擲弾発射器とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 航空軍事用語 > 擲弾発射器の意味・解説 

【擲弾発射器】(てきだんはっしゃき)

Grenade launcher(グレネードランチャー)
擲弾発射する銃。

口径が20mmを越えるので、日本慣例では本来「砲」に分類されるべきものだが、サイズ反動ともに(同口径機関砲比べれば)非常に小さく歩兵両手支えて撃てるため、例外的に「銃」に分類される。
手榴弾同様に多彩な弾頭を撃ち分けられるのが利点で、催涙弾などを打ち込む目的各国司法警察にも採用されている。

関連M79 M203

小銃擲弾(ライフルグレネード)

小銃取り付ける単発式の擲弾発射器。
何より軽量安価である事が利点で、歩兵火力強化する目的第一次世界大戦時に開発された。

当初は、銃口直接擲弾取り付け空包を撃つ事で装薬点火擲弾を撃ち出すものだった
しかし、擲弾取り付ける小銃が使えなくなり突発的応戦支障を来す反動大きく銃に対す負担大きいなどのデメリット大きい。
このため、厳密な意味での小銃擲弾は、現在、FA-MAS89式小銃など一部突撃銃でのみ採用される。
銃身下部小さな単発擲弾筒後述)を取り付け装着したまま小銃使用できるタイプもあり、現在ではこちらが小銃擲弾主流になっている

擲弾筒(グレネードランチャー)

最初から擲弾を撃つ事を想定して作られた銃。
場合によっては、第二次世界大戦期に使用されていた個人使用できる小型迫撃砲を含める場合もある。

小銃擲弾よりも信頼性堅牢で、中折れ式リボルバーなどの回転機構を使ってセミオート連射が可能。
より大型化してフルオートに対応した自動擲弾銃もあり、重機関銃迫撃砲中間位置する兵器として配備されている。
総体として軽機関銃並かそれ以上の重量があり、敵に間合い詰められると拳銃小銃での応戦が困難になる点はいずれも変わらない

空中炸裂擲弾銃(エアバースト・グレネードランチャー)

個人火器ながら火器管制装置内蔵することにより曳下射撃を可能にした発射器。
詳細エアバースト・グレネードの項を参照


【擲弾発射器】(てきだんはっしゃき)

Grenade launcher(グレネードランチャー)
擲弾発射する銃。

口径が20mmを越えるので、日本慣例では本来「砲」に分類されるべきものだが、サイズ反動ともに(同口径機関砲比べれば)非常に小さく歩兵両手支えて撃てるため、例外的に「銃」に分類される。
手榴弾同様に多彩な弾頭を撃ち分けられるのが利点で、催涙弾などを打ち込む目的各国司法警察にも採用されている。

関連M79 M203

小銃擲弾(ライフルグレネード)

小銃取り付ける単発式の擲弾発射器。
何より軽量安価である事が利点で、歩兵火力強化する目的第一次世界大戦時に開発された。

当初は、銃口直接擲弾取り付け空包を撃つ事で装薬点火擲弾を撃ち出すものだった
しかし、擲弾取り付ける小銃が使えなくなり突発的応戦支障を来す反動大きく銃に対す負担大きいなどのデメリット大きい。
このため、厳密な意味での小銃擲弾は、現在、FA-MAS89式小銃など一部突撃銃でのみ採用される。
銃身下部小さな単発擲弾筒後述)を取り付け装着したまま小銃使用できるタイプもあり、現在ではこちらが小銃擲弾主流になっている

擲弾筒(グレネードランチャー)

最初から擲弾を撃つ事を想定して作られた銃。
場合によっては、第二次世界大戦期に使用されていた個人使用できる小型迫撃砲を含める場合もある。

小銃擲弾よりも信頼性堅牢で、中折れ式リボルバーなどの回転機構を使ってセミオート連射が可能。
より大型化してフルオートに対応した自動擲弾銃もあり、重機関銃迫撃砲中間位置する兵器として配備されている。
総体として軽機関銃並かそれ以上の重量があり、敵に間合い詰められると拳銃小銃での応戦が困難になる点はいずれも変わらない

空中炸裂擲弾銃(エアバースト・グレネードランチャー)

個人火器ながら火器管制装置内蔵することにより曳下射撃を可能にした発射器。
詳細エアバースト・グレネードの項を参照


グレネードランチャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/23 03:38 UTC 版)

(擲弾発射器 から転送)

グレネードランチャー(Grenade launcher)、グレネードガン(Grenade gun)、擲弾発射器(てきだんはっしゃき)、擲弾筒(てきだんとう)、擲弾銃(てきだんじゅう)は、手榴弾または同程度の威力の擲弾を発射する武器である[1]。通常、口径20mm以上の火器は砲として扱われることが多いが、グレネードランチャーは例外的に銃として扱われることがほとんどである。


  1. ^ ただし、擲弾の『擲』は、常用外の漢字であるため、てき弾と表記されることもある
  2. ^ ロシア製のGP-25/30は、小銃(AKM/AK-74/AN-94)側に何ら改造を施すことなく装着することが可能


「グレネードランチャー」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「擲弾発射器」の関連用語

擲弾発射器のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

編隊

プローブ

航空母艦

ファイブカード

ハリケーン

Ka-60

GBU-39

二重反転ローター





擲弾発射器のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのグレネードランチャー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS