知的財産制度に関するガウアーズ報告書とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 書類 > 報告書 > 知的財産制度に関するガウアーズ報告書の意味・解説 

知的財産制度に関するガウアーズ報告書

読み方:ちてきざいさんせいどにかんするガウアーズほうこくしょ
英語:Gowers Review of Intellectual Property

イギリスにおける知的財産保護枠組みについて検討を行うことを目的として作成された報告書のこと。2006年12月最終版となる報告書発行されている。

「知的財産制度に関するガウアーズ報告書」は、フィナンシャルタイムズ紙記者だったアンドリュー・ガウアーズ(Andrew Gowers)が、当時財務大臣だったゴードン・ブラウン(のちの首相)の依頼を受けて作成したものである。

「知的財産制度に関するガウアーズ報告書」では、著作権特許権商標権意匠権などを検証し、改善点勧告した内容となっている。

「知的財産制度に関するガウアーズ報告書」を受けてイギリス政府2007年7月著作隣接権50年から70年、または、95年延長することを断念すると表明している。

ちなみに2011年9月行われEU欧州連合)の常任理事会では、著作隣接権保護期間50年から70年引き上げ法案可決している。

関連サイト
Gowers Review of Intellectual Property - イギリス財務省(英語)

知的財産制度に関するガウアーズ報告書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/09/23 23:01 UTC 版)

知的財産制度に関するガウアーズ報告書(ちてきざいさんせいどにかんする - ほうこくしょ、Gowers Review of Intellectual Property)は、2005年12月から1年間にわたりイギリス大蔵省(HM Treasury)の諮問を受けて知的財産制度に関する制度設計の調査研究結果を答申した報告書。責任者である元フィナンシャル・タイムズ編集長アンドルー・ガウアーズの名を取って「ガウアーズ報告書」と呼ばれる。




「知的財産制度に関するガウアーズ報告書」の続きの解説一覧



知的財産制度に関するガウアーズ報告書と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「知的財産制度に関するガウアーズ報告書」の関連用語

知的財産制度に関するガウアーズ報告書のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



知的財産制度に関するガウアーズ報告書のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの知的財産制度に関するガウアーズ報告書 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS