牧師 牧師の概要

牧師

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/18 14:11 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

牧師の定義

プロテスタント教会の牧師についての定義は、教派によって様々である。そのためプロテスタントの全宗派に共通する定義を下すことはできない。以下の説明はごく一般的なものである。

牧師の職務

牧師は礼拝・説教・牧会・宣教その他教会の事務的な管理運営などを職務とする[4]。牧師は教会における教育者として信仰上の指導や訓練を履践する第一義的な立場にある者とされる[4]

「牧師」は按手礼を受領し、三位一体の神と教会とに仕え、礼拝において説教をし、聖礼典を執行し信徒を牧会する務め(教会担任教師)をなす者(だか、按手礼に関し、聖書的根拠はない)。したがって、特定教会に属さない巡回説教者ミッションスクールの聖書科教師(教務教師)、教会担任教師を隠退した者(隠退教師)などは、按手礼を受領し、教師資格を保持していても厳密な意味での牧師ではない。

規模の大きな教会では数人の教職者を擁することがある。その場合、筆頭者を主任担任教師、または主任牧師と言い、それにつづく教師を副牧師と称する場合がある。しかし、副牧師という職制は存在しない(副牧師としての按手礼は存在しない)ため、主任牧師も副牧師も共に一牧師であるとの神学的理解から、意識的に副牧師という表現を避ける教会もある。

日本基督教団は二重教職制を採用し、聖礼典を執行する資格のない教職(補教師)の教会担任教師を伝道師と言って区別している。

牧師の呼称

プロテスタント教会では、聖徒の交わりのうちにあって立てられた役務としての牧師であり伝道師として理解するため、上位聖職者、下位聖職者というような理解は適切ではない。

一般の認識とは異なり、牧師は教会内部では聖職者と呼ばれない。これは牧師職が聖性を欠くからではなく、プロテスタントの万人祭司の強調から、牧師個人を聖性において会衆と区別するかの如き呼称をよしとしないからである。プロテスタント教会では牧師を教職者と言うか、教派共通語として教役者と言うことが一般的である。

呼称と役職の教派別対照表

以下の対照表は教派ごとに異なる教役者の呼称についてのものであるが、そもそも司祭と牧師は位置づけ・理解が異なるものであり、日本語以外の言語でも異なる名称が用いられている。他言語では同じ言葉を使っていても、日本語では教派ごとに別の訳語を用いているようなもの(例: 英語の"deacon"につき、正教会は「輔祭」、カトリック教会は「助祭」、聖公会は「執事」の訳語をあてている)とは違い、例えば英語では牧師は"Pastor"であり、司祭は"Priest"である。Pastorはカトリック教会では主任司祭であることにも、両者について等しい役割を持つ者とは捉えられていないことが表れている。

呼称と役職の教派別対応表
教派・組織 正教会 カトリック教会 聖公会 プロテスタント 学校に喩えると
職位/資格 司祭 司祭 司祭 (正教師[* 1] 教諭
役職 管轄司祭 主任司祭 牧師[* 2]
Rector, Vicar
牧師(Pastor)[* 3] 担任
呼称 神父[* 4] 神父[* 5] 司祭/先生/
[* 6]/(神父[* 7]
牧師/先生/師[* 6] 先生

  1. ^ 日本基督教団などにおいて[5]聖職位ではなくあくまで「資格」であり、概念は司祭(Priest)とは全く異なる。
  2. ^ 概念および原語はプロテスタントの牧師(Pastor)とは異なり、一個教会の司牧責任者たる司祭または主教のことを指す。詳細は「#聖公会の牧師」参照。また、大韓聖公会では「牧師(목사)」という語は用いられない[6]
  3. ^ 聖公会における「牧師(Rector, Vicar)」が一時的な「役職」であるのに対して、プロテスタントにおける「牧師(Pastor)」は基本的には一生保たれる、「職位」に近い面もある[7]
  4. ^ コンスタンティノープル総主教庁系列などの一部の正教会では輔祭の敬称としても用いられる[8]
  5. ^ 聖公会の司祭やプロテスタント教会の牧師が「先生」という敬称で呼ばれるのはあくまで口頭の呼びかけなど非公式な敬称であるが、カトリック教会において神父という敬称は公の文書などにも用いられる正式な敬称である[9]
  6. ^ a b かしこまった文書において、名前の後に敬称として付加する。
  7. ^ 英語圏では「Father」という敬称は比較的広く使われる[10]が、日本では稀で、修道司祭を神父と呼ぶケースにほぼ限られる[11][12]。同じ漢字文化圏でも、ハイ・チャーチの影響が強い大韓聖公会では「神父(신부)」という敬称が広く使われており[6]、「女性神父(여성 신부)」なる語さえある[13]。(ただし、韓国語では「婦」も「父」と同じ発音・同じハングル表記である。)

注釈

  1. ^ イギリス英語: [ˈpɑːstə], アメリカ英語: [ˈpæstɚ][1]:(慣用)パスター/ドイツ語: [ˈpastɔɐ̯], [pasˈtoːɐ̯][2]ストア、パスーア/教会ラテン語: [ˈpäst̪ɔr][3]:パストル

出典

  1. ^ wikt:en:pastor#English
  2. ^ wikt:en:Pastor#German
  3. ^ wikt:en:pastor#Latin
  4. ^ a b 『キリスト教教育事典』日本キリスト教団出版局、2010年、377頁。
  5. ^ 教規 -第5章- - 日本基督教団公式サイト”. 2021年3月6日閲覧。
  6. ^ a b c 성공회, 성직자, 호칭, 복장, 교회 성장(聖公会、聖職者、呼称、服、教会成長)”. 성공회 질문 답변(聖公会質問回答) (2001年1月21日). 2021年10月14日閲覧。。}
  7. ^ 川又俊則「宗教指導者の「老後」 : 現代日本のキリスト教界を中心に」『鈴鹿国際大学紀要』第13号、鈴鹿国際大学、2006年、 87-98頁、 ISSN 13428802NAID 1100064247102021年10月18日閲覧。
  8. ^ Etiquette and Protocol”. Greek Orthodox Archdiocese of America. 2009年3月21日閲覧。
  9. ^ 主任司祭からのメッセージ”. カトリック高輪教会 (2019年4月). 2021年10月16日閲覧。
  10. ^ Clergy & Staff” (英語). St. Aidan's Episcopal Church. 2021年9月21日閲覧。
  11. ^ 信徒の働きを生かす英国の教会”. 日本聖公会 管区事務所 (2003年11月5日). 2021年9月21日閲覧。
  12. ^ 一つの修女会の発展的解消”. 日本聖公会 中部教区 (2014年7月1日). 2021年9月21日閲覧。
  13. ^ 26일 은퇴하는 ‘첫 여성사제’ 민병옥 신부(26日に引退する「初の女性司祭」閔丙玉神父)”. 서울신문(ソウル新聞) (2011年4月13日). 2021年10月14日閲覧。
  14. ^ 鈴木崇巨『牧師の仕事』教文館
  15. ^ 山本菊子『女性教職の歴史』日本基督教団出版局
  16. ^ 主の十字架クリスチャン・センターは女性が用いられる教会です[リンク切れ]
  17. ^ スポルジョン『牧会入門』いのちのことば社
  18. ^ ロイドジョンズ『説教と説教者』いのちのことば社
  19. ^ ロイドジョンズ『栄えに満ちた喜び』地引網出版
  20. ^ 聖マッテヤ日声明 日本聖公会『聖公会の信仰と職制を考える会』
  21. ^ ORTHODOX CHRISTIAN MISSION CENTER NEWS LISTSERVER
  22. ^ 出典:イラリオン・アルフェエフ著、ニコライ高松光一訳『信仰の機密』88頁、東京復活大聖堂教会、2004年
  23. ^ 聖職者のプロフィール”. 聖アンデレ教会. 2021年9月21日閲覧。
  24. ^ 林間聖バルナバ教会”. 2021年9月21日閲覧。
  25. ^ 『中田重治伝』393ページ





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「牧師」に関係したコラム

  • FXやCFDなどの取引市場の休場日は

    FXやCFDなどの取引が行われている市場の休場日は、その国の祝日や土曜日、日曜日になります。しかし、その国が祝日であっても他の国々では祝日ではないことが多いので取引は行われます。例えば、2012年9月...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「牧師」の関連用語

牧師のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



牧師のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの牧師 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS