イギリス王室 イギリス王室の概要

イギリス王室

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/04 10:21 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
イギリス王室
British royal family


イギリス
当主称号 女王イギリスの君主
当主敬称 陛下
現当主 エリザベス2世
(在位:1952年2月6日 - )
民族 ドイツ系及びブリティッシュ
公式サイト イギリス王室公式サイト
イギリス王室

エリザベス2世女王


王族

王族の範囲に関する明確な定義は存在しないが、少なくとも Her Majesty(HM, 陛下〈王妃〉)や His/Her Royal Highness(HRH, 殿下)の敬称を持つ人物は、一般的に王族であると考えられている。そこで有力な指針のひとつとされているのが、1917年11月にジョージ5世により発表された、王子・王女の身分と陛下・殿下の敬称の運用方針を定めた勅許状である。これによると、王子・王女の身分と陛下・殿下の敬称は、国王、国王の子供、国王の息子の子、プリンス・オブ・ウェールズ(王太子)の長男の長男に与えられるものとされている。

ただし、出生時に王族と認められなくても、王位の継承など時が経てば国王またはその近親になることが確実である人物が存在しうる場合などには、必要に応じて王族の範囲が広げられる場合がある。

たとえば、1948年エリザベス王女(当時)の第一子で長男チャールズが誕生した時、チャールズは国王ジョージ6世の女系の孫であったため本来ならば王族とはならないが、状況からしてチャールズが将来次期国王に即位することは確実であったため、勅令によってチャールズは王子となった。

1952年以降、女王エリザベス2世在位中の近年でいえば、プリンス・オブ・ウェールズの長男の全ての子が王子・王女の身分と殿下の敬称を与えるように勅許が与えられた。これは、女王エリザベス2世の孫の一人で王位継承権第2位のウィリアム王子が結婚し、女王在位中の曾孫たる第3王位継承者の誕生(ジョージ・オブ・ケンブリッジ王子:2013年生)が現実味を帯び、またそれと同時期に王位継承法が改正され、「兄弟姉妹間男子優先制」から「長子優先制」に変わったことから、プリンス・オブ・ウェールズの長男の第一子が女子であっても、自動的に王位を継承することになったためである。

なお、プリンス・オブ・ウェールズの次男サセックス公爵ヘンリー王子の子女は、「女王在位中は王子・王女の身分を有さない立場」にあり、「現プリンス・オブ・ウェールズであるチャールズ王太子が新国王に即位した際には王子・王女の身分を与えられる」という特異な立場にあるが、この時点でプリンス・オブ・ウェールズの長男の子女以外の、女王の曾孫に身分・敬称を与える旨の勅許や法改正案は出ていない。新たな勅許等が出ない限り、慣例によりサセックス公爵の長男アーチー2019年生)は「ダンバートン伯爵」の儀礼称号で呼ばれ、女子や次男以下の男子はロード(Lord)、レディー(Lady)の儀礼敬称をつけて呼ばれる。

また、これらの敬称を持つ男性王族と結婚した女性は、夫の爵位称号に対応する夫人としての称号を与えられ、陛下や殿下の敬称を冠して呼ばれる。一方、女性王族と結婚した男性は、特別に爵位・称号を賜らない限り、称号や王族特有の敬称を名乗ることができない。エリザベス2世の夫であるフィリップ王配は、結婚時にエディンバラ公爵位と殿下の敬称をエリザベス2世の父ジョージ6世から賜り、エリザベス2世から「プリンス (prince)」の称号を授けられたため、His Royal Highness The Prince Philip, The Duke of Edinburgh(エディンバラ公爵フィリップ王子殿下)と呼ばれる。しかし、アン王女の夫であるティモシー・ローレンスは、結婚時に特別の爵位や敬称を賜っていないため、結婚後も軍人としての肩書きであるVice-Admiral(海軍中将)で呼ばれている。

これらの敬称の使い分けは次のようになる。

  • His Majesty - 男王
  • Her Majesty - 女王、男王の妻
  • His Royal Highness - 王子(国王の息子、国王の息子の息子、ウェールズ公の長男の長男)
  • Her Royal Highness - 王女(国王の娘、国王の息子の娘)、王子の妃

公務

イギリス王室が抱えている公務は、毎年3000件以上にのぼる[1]

2016年現在、イギリス王室で公務を分担する王族は20人を数える。王室で生まれた王子や王女はもとより、男性王族に嫁いできた女性たちもすぐに公務に携わるようになる。この20人の王族のうち、実にその半数の10人が女性王族で、彼女たちだけで900に近い団体の長を務めている[1]


  1. ^ a b c 君塚直隆「ヨーロッパ王室における「譲位」の現状」『中央公論』2016年9月号 p.46
  2. ^ “Just How Rich Are Queen Elizabeth And Her Family?”, Forbes , (2011年4月22日), http://www.forbes.com/sites/luisakroll/2011/04/22/just-how-rich-is-queen-elizabeth-and-her-family/ 2011年9月3日閲覧。 
  3. ^ Annual Reports of Duchy of Lancaster, Duchy of Lancaster, http://www.duchyoflancaster.com/management-and-finance-2/accounts-annual-reports-and-investments/ 2011年8月14日閲覧。 
  4. ^ Annual Reports of Duchy of Cornwall, Duchy of Cornwall, http://www.duchyofcornwall.org/managementandfinances_finances_analysis.htm 2011年8月14日閲覧。 
  5. ^ 字下げ(インデント)は子の世代を表す。
  6. ^ Cassell Bryan-Low, Alistair MacDonald, Jeanne Whalen (2011年4月29日). “結婚式で節目迎える英国「王室株式会社」”. WSJ日本版. オリジナルの2011年5月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110501234225/http://jp.wsj.com/Life-Style/node_230012 2020年3月11日閲覧。 





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「イギリス王室」の関連用語

イギリス王室のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



イギリス王室のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのイギリス王室 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS