき候」


宛てがい、充てがい

読み方:あてがい

ワ行五段活用動詞宛てがう」「充てがう」の連用形である「宛てがい」「充てがい」、あるいは連用形名詞化したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「あてがい」の関連用語

あてがいのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



あてがいのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS