ホワイトチョコレート ホワイトチョコレートの概要

ホワイトチョコレート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/30 04:19 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ホワイトチョコレート
ホワイトチョコレート[1]
100 gあたりの栄養価
エネルギー 2,460 kJ (590 kcal)
50.9 g
食物繊維 0.6 g
39.5 g
飽和脂肪酸 22.87 g
一価不飽和 11.92 g
多価不飽和 1.32 g
7.2 g
ビタミン
ビタミンA相当量
(6%)
50 µg
(0%)
38 µg
チアミン (B1)
(7%)
0.08 mg
リボフラビン (B2)
(33%)
0.39 mg
ナイアシン (B3)
(1%)
0.2 mg
パントテン酸 (B5)
(21%)
1.05 mg
ビタミンB6
(4%)
0.05 mg
葉酸 (B9)
(2%)
8 µg
ビタミンE
(5%)
0.8 mg
ビタミンK
(9%)
9 µg
ミネラル
ナトリウム
(6%)
92 mg
カリウム
(7%)
340 mg
カルシウム
(25%)
250 mg
マグネシウム
(7%)
24 mg
リン
(30%)
210 mg
鉄分
(1%)
0.1 mg
亜鉛
(8%)
0.8 mg
(1%)
0.02 mg
セレン
(7%)
5 µg
他の成分
水分 0.8 g
コレステロール 22 mg
水溶性食物繊維 0.6 g
ビオチン(B7 4.4 µg

ビタミンEはα─トコフェロールのみを示した[2]。 
%はアメリカ合衆国における
成人栄養摂取目標 (RDIの割合。

特徴

カカオマスに含まれている口溶けのよい油分を主体とし、ココアバターから苦味のある褐色部分を除去して作られている。そのため、味は普通のチョコレートと比べかなり甘さが目立ち、添加される脱脂粉乳のためにややミルキーでもある。褐色原料の除去により、チョコレートのもつ抗酸化成分も取り除かれているため、保存性は普通のチョコレートよりも低い[3]

歴史

1930年代、ホワイトチョコレート Milkybar は、スイスの会社ネスレによってヨーロッパで発売された[4]

米国での販売

米国では、ヒーバート・キャンディーズ (Hebert Candies)[5]1955年に最初に大規模に発売したが、この製品が欧州でちょうど1年前に作られ始めているのをみて、最初に生産したのはマース (MARS) である。米国では、ホワイトチョコレートとアーモンドの粒を含むネスレのアルペンホワイトチョコレートの販売で一般的となった。

日本での販売

1967年日本で最初のホワイトチョコレートが六花亭(当時の社名は「帯広千秋庵(札幌千秋庵製菓)」)より製造開始された。

英国での販売

英国では、キャドバリー (Cadbury) で販売された。




「ホワイトチョコレート」の続きの解説一覧




ホワイトチョコレートと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ホワイトチョコレート」の関連用語

ホワイトチョコレートのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ホワイトチョコレートのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのホワイトチョコレート (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS