モメンタムとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > モメンタムの意味・解説 

モメンタム

英語:momentum

株価分析においては株価勢い方向性などを分析する時に使われるテクニカル指標1つ。もともとは、「はずみ」、「勢い」などの意味がある

モメンタムの計算式は、モメンタム=当日終値-n日前終値となる。

モメンタムで計算された数値は0を中心に変動する。モメンタムでは、その値がマイナスからプラスへ転じた時に株価上昇傾向に転じ、プラスからマイナスへ転じた時に下降傾向転じることが多い。

なお、当日終値とn日前終値を用いたテクニカル指標には、モメンタムの他にROCが挙げられる。

モメンタム

英語:momentum

モメンタムとは、ビジネス用語としては、相場勢いという意味のこと。モメンタムは英語で勢い推進力といった意味があるように、上昇下落速度など短期的動き判断する時に用いられる指標である。ゼロ上であれば強気相場であり、ゼロより下であれば弱気相場といったような見方をする。モメンタムによって売買判断をすることも可能だ。

モメンタムには「業績モメンタム」や「株価モメンタム」などがあるが、FXにおいてはテクニカル指標1つとして用いられる。計算式は、当日終値から基準となる日の終値を引くだけと単純である。10日間のモメンタムを作成する場合であれば今日終値から10日前の終値をを引くことで算出することが出来ということだ。

モメンタムを売り買いシグナルにしている人も多い。モメンタムの基本的考え方としては、モメンタムがゼロ以下からゼロ以上に抜け上昇トレンドや、モメンタムがゼロ以上からさらに上昇している強気相場などが代表的買いシグナルと言われているものだ。逆に、モメンタムがゼロ以上からゼロ以下にに割り込んでしまうような下落トレンドや、モメンタムがゼロ以下からさらに下降してしまうような弱気相場代表的売りシグナルと言われているものである

モメンタム [2]momentum

速度勢い。はずみ。
運動量

モメンタム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/11 06:30 UTC 版)

モメンタム(英語/ラテン語: momentum)




「モメンタム」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「モメンタム」に関係したコラム

  • FXのモメンタムとは

    FX(外国為替証拠金取引)のモメンタム(momentum)とは、為替レートの勢いやトレンドの転換点などを調べる時に用いられるテクニカル指標の1つです。モメンタムの計算方法は次の通りです。計算期間をn日...

  • FXやCFDのRMIとは

    FXやCFDのRMI(Relative Momentum Index)とは、テクニカル指標のモメンタムを用いて、値動き幅から相場の売られ過ぎ、あるいは、買われ過ぎを判断するためのテクニカル指標のことで...

  • FXやCFDのTSIとは

    FXやCFDのTSI(True Strength Index、ツゥルーストレングスインデックス)とは、モメンタムと2つのEMA(Exponential Moving Average、指数平滑移動平均線...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「モメンタム」の関連用語

モメンタムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



モメンタムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのモメンタム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS