一家心中とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 一家心中の意味・解説 

一家心中

読み方:いっかしんじゅう

家族心中すること。自分の子高齢になった親も道連れにする形で自殺を図ること。

心中

(一家心中 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/11/08 05:27 UTC 版)

心中(しんじゅう、旧仮名遣い:しんぢゆう)とは、本来は相思相愛の仲にある男女が双方の一致した意思により一緒に自殺または嘱託殺人すること。情死ともいう。


  1. ^ a b c 長島淳子『江戸の異性装者たち:セクシュアルマイノリティの理解のために』勉誠出版、2017年、194-212頁。ISBN 9784585221982 
  2. ^ 被害者に同意の上で殺害した場合には、その罪は刑法202条で6ヶ月以上7年以下の懲役・禁錮と定められており、通常の殺人罪より処罰は軽いが、殺人罪に変わりはない。
  3. ^ 村井信幸「ナシ族(納西族)」、平凡社『世界大百科事典』の一項目
  4. ^ 原島陽一「心中」、小学館『日本大百科全書』、Yahoo!百科事典の一項目
  5. ^ a b c d e f 大掛麻央「『好色五人女』巻四 恋草からげし八百屋物語」の考察 」広島女学院大学国語国文学誌 第39号、2009
  6. ^ 松村明編「旺文社古語辞典」旺文社、「心中」より
  7. ^ 杉本つとむ『女のことば誌』雄山閣出版 1975
  8. ^ a b 松島遊廓の研究法律新聞 1916.9.13
  9. ^ 森達也『放送禁止歌』知恵の森文庫、2003年、110頁。ISBN 4-334-78225-6 


「心中」の続きの解説一覧

一家心中

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/14 08:22 UTC 版)

大場啓仁」の記事における「一家心中」の解説

1973年9月6日午前4時伊豆半島南端石廊崎に近い静岡県賀茂郡南伊豆町池野原の奥石廊崎展望台愛逢岬)下の海岸子供を含む男女4人の遺体釣り人によって発見された。警察の捜査結果東京都豊島区南長崎3丁目のマンションに住む立教大学一般教育助教授である大場啓仁38歳)とその妻のJ子(33歳)、および6歳4歳二人の幼い娘であると判明する飛び降りた20メートル上の断崖には、「大変迷惑ですが、親子4人、この下の淵で投身自殺をしておりますので、お届け下さい」と、身元現住所明記した置き手紙残されていた。自殺の原因は、大場大学院英米文学科修士課程所属する教え子K子24歳)との不倫関係清算失敗し、彼女を殺害したことが発覚したためである。 前述のような複雑な家庭環境育った大場とは対照的に、妻J子は東京都目黒区大岡山裕福円満な家庭育ち名門である立教大学文学部英米文学科卒業したが、大場にとっては大学後輩でもあった。大場講師だった当時、J子の親からの強い反対押し切って結婚した大場吃音激しく内向的性格だったが、スマートな風貌陰翳的な雰囲気から女子学生人気高く結婚後も女性関係をめぐる風聞少なくなかった。しかしK子との関係は、教員教え子の「火遊び」では済まないほど深化していた。大場K子学部生だった4年前から性的関係維持している。一方K子甲府市資産家である両親から、早く地元帰って身を固めてほしいと要望反し大場付き合うため修士論文提出をあえて延期するほど、大場との関係にのめりこんでいた。既婚男性教員女子学生愛人関係になるのはセクシャル・ハラスメント該当するが、セクハラという用語が存在しなかった当時においても、大場情交懲戒対象となりえた。 そうしたなか、大場K子から「妊娠した」と告げられ、関係が冷めた妻との離婚要求されていた。一方、妻のJ子は大学後輩でもあるK子と夫の不倫察知し密会現場踏み込んだ自殺未遂をするなど、大場K子との関係清算強く迫っている。こうしたもつれは、殺害されK子大場本人さらにはその家族3名の、合計5名が命を失うという、きわめて陰惨な結末となった

※この「一家心中」の解説は、「大場啓仁」の解説の一部です。
「一家心中」を含む「大場啓仁」の記事については、「大場啓仁」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「一家心中」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「一家心中」の関連用語

一家心中のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



一家心中のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの心中 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの大場啓仁 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS