デジタルミレニアム著作権法とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 方式・規則 > 法令・規則 > 法令 > アメリカ合衆国の法律 > デジタルミレニアム著作権法の意味・解説 

DMCA

フルスペル:Digital Millenium Copyright Act
読み方ディーエムシーエー
別名:デジタルミレニアム著作権法

DMCAとは、米国におけるデジタルデータ著作権保護法のことである。1998年10月成立したが、2000年10月改正されたため、ミレニアム千年紀)の名で呼ばれている。

DMCAはデジタルコンテンツ不正コピー阻止することを主な目的とし、クラッキングによるコピー防止機能解除や、解除方法公表なども禁止している。インタネット放送コンテンツ配信する際にはレコード会社などの権利者に予め許諾を得る必要があるまた、オンライン著作権侵害行為発生した際には、プロバイダーISP)は問題となっているコンテンツ削除することによって免責を得ることが可能になっている

DMCAは1996年12月WIPO(世界知的所有権機関)で締結された「著作権条約」「実演レコード条約」に基づいている。著作権保護について強力な効力持っているが、DCMA発効によってそれまで可能だった、データバックアップ音楽ダビングどなどが違法となるなど、いくつかの困難も抱えている。なお、2001年5月にはヨーロッパ連合EU)においてEUCD(EU Copyright Directive)と呼ばれる著作権法成立しており、その内容多くの点でDMCAと共通したものとなっている。


参照リンク
DMCA - (PDF形式
知的財産のほかの用語一覧
著作権保護:  CPPM  DRM  DTCP  DMCA  DTCP-IP  DRMフリー  EMDLB

デジタルミレニアム著作権法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/09/22 19:47 UTC 版)

デジタルミレニアム著作権法(デジタルミレニアムちょさくけんほう、: Digital Millennium Copyright Act; DMCA)は、アメリカ合衆国1998年10月に成立し、2000年10月に施行された連邦法。米国著作権法(U.S. Code, Title 17)等の一部を改正する法律である。




「デジタルミレニアム著作権法」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「デジタルミレニアム著作権法」の関連用語

デジタルミレニアム著作権法のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




デジタルミレニアム著作権法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2014 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリDMCAの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのデジタルミレニアム著作権法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS