全国青い芝の会とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 全国青い芝の会の意味・解説 

全国青い芝の会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/24 14:27 UTC 版)

全国青い芝の会(ぜんこくあおいしばのかい)とは、脳性麻痺者による障害者差別解消・障害者解放闘争を目的として組織された日本の障害者身体障害者)団体。機関誌『青い芝』。東京都で結成後、1960年代1970年代に盛んとなった新左翼運動とも結びつき、神奈川県川崎市横浜市を中心に全国的に活動。社会運動色の強い急進的な活動で知られ、1977年川崎駅前で「川崎バス闘争」を起こしたことで存在を広く知られるようになった。


  1. ^ 廣野俊輔「1960年代後半における「青い芝の会」の活動 : 実態と意義をめぐって」『社会福祉学』第49巻第4号、日本社会福祉学会、2009年、 104-116頁、 doi:10.24469/jssw.49.4_1042020年6月24日閲覧。
  2. ^ [http://www.arsvi.com/2000/0902hs02.htm 全文掲載:廣野俊輔「1960年代後半における『青い芝の会』の活動――実態と意義をめぐって」 『社会福祉学』49-4:pp.104-116. 200902] 立岩真也立命館大学生存学研究所
  3. ^ a b 大仏 空 立岩真也、立命館大学生存学研究所
  4. ^ a b 原一男 (2014年10月20日). “映画『さようならCP』の主人公に出会った脳性マヒ者たちの解放区「マハラバ村」”. BLOGOS. 2019年8月30日閲覧。
  5. ^ a b 青い芝の会・歴史(結成から横塚晃一死去まで) - 立岩真也、立命館大学グローバルCOEプログラム「生存学」創成拠点サイト内
  6. ^ a b c d 時代を読む79 障碍者運動の1ページに残る川崎バス闘争 白石清春(NPO法人あいえるの会理事長)、日本障害者リハビリテーション協会『ノーマライゼーション 障害者の福祉』2016年5月号、DINF 障害福祉保健情報システム、2019年8月30日閲覧。
  7. ^ 障問創刊一周年記念特集 愛に叛逆を!! 『月刊障害者問題』1977年5月15日号(通巻第13号)
  8. ^ 全国青い芝の会 日本脳性マヒ者協会 全国青い芝の会 行動綱領とその解説
  9. ^ 横塚晃一『母よ!殺すな』 pp.31-33
  10. ^ 廣野俊輔「「青い芝の会」における知的障害者観の変容 : もう1つの転換点として」『社会福祉学』第50巻第3号、日本社会福祉学会、2009年、 18-28頁、 doi:10.24469/jssw.50.3_182020年6月24日閲覧。
  11. ^ 時代の正体〈501〉横田弘さんと相模原事件【1】愛と正義を否定する カナロコ by 神奈川新聞、2017年7月26日
  12. ^ a b 可能性としての青い芝運動 ―「青い芝=健全者手足論」批判を足がかりに 花園大学人権教育研究センター『人権教育研究』第19号、2011年3月発行(一部改変)、障害者問題資料センターりぼん社
  13. ^ 障害当事者運動における介助者の役割―大阪青い芝の会の運動におけるグループ・ゴリラを事例として 定藤邦子、立命館大学
  14. ^ 横塚晃一 立岩真也、立命館大学生存学研究所
  15. ^ 横田弘 立岩真也、立命館大学生存学研究所
  16. ^ 「尊厳死」の法制化に断固反対する声明 日本脳性マヒ者協会「全国青い芝の会」 2013/09 立岩真也、立命館大学生存学研究所
  17. ^ a b 相模原市障害者殺傷事件の見解 日本脳性マヒ者協会全国青い芝の会 Facebook[リンク切れ]
  18. ^ 時代の正体〈502〉横田弘さんと相模原事件【2】社会の中に優生思想 障害者団体代表・渋谷治巳さん カナロコ by 神奈川新聞、2017年7月27日


「全国青い芝の会」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「全国青い芝の会」の関連用語

全国青い芝の会のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



全国青い芝の会のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの全国青い芝の会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS