遊戯銃の事件とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 遊戯銃の事件の意味・解説 

遊戯銃の事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/11 04:25 UTC 版)

遊戯銃の事件(ゆうぎじゅうのじけん)とは、遊戯銃に起因して発生した事件である。


  1. ^ 輸入品はイタリア製はコブラとディティクティブ、アメリカ製はディジーキッド、イギリス製はクローバーリーフ、輸入改良品はcmc製のマテル改、国産品は小茂田商店のS&Wリボルバーとコンドル工業のデリンジャーなど。
  2. ^ おもちゃ狩り訴訟の位置づけに関して指摘する記事(2018年1月22日発行「HOBBY JAPAN MOOK No.842 モデルガンクロニクル」(株式会社ホビージャパン)54頁以下「”おもちゃ狩り訴訟”とは何だったのか」)は、ソフトエアガンのパワーの上限が定められた2006年の銃刀法改正を指摘し、当該改正による規制がソフトエアガンの全面禁止や著しい低威力化という最悪の結果にならず、愛好家にとって受け入れうる結論になった(おもちゃ狩り訴訟で問題にされた1971年モデルガン規制のような、粗雑で非民主的な法改正にはならなかった)のは、かつて、おもちゃ狩り訴訟が提起されたことの影響ではないかとの分析を行っている。
  3. ^ 京都府警は、昭和53年5月26日、神保勉を銃刀法違反(販売目的での所持)の容疑で逮捕したが、京都地方裁判所は勾留請求を却下し、また検察による勾留請求却下に対する準抗告も棄却した。神保は起訴猶予処分とされ、同人はこれらの一連の警察の捜査が不当逮捕・不当捜査であると主張し、損害賠償を求める民事訴訟の提起も行った。また、神保勉の逮捕や起訴猶予に関しては、毎日新聞(昭和53年7月1日朝刊)において「モデルガン摘発 “黒星” 製造組合役員ら起訴猶予」との見出しによる報道もなされた。
  4. ^ a b 改造拳銃85丁を所持容疑 警視庁、熊本の73歳逮捕」『日本経済新聞』、2013年5月13日。2021年10月11日閲覧。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「遊戯銃の事件」の関連用語

遊戯銃の事件のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



遊戯銃の事件のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの遊戯銃の事件 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS