儒艮とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 動物 > 哺乳類 > 儒艮の意味・解説 

じゅ ごん [1] 【儒艮

海牛目哺乳類体長3メートル達する。体は紡錘形で、前肢はひれ状、後肢退化し、半月状の尾びれをもつ。海草類を食べる。紅海東アフリカ沿岸から、東南アジア沖縄にいたる浅海分布古来人魚に擬せられる。ザンノイオ。

儒艮

読み方:ジュゴン(jugon)

海牛目海獣


儒艮

読み方:ジュゴン(jugon)

ジュゴン科海産哺乳類

学名 Dugong dugon


ジュゴン

(儒艮 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/20 08:49 UTC 版)

ジュゴン儒艮Dugong dugon)は、ジュゴン目ジュゴン科ジュゴン属に分類される哺乳類。本種のみでジュゴン属を構成し、現生種では本種のみでジュゴン科を構成する。


  1. ^ Appendices I, II and III<http://www.cites.org/>(accessed March 6, 2016)
  2. ^ a b c d Marsh, H. & Sobtzick, S. 2015. Dugong dugon. The IUCN Red List of Threatened Species 2015: e.T6909A43792211. doi:10.2305/IUCN.UK.2015-4.RLTS.T6909A43792211.en. Downloaded on 06 March 2016.
  3. ^ a b c d e Sandra L. Husar, "Dugong dugon," Mammalian Species, No. 88, American Society of Mammalogists, 1978, pp. 1-7.
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al 内田詮三ジュゴン」『日本の希少な野生水生生物に関する基礎資料』農林水産省水産庁編、水産庁、1994年、569-583頁。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 内田詮三「ジュゴン」『改訂・沖縄県の絶滅のおそれのある野生生物 第3版(動物編)』、沖縄県文化環境部自然保護課編、2017年、98-99頁。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n 粕谷俊雄 「ジュゴン」『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生動物-1 哺乳類』環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編、株式会社ぎょうせい2014年、32-33頁。
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o Paul K. Anderson 「カイギュウ目」粕谷俊雄訳『動物大百科2 海生哺乳類』大隅清治監修 D.W.マクドナルド編、平凡社1986年、142-149頁。
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y 粕谷俊雄 「ジュゴン」『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ8 太平洋、インド洋』小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著、講談社2001年、170頁。
  9. ^ a b c d e f g h i 吉岡基訳 「ジュゴン」『絶滅危惧動物百科6 サイ(スマトラサイ)―セジマミソサザイ』 財団法人自然環境研究センター監訳、朝倉書店2008年、60-61頁。
  10. ^ a b c d e Helene Marsh, "Dugong Dugong dugon," Encyclopedia of Marine Mammals, Academic Press, 2009, pp. 332-335.
  11. ^ a b c d e f g h i j k 環境省 『環境省 ジュゴンと藻場の広域的調査 平成13-17年度 結果概要 』、環境省、2006年、1-43頁。(環境省・2016年3月6日に利用)
  12. ^ 環境悪化のグレート・バリア・リーフでジュゴン増加”. ナショナルジオグラフィック (2017年6月5日). 2019年3月19日閲覧。
  13. ^ 日本哺乳類学会 日本産哺乳類のレッドリスト Archived 2007年8月21日, at the Wayback Machine.
  14. ^ 沖縄のジュゴン保護に世界からメッセージ(2001年12月)”. IUCN日本委員会. 2007年7月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月24日閲覧。
  15. ^ a b c d 荒井修亮. “希少水生生物保全事業報告書(平成21年度 - 24年度) 沖縄におけるジュゴンの生態に関する文献等調査-”. 農林水産省. 2018年10月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月24日閲覧。
  16. ^ 当山 昌直、仲地 明、城間 恒宏「近代沖縄の新聞にみられるジュゴンの情報 (PDF) 」 『沖縄史料編集紀要』第37巻、2014年、 39-58頁、2018年6月25日閲覧。
  17. ^ 独自 古宇利島沖にジュゴンの姿 琉球朝日放送報道制作局、2009年5月4日
  18. ^ a b 松田裕之 (2017年12月18日). “ジュゴン日本個体群の絶滅を座視してはならない 他国のジュゴンの人為導入など思い切った対策を一刻も早く打つべし”. WEBRONZA (朝日新聞社). https://webronza.asahi.com/science/articles/2017120700001.html?ref=chiezou 
  19. ^ 野上隆生 (2017年8月31日). “ジュゴン日本個体群の絶滅を座視してはならない 他国のジュゴンの人為導入など思い切った対策を一刻も早く打つべし”. 朝日新聞. オリジナルの2017年12月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171212091745/http://www.asahi.com:80/articles/ASK804H4XK80TIPE00R.html 
  20. ^ “ジュゴン1頭不明に 辺野古の生物調査で判明”. 沖縄タイムス. (2018年11月8日). オリジナルの2018年11月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20181108185403/https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/341643 
  21. ^ “国内の生息は3頭だけ…絶滅危惧種ジュゴンの新たな個体の目撃情報 沖縄沿岸”. 産経ニュース. (2017年3月20日). オリジナルの2017年3月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170320044935/https://www.sankei.com/life/news/170320/lif1703200003-n1.html 
  22. ^ “波照間島でジュゴン2頭の目撃情報 環境省調査へ”. 琉球新報. (2019年4月18日). オリジナルの2019年4月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190418054008/https://ryukyushimpo.jp/news/entry-904928.html 
  23. ^ “ジュゴン、八重山や宮古周辺で目撃情報 専門家「新たな個体であれば大きな発見」”. 沖縄タイムス. (2019年4月17日). オリジナルの2019年4月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190417135421/https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/409850 
  24. ^ “八重山でジュゴン目撃”. 八重山毎日新聞. (2019年4月18日). http://www.y-mainichi.co.jp/news/35309/ 
  25. ^ “八重山でもジュゴン生息か 環境省が目撃情報公表”. 八重山日報. (2019年4月19日). http://www.yaeyama-nippo.co.jp/archives/6478 
  26. ^ “ジュゴン、波照間と伊良部島周辺で「食み跡」か 最近付いたものも 環境省調査”. 琉球新報. (2020年4月1日). https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1099773.html 
  27. ^ “ジュゴン、沖縄の2島に生息か 海草を食べた跡を確認 目撃情報も4件”. 沖縄タイムス. (2020年4月1日). https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/554337 
  28. ^ “喰み跡と見られる痕跡確認/環境省がジュゴン生息調査”. 宮古毎日新聞. (2020年4月4日). http://www.miyakomainichi.com/2020/04/130066/ 
  29. ^ “伊良部島周辺でジュゴン痕跡”. 宮古新報. (2020年4月3日). http://miyakoshinpo.com/news.cgi?no=22715&continue=on 
  30. ^ 海棲哺乳類ストランディングデータベース 下関鯨類研究室登録番号 : EX-085S
  31. ^ 小倉剛、平山琢二、須藤健二、大泰司紀之、向井宏、川島由次 「琉球列島におけるジュゴンの分布北限に関する聞き取り調査」『野生生物保護』9巻 2号、「野生生物と社会」学会、2005年、49-58頁
  32. ^ 海棲哺乳類ストランディングデータベース 下関鯨類研究室登録番号 : S-018
  33. ^ 明田佳奈、河村章人、「海牛類の消化機構について (総説) 」 三重大学生物資源学部紀要 2001年 27巻 p.85-103, hdl:10076/3200
  34. ^ a b 明田佳奈、浅野四郎、若井嘉人、河村章人 「アマモを摂取したジュゴンの消化率」『哺乳類科学』第42巻 1号、日本哺乳類学会、2001年、23-34頁, doi:10.11238/mammalianscience.41.23
  35. ^ “鳥羽水族館・ジュゴンの「セレナ」、長期飼育記録31年5カ月で世界一” (日本語). 伊勢志摩経済新聞. (2018年9月15日). https://iseshima.keizai.biz/headline/3066/ 2018年9月16日閲覧。 
  36. ^ 訃報  ジュゴン死亡のお知らせ”. 鳥羽水族館. 2019年1月16日閲覧。
  37. ^ “鳥羽水族館 長期飼育世界記録 ジュゴン死ぬ”. 伊勢新聞. (2011年2月11日). オリジナルの2011年2月11日時点におけるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2011-0212-1542-46/www.isenp.co.jp/news/20110211/news08.htm 2011年2月11日閲覧。 
  38. ^ Hコーナー 人魚の海”. 鳥羽水族館公式ホームページ. 2019年1月16日閲覧。
  39. ^ ジュゴンの飼育日数、世界記録を更新 鳥羽水族館、朝日新聞、2018年9月15日15時55分。
  40. ^ ジュゴンの「セレナ」長期飼育世界記録達成!、鳥羽水族館、2018年9月15日。
  41. ^ 山口博哉 (2000年3月). “資料2 ジュゴンを飼育したことのある水族館(日本)”. パンフレット ジュゴンのはなし. 2018年11月8日閲覧。
  42. ^ What's in a Name : Manatees and DugongsSmithsonian National Zoological ParkArchived 2004年6月4日, at the Wayback Machine.
  43. ^ 「中日春秋」(中日新聞、2014年8月19日)による。
  44. ^ ジュゴンとは”. 北限のジュゴンを見守る会. 2019年1月16日閲覧。
  45. ^ a b c ザンヌっユー奄美方言音声データベース
  46. ^ アカングヮーイユ首里・那覇方言音声データベース
  47. ^ a b 九頭見和夫「「人魚」の実像考 - 民間伝承の中の「妖精」の正体について」『福島大学人間発達文化学類論集』第10号、福島大学人間発達文化学類、2009年12月、 81-96頁。


「ジュゴン」の続きの解説一覧

儒艮

出典:『Wiktionary』 (2020/04/27 04:01 UTC 版)

この単語漢字
ジュ
常用漢字
(当て字)
ゴン
表外漢字
(当て字)
音読み 音読み

名詞

ジュゴン

  1. ジュゴン漢字表記





儒艮と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「儒艮」の関連用語

儒艮のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



儒艮のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのジュゴン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの儒艮 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS