中小企業 ドイツの中小企業

中小企業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/24 07:29 UTC 版)

ドイツの中小企業

ドイツではミッテルシュタントと呼ばれる中小企業群が多数存在する。もともとマイスターという職人志向やギルドといった中小企業を形成、発展させやすい素地があったこと、 また、1989年の東西ドイツ統一により、生産性の低い元東ドイツの中小の製造業にテコ入れを図ったこと、それでも競争力のない企業については淘汰が進んだことから、2000年代以降、ミッテルシュタントは付加価値を高め輸出力を強い製品を多く生み出すようになり、ドイツ経済の原動力として躍進を遂げた[8]

一方、保護的な政策は十分ではないとされる。2022年ロシアによるウクライナ侵攻の際の例では、短期間のうちにエネルギー価格が高騰した局面で、各ミッテルシュタントが独自に対応できず、倒産の危機に直面する会社が増加した[9]

人事

経営と人事との関係

会社の経営戦略と、社員の採用・教育といった人事は、密接な関係があるという。

今後の会社の方向性に対して、長期的な経営戦略を持っている企業では、新卒を採用し、丁寧に育て今後に対応しようとしている。一方、持っていない企業はその場その場で必要な人材を中途採用アウトソーシングによって賄おうとする傾向があるという[10]

  • 長期的な経営戦略を持っている会社 - 「正社員の新卒採用・内部教育を重視している割合が高い」[10]より引用
  • 長期的な経営戦略を持っていない会社 - 「即戦力の人材の中途採用や非正社員の活用業務の外注を重視する割合が高くなっている」[10]より引用

また、経営戦略として、自社の競争力としてどのようなものを重視するかという観点からは以下のように分かれる[10]

ただし、サービスの提供であっても、ブランド力を重視するホテル業界などは、内部での人材育成を重視する傾向がある[10]

人事の特徴

中小企業の人事は、以下のような特徴がある[11]

  • 中途採用及び中途転職が多い
    このことは、技術伝承の困難さ、職場の中核となる人材が育ちにくい状況の原因となっている。
  • 永年勤めてくれた人に報いる年功序列型の傾向
    上述したように人が辞めやすい中で、長年会社のために働いてくれた人(これは、長年勤めることによって技術の研鑽、先代からの継承にも功績があることを意味する)に報いるために、年功序列型になる傾向がある。

人材難

中小企業は、人材難な状況となっている。原因は、就職希望者・新規入社社員及び、会社側双方にある[11]近年[いつ?]、中小企業はいくら求人を出そうとも新卒が集まってこない厳しい状況に直面している。2005年放送のNHK「日本のこれから」中のスタジオ生討論においても、中小企業経営者らの代表グループが「町工場は人手がまったく足りない」「求人を出している」と語っていた。100年に一度の就職難とされている2010年現在においても、中小企業は新卒学生に向けて大量の求人を出しているが、受験する学生は少なく、中途採用を中心とせざるを得なくなっている。以下に主たる原因を挙げる。

就職希望者・新規入社社員の責任
中小企業は経営が不安定になりやすく、大企業に比べると長期勤務しようという意欲に乏しい社員が多い[要出典]。中小企業の社員は、3Kの仕事や長時間労働、会社のワンマン体質やそれによる社員の低いモチベーション、給与の低さや待遇の悪さをいやがり、すぐに退職する傾向がある。
会社側の責任
事業所の規模が小さければ、小さいほど人材を育てる体制が全く無い。中小企業はワンマン経営や同族経営をしている場合が多く、社員・役員が社内の体制を見直そうという意識を持っていても、経営者を恐れて何も言えない。また、経営者も役員・社員に対し不信感を抱いており、要職者を親族やイエスマンで固める傾向にある[12]。またほとんどの場合で労働組合が存在せず、労働時間・有給休暇・残業代支給などの労働者の権利、企業コンプライアンスが一切守られない傾向にある。人事部や社内倫理委員会も存在しないため、パワハラ・セクハラが起きても問題視されない傾向にある。大企業に比べ給与水準が極端に低く、ボーナスの支給がない、福利厚生のレベルが低いなどの問題もある。

各国の中小企業雇用者割合

OECDの調査では国内の中小企業(従業員数250人未満)に雇用されている労働者の割合はアメリカは41.33%、日本は52.8%、イギリスは53.08%、フランスは63.3%である。主要国に比べて大幅に高い韓国では1311万人で国内の労働者の87%も占めているため、最低賃金の変動に最も脆弱な経済構造である[13]


  1. ^ 令和元年度表彰企業の紹介 | これまでの受賞企業 | 製品安全対策優良企業表彰” (日本語). www.meti.go.jp. 2020年5月27日閲覧。
  2. ^ シャープ:「減資1億円」を5億円に 節税手法批判で毎日新聞、2015年5月13日
  3. ^ 800万円 * (23.2% - 15%)
  4. ^ No.5759 法人税の税率|国税庁
  5. ^ <税金の種類><法人事業税・法人都民税> | 東京都主税局
  6. ^ No.5408 中小企業者等の少額減価償却資産の取得価額の損金算入の特例|国税庁
  7. ^ 米国中小企業の実態と中小企業政策”. 中小企業基盤整備機構. 2020年6月28日閲覧。
  8. ^ 第13回「ドイツ経済を支える強い中小企業『ミッテルシュタンド(Mittelstand)』」”. 経済産業研究所 (2016年). 2022年9月24日閲覧。
  9. ^ アングル:ドイツを襲うエネルギー危機、広がる企業倒産の波”. ロイター (2022年9月24日). 2022年9月24日閲覧。
  10. ^ a b c d e 2007年7月号『人材教育』(日本能率協会マネジメントセンター
  11. ^ a b 『製造業崩壊-苦悩する工場ワーキングプア』北見昌朗 東洋経済新報社 2006年12月
  12. ^ 人事ジャーナリストの吉田典史は、このような理由から「新卒者が年商50億円以下の中小企業に入社することはお勧めできない」としている[1]
  13. ^ "30인 미만 업체에 지원금 준다니"… 35명 中企, 6명 감원 계획


「中小企業」の続きの解説一覧




中小企業と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「中小企業」の関連用語

中小企業のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



中小企業のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの中小企業 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS