日本大学鶴ヶ丘高等学校 日本大学鶴ヶ丘高等学校の概要

日本大学鶴ヶ丘高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/12 01:12 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
日本大学鶴ヶ丘高等学校
過去の名称 東京畜産工芸学校
東京畜産工芸高等学校
東京獣医畜産大学附属高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人日本大学
校訓 自主創造
真剣力行
和衷協同
設立年月日 1951年
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学科内専門コース 特進コース
普通コース
学期 3学期制
高校コード 13682E
所在地 168-0063

北緯35度40分23.7秒 東経139度39分11.6秒 / 北緯35.673250度 東経139.653222度 / 35.673250; 139.653222座標: 北緯35度40分23.7秒 東経139度39分11.6秒 / 北緯35.673250度 東経139.653222度 / 35.673250; 139.653222
外部リンク 日本大学鶴ヶ丘高等学校
ウィキポータル 教育
ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

設置者は学校法人日本大学。略称は「日大鶴ヶ丘」。愛称は「」「鶴高(在校生呼び名)」「日鶴(にっつる)」。校訓は「自主創造」「真剣力行」「和衷協同」。校長は川原容子、教頭は新藤隆夫。

概観

1951年に日本大学農獣医学部(現:生物資源科学部)併設校として創立。創立当初より男女共学校。現時点での進学率は現役進学率95%、日本大学への進学率60%。校訓として「自主創造」「真剣力行」「和衷共同」の三つを定め、それに基づく文武両道を目標に掲げている。

校名の由来

前身の旧農獣医学部は鶴ヶ久保(現世田谷区上馬1丁目)という土地にあったものの、「窪」という印象が暗く消極的であることから「いのち長く、生々発展すること」という願いを込めて「丘」に変更した[1]。移転後の現在もその名を継続して使用している。

音楽科・美術科

1968年に設置から1985年の募集停止までの19年間にわたり存在した。現在の特進棟(6号館)と図書館がそれぞれ当時の美術科の校舎と音楽科の校舎の位置に当たる。現在でも特進棟には美術科で使用していた教室が残っており、当時の絵の具の跡が残されている[1]




「日本大学鶴ヶ丘高等学校」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「日本大学鶴ヶ丘高等学校」の関連用語

日本大学鶴ヶ丘高等学校のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



日本大学鶴ヶ丘高等学校のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本大学鶴ヶ丘高等学校 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS