スーパー堤防とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 土木 > 堤防 > スーパー堤防の意味・解説 

スーパー堤防

別名:高規格堤防

超過洪水未然防止目的とした堤防大都市中心に整備事業が進められている。

首都圏などの、特に川面より低い位置地面がある地区において、堤防内側市街地側)に盛土をし、非常に幅の広い緩やかな斜面をもつ堤防を築く事業計画である。

堤防の高さの約30倍、数百メートル程度の距離に及ぶ緩やかな斜面作り堤防の麓の地区斜面の上再建する。数百メートル広範囲盛土を行うことで、津波洪水による堤防決壊の危険を回避できるだけでなく、大規模地震にも強くなる。また、堤防によってさえぎられていた眺望開ける。

スーパー堤防の整備事業1987年スタートしたが、2010年現在、進捗率は6パーセントにも達していないこのまま進めると完成400年後になるという。

予算は、特別会計社会資本整備事業特別会計が用いられる。

特別会計対象実施される事業仕分け(第3弾)では、社会資本整備事業特別会計仕分け対象として挙げられている。

スーパーていぼう -ばう [5] 【スーパー堤防】

堤防の上部の幅を50メートルから100メートル広くとって、があふれたときの安全性高めとともに水辺を有効に利用できる高規格堤防

高規格堤防

(スーパー堤防 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/30 07:17 UTC 版)

高規格堤防(こうきかくていぼう)は、河川堤防の高さに対して堤体の幅を長くしなだらかに堤防を整備する事業。スーパー堤防とも称される。国の事業と東京都事業に分かれる。


注釈

  1. ^ 当時は新元号制定前であったため、正しくは「平成40年度」予定。
  2. ^ 当時は新元号制定前であったため、正しくは「平成35年度」予定。

出典

  1. ^ 治水の手法2 国土交通省
  2. ^ a b 高規格堤防の見直しに関する検討会 (2011年8月11日). “高規格堤防整備の抜本的見直しについて(とりまとめ) (PDF)”. 国土交通省. 2012年1月24日閲覧。
  3. ^ 「事業仕分け第3弾 平成22年10~11月実施」 国立国会図書館が保存した2015年5月1日時点のページ
  4. ^ 高規格堤防の見直しに関する検討会
  5. ^ a b 読売新聞 2012年1月20日 13S版36面
  6. ^ 「大規模な治水事業(ダム、放水路・導水路等)に関する会計検査の結果について 「要旨」5ページ(イ)会計検査院 2012年1月19日
  7. ^ 利根川と江戸川上流は2010年10月の事業仕分けから廃止されたままだが、大抵の重要水防箇所はすでに整備済みであった。後述の実施地区も参照
  8. ^ 東京都世田谷区の多摩川氾濫は無堤防区間で氾濫。住民の合意難航…50年以上、無堤防状態 多摩川氾濫の東京・二子玉川 産経新聞 2019年10月25日
  9. ^ 大越船橋(現・埼玉大橋)1896-8 - 土木学会附属土木図書館
  10. ^ 内閣府防災 第1章 カスリーン台風と利根川流域 p27
  11. ^ 「伊加賀切れ」の被害語り継ぐ 枚方で淀川の洪水展”. 産経新聞WEST (2015年10月25日). 2019年11月20日閲覧。
  12. ^ 淀川大塚切れ国土交通省 淀川河川事務所
  13. ^ 2019年10月17日発行東京新聞24-25面
  14. ^ 兵庫県ホームページ Q5 堤防強化にはどのような対策があるのか?


「高規格堤防」の続きの解説一覧



スーパー堤防と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「スーパー堤防」の関連用語

スーパー堤防のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



スーパー堤防のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの高規格堤防 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS