反乱分子とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 反乱分子の意味・解説 

反乱分子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 22:08 UTC 版)

スター・ウォーズ 反乱者たち」の記事における「反乱分子」の解説

スマール夫妻Mr. and Mrs. Sumar) 声(モラド) - リアム・オブライエン(米)、設楽統シーズン1(日) 声(マリダ) - ヴァネッサ・マーシャル(米) ロザル出身ロザル在住農場を持つ夫妻で、夫がモラド(Morad Sumar)、妻はマリダ(Marida Sumar)。 モラドが銀河帝国自分の農場を売ることを拒否し続けたため、ヨガー・リステ率い帝国軍兵員輸送機に自宅破壊されてしまう。その後夫妻は、リステ部下ストームトルーパー逮捕され兵員輸送機で連行されたが、助け来たエズラによって兵員輸送機の拘束装置外され解放されたシーズン3ではライダーと共にロザル反帝国活動に参加しており、モラドは工場破壊工作員として、マリダは戦闘員として活動していた。しかし、モラドはスローン大提督自身細工したバイクテスト行わさ爆死するブリッジャー夫妻Mr. and Mrs. Bridger) 声(エフライム) - ディー・ブラッドリー・ベイカー(米) 声(ミラ) - キャス・スーシー(米) エズラ両親で夫がエフライムEphraim Bridger)、妻はミラMira Bridger)。かつてロザルで反銀河帝国ゲリラ放送行いエズラ7歳の頃に帝国拉致された。シーボ夫妻帝国刑務所どこかに囚われているとの情報得ており、ヘラにこの情報伝えている。 ライダー・アザディによると夫妻エズラが行ったゲリラ放送聞いていることから少なくともその時点までは生存していた。その後、その放送勇気づけられる形で脱獄計画した夫妻多くの人脱獄させたが、他の囚人逃がすことを優先したため逃げきれずに殺害されたシーボ(Tseebo) 声 - ピーター・マクニコル(米)、小野塚貴志(日) エズラ両親友人であるローディアンミラエフライム捕まった後は下級技師として帝国仕え、「ロボト=テック・ヘッドギア」を移植する後に帝国軍秘密設計図アウター・リム支配計画持ち出して逃亡したことから帝国軍追われるうになる機械の移植から言動等が支離滅裂になっていたが、ゴースト・チーム救われフルクラム引き取られた。 ブリッジャー夫妻帝国刑務所囚われているとの情報得ており、ヘラにこの情報伝えている。この情報を元にケイナンヘラ密かにブリッジャー夫妻捜索開始した。 コマンダー・ジュン・サトー(Commander Jun Sato) 声 - キーオン・ヤング(米)、魚建(日) ゴースト・チームが所属すフェニックス反乱分子司令官慎重な性格だが、時に大胆な行動に出る事もある基本的に堅物だが、部下からの進言にも耳を傾け柔軟さ持ち合わせるエズラ無鉄砲さ厳しい面も見せるが、その分期待寄せており、活躍に応じて彼を昇進させている。 当初旗艦はペルタ級フリゲート「フェニックス・ホーム」であったが、ベイダーTIEアドバンストx1破壊されたため、CR90コルヴェットリベレーター」を新たな旗艦としている。 アイアン中隊のマート・マティンは甥であり、彼のサトーズ・ハンマーは元々サトーの物だった。 帝国軍からは、反乱組織の中で大物としてマークされており、スローン大提督最高の戦術家評される指揮官クアリーQuarrie) 声 - コーリー・バートン(米)、中博史(日) 惑星シャンティポールで戦闘機開発していたモン・カラマリ。パートナーアストロメク・ドロイドのBG-81。レックスとは旧知の仲気難しい性格で、当初ブレードウイングの引き渡しにも難色示していたが、ヘラパイロットの腕を信じ託す。 ケツー・オンヨ(Ketsu Onyo) 声 - ジーナ・トーレス(米)、斉藤貴美子(日) サビーヌの元友人で、「ブラック・サン」という組織所属するマンダロアの賞金稼ぎ過去サビーヌとは帝国アカデミー姉妹同然に育ち銀河恐れられる存在になるという夢を持って帝国アカデミー2人脱走したが、ケツーがサビーヌ裏切った事により別々の道を行くことになる。 サビーヌ反乱同盟軍請け負った旧式ドロイドEG-86ユニット受け取り際に再会過去わだかまりもあり対立するが、共通の危機前にかつてのように協力したシーズン2第18話再登場た際に反乱者一員として行動しており、惑星アトロンまでの飛行サポートした。 ライダー・アザディ(Ryder Azadi) 声 - クランシー・ブラウン(米)、天神英貴(日) ブリッジャー夫妻援助していた元ロザル総督反逆罪問われ刑務所送られていたが、ブリッジャー夫妻協力脱獄成功する当初は戦うこと拒否していたが、ゴースト・チーム手助けした反乱への参加表明するシーズン3ではロザル反帝国活動の中心人物となり、妨害活動行っていた。 フェン・ラウ(Fenn Rau) 声 - ケヴィン・マクキッド(米)、仲野裕(日) マンダロアの植民地コンコード・ドーン星系組織プロテクターリーダー格であるマンダロリアン。 かつて、旧共和国軍で戦闘機パイロット養成する教官務めた事もあり、クローン戦争では第3次マイギートー戦いで活躍した当初は帝国仕えており、コンコード・ドーン星系通過許可を求める交渉訪れたヘラ部隊問答無用撃墜したその後ケイナンサビーヌによって捕獲され反乱組織捕虜となり、フェニックス反乱分子はコンコード・ドーン星系通過見逃されるようになった。 ガル・サクソンによってコンコード基地プロテクター壊滅させられ後はサクソンへの反抗決意した自らの意志で反乱分子に協力するようになったラウケイナンダークセーバー歴史教えマンダロリアンにとっての意味伝えたその後サビーヌダークセーバー訓練行った際には彼女に協力し、マンダロリアン・ヴァンブレイスを提供したサビーヌダークセーバー訓練終え帰郷した際にラウは彼女に付き従ったサビーヌの母であるウルサ・レンがサクソンへの反抗決意するラウは、ケイナンエズラと共にインペリアル・スーパー・コマンドーと戦ったサビーヌサクソン決闘の後、ラウサビーヌと共にマンダロアに残る決意をし、ケイナンエズラ別れたAP-5 声 - スティーヴン・スタントン(米)、麻生智久(日) 帝国軍貨物船在庫管理ドロイドとして従事していたRA-7プロトコルドロイド男性プログラム几帳面な性格。 胸には拘束ボルト付けられ船長虐待されていた。 クローン戦争時代には旧共和国軍の軍事アナリストとして参加したが、指揮官戦死したため戦後降格させられた。 貨物船成り行きで密航してきたチョッパー出会い友達となり、帝国反抗して自由の身となる。助けられた恩に報いるため、反乱者基地使える惑星としてアトロン紹介し自身も反乱分子の一員となる。 マート・マティン(Mart Mattin) 声 - ザカリー・ゴードン(米) アイアン中隊リーダーにしてサトーズ・ハンマー船長。ジュン・サトーの亡き兄弟息子サトーと姓が違うのは母方の姓を名乗っているため。 故郷思い入れがあり、惑星マイカポで友達と共にサトーズ・ハンマー抵抗続けていたが、帝国軍クルーザーとの交戦経てフェニックス反乱分子との合流決意する。 名前はルーカス・フィルム・ストーリー・グループのマット・マーティンに因むR3-A3 アイアン中隊メンバーであり、気まぐれにして縄張り意識が強いR3アストロメク・ドロイドサトーズ・ハンマー維持担当する当初はゴースト・チーム助け反感覚えていたものの、チョッパー強い絆を結ぶようになり、ハイパードライブ修理マグノマイン除去チョッパーと共に行った。 グーティ・テレズ(Gooti Terez) 声 - メレディス・アン・ブル(米)、小林さとみ(日) アイアン中隊メンバーである紫色の肌をしたシーリン恐れことなく帝国遭遇し自身戦闘員であることを証明した。 名前はルーカス・フィルム広報担当であるアンディ・グティエレスに因む。 ジョナー・ジン(Jonner Jin) 声 - エリック・ロペス(米)、山橋正臣(日) アイアン中隊メンバーであり、力仕事担当マートとグーティには絶えることのない忠誠誓っている。 名前はStarWars.comが配信しているウェブ番組The Star Wars Show』のカメラマン編集者プロデューサー兼ねジョン・ハーパー因む

※この「反乱分子」の解説は、「スター・ウォーズ 反乱者たち」の解説の一部です。
「反乱分子」を含む「スター・ウォーズ 反乱者たち」の記事については、「スター・ウォーズ 反乱者たち」の概要を参照ください。


反乱分子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 22:08 UTC 版)

スター・ウォーズ 反乱者たち」の記事における「反乱分子」の解説

アソーカ・タノ / フルクラムAhsoka Tano / Fulcrum) 声 - アシュリー・エクスタイン(米)、伊藤静(日) クローン戦争時にアナキンのジェダイ・パダワンだったトグルータアナキンレックス率い第501大隊クローンと共にクローン戦争戦い多くの戦果を残す。しかし、とある事件からジェダイ・オーダー脱退しアナキンの元から去った銀河帝国樹立後は反乱組織一員として活動し、「フルクラム」というコードネーム作りヘラ情報提供していた。シーズン1最後にゴースト・チーム対面シーズン2から本格的に登場しゴースト・チーム反乱組織参加させるゴースト・チームと共に「ゴースト」で、ベイダー愛機TIEアドバンストX1との戦闘行った際、フォースを通じてベイダー正体感じ取るその後ベイダーの手によって戦力激減したフェニックス反乱分子新たな戦力として、かつて「クリストフシスの戦い」から「マンダロア包囲戦」までを共に戦った戦友である元クローン・トルーパーレックス紹介長い間連絡取れなかったレックス捜索任務ゴースト・チーム与える。その後レックス再会した際に互い生存喜んだケイナンエズラゼブが、3人がかりでも歯が立たなかったブラザー・フィフスとシスター・セブンに対しアソーカ1人優位に戦い進め実力をみせた。 マラコアのシス寺院ベイダー激しい戦い繰り広げ彼の仮面一部破壊し仮面の下の顔をみた彼女は「あなたを置いていかない今度こそね」と言い残し崩壊するシス寺院中に残り生死不明となるが、シーズン4で「狭間の世界」のエズラ救出される最終話ロザル解放戦で行方不明となったエズラを捜すためにサビーヌ旅立つレックスRex) 声 - ディー・ブラッドリー・ベイカー(米)、金田明夫(日) 識別番号「CT-7567」。クローン戦争時にはアナキン・スカイウォーカー率い第501大隊キャプテン終戦時コマンダー)として活躍した公式の記録上はアソーカ・タノ部下第501大隊クローン兵たちと共にクルーザー墜落巻き込まれ死亡したことになっていたが、実際にはアソーカと共に死を装い帝国からの逃亡生活送っていた。しばらくしてアソーカ別行動をとったレックスは、辺境惑星シーロスでグレガーウォルフと共に改良型AT-TE居住しながら隠居生活送っていた。 ベイダー奇襲によって戦力激減したフェニックス反乱分子への新たな戦力確保のため、アソーカ捜索依頼されケイナンエズラゼブサビーヌ接触した。彼らの逃亡協力し改良型AT-TE帝国軍AT-AT戦い勝ったフェニックス反乱分子に合流した合流後は旧銀河共和国時代軍事基地新型戦闘機入手経路などの情報提供しフェニックス反乱分子戦力増強貢献したまた、戦術家として意見述べたりエズラへの射撃訓練なども行っているクローン・トルーパーには、特定の任務最優先指令として実行するようにプログラムされ有機体バイオ・チップ」が製造段階頭部埋め込まれていたが、レックスグレガーウォルフはこのチップ頭部から摘出している。 クローン戦争での功績から帝国ではトルーパー英雄として知られており、オビ=ワンの元副官である第212大隊所属クローン・コマンダーコーディーと共に作成した緊急コードは、今でも帝国使用されている自身クローンバイオ・チップ洗脳し利用した帝国には不満を持っており、本来忠誠帝国ではなく共和国誓った語っている。また元上官アナキンについては、「最強のジェダイだった」、「彼を信頼しベスト尽くして戦った」と今でも尊敬の念語っている。ケイナンが「オーダー66」で味わったクローン・トルーパーへの不信感によりケイナンとは衝突絶えなかったが、帝国軍との戦いを通じて徐々に打ち解けていった。 反乱同盟キャプテンとして数々の戦いゴースト・チームと共に生き抜き最終回ではコマンダー昇進してヘラと共にエンドアの戦い参加したことが語られている。 チャム・シンドゥーラ(Cham Syndulla) 声 - ロビン・アトキン・ダウンズ(米)、咲野俊介(日) トワイレックのレジスタンス指導者で、ヘラ・シンドゥーラの父親。「ライロス解放者」と呼ばれるクローン戦争英雄帝国軍によるライロス占領に対して再びレジスタンスとして立ち上がる。しかし、帝国との戦い最中に妻を亡くしている。 ヘラとは疎遠となっており、帝国圧政からライロスだけが助かればいいという考えを持っていたが、ヘラとの再会考えを改める。 ゴビ・グリー(Gobi Glie) 声 - コーリー・バートン(米)、星野充昭(日) クローン戦争時からチャムと共に行動している青紫色の肌をしたトワイレック。 チャム最高の兵士一人であり、クエーサー・ファイア級クルーザーキャリア破壊任務際にチャムに付き従っゴースト・チーム協力したヌーマNuma) 声 - キャサリン・テイバー(米)、豊口めぐみ(日) チャム反乱活動参加しているトワイレック。 分離主義勢力からのライロス解放(クローン・ウォーズシーズン2)の際、分離主義勢力破壊された集落唯一生き残り(叔父他の住民「人間の盾」にされており、後に再会した)オビ=ワン率いる第212大隊クローントルーパーボイルワックサー協力し二人「兄弟」慕っていた。これを偲んで左腕には第212大隊仕様オレンジのクローン・トルーパー・アーマーを装着し使用する武器クローン・トルーパー使用するDC-17ハンド・ブラスターである。また、装甲にはオーラベッシュで「ボイルと書かれている。 『クローン・ウォーズテレビシリーズ登場した幼少期にはトワイレック語しか喋れなかったが、本作では標準語喋れるようになっているソウ・ゲレラSaw Gerrera) 声 - フォレスト・ウィテカー(米)、立木文彦(日) 惑星オンダロンを故郷とする過激な反乱分子(パルチザン)。クローンウォーズではオンダロン反乱軍一員として若き日の彼が登場する他、実写映画ローグワン」では晩年の姿で登場するジオノーシアン滅ぼされたのは帝国が何か重要なものを隠すためと考えジオノーシス調査に乗り込む。 妹のスティーラ・ゲレラを失うなどクローン戦争での経験から、反乱分子の中で有数の過激派化している。 エドリオ・トゥー・チューブス(Edrio Two Tubes) 声 - デイビット・エイコード(米) ソウ・ゲレラ行動を共にするトグナスの傭兵パイロットパルチザンのUウイング駆りソウ・ゲレラ支援した

※この「反乱分子」の解説は、「スター・ウォーズ 反乱者たち」の解説の一部です。
「反乱分子」を含む「スター・ウォーズ 反乱者たち」の記事については、「スター・ウォーズ 反乱者たち」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「反乱分子」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

反乱分子のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



反乱分子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのスター・ウォーズ 反乱者たち (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS