眼とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 生物学用語 > の意味・解説 

がん [1] 【眼】

め。
見抜く力。 「 -が利く」
端渓たんけいなどの硯すずり)で,石の中見える紋。
穴。
[句]

【がん】[漢字]

【 丸 】 ぐわん [音] ガン
まるい。まるいもの。 「 丸薬弾丸砲丸
【 元 】 ぐわん
⇒ げん〔元〕 [漢]
【 含 】 [音] ガン
ふくむ。口の中に入れる。 「 含嗽がんそう
うちに,つつみもつ。 「 含羞(がんしゆう)含蓄含味含有包含
【 岸 】 [音] ガン
きし。みぎわ。 「 沿岸 ・海岸 ・対岸彼岸
たかくかまえる。きわだつ。 「 傲岸ごうがん
【 岩 】 [音] ガン
いわ。大きな石。 「 岩窟がんくつ岩礁奇岩巨岩
地殻構成する鉱物集合体。 「 岩石砂岩火成岩
【 玩 】 ぐわん [音] ガン
よく味わう。考える。 「 玩味賞玩
【 眼 】 [音] ガンゲン
め。
まなこ。めだま。 「 《 ガン眼下眼窩(がんか)眼球眼孔眼光近眼 」 「 《 ゲン開眼慈眼(じげん)(じがん)) 」
目に似たもの。 「 銃眼方眼
見る。
見える。また,目をつける。 「 眼界眼中着眼肉眼
見ぬ能力。 「 眼識眼力具眼慧眼千里眼
物の要点。 「 眼目主眼
【 雁[音] ガン
水鳥の一。がん。かりがね。 「 雁行雁使雁書雁塔帰雁孤雁落雁
【 頑 】 ぐわん [音] ガン
融通利かないかたくな。 「 頑愚 ・頑固 ・頑迷頑冥がんめい
強い。 「 頑強頑健頑丈
【 翫ぐわん [音] ガン
深くあじわう。 「 翫味賞翫
【 癌[音] ガン
悪性の腫瘍(しゆよう)。 「 癌腫(がんしゆ)胃癌乳癌肺癌
【 顔 】 [音] ガン
かお。かおつき。 「 顔色顔面温顔紅顔洗顔拝顔
いろ。色彩。 「 顔料
【 贋[音] ガン
にせ。にせもの。 「 贋作贋札贋造贋物真贋
【 願 】 ぐわん [音] ガン
ねがう。ねがい。 「 願書願望懇願志願請願
神仏などにいのる。 「 祈願誓願
【 巌[音] ガン
けわしいこと。けわしいがけ。 「 巌巌
いわ。 「 巌頭巌壁巌稜
いわや。 「 巌窟巌栖がんせい巌棲がんせい

【げん】[漢字]

【 元 】 [音] ゲン ・ガン
人の頭部。こうべ。 「 元服
もと。根本。 「 元気 ・元素元金がんきん元本がんぽん根元次元多元
はじめ。第一。 「 紀元(きげん) 」 「 《 ガン元日元祖元旦元年元来
第一の人。首長。 「 元勲元首元老
年号区切り。 「 元号
【 幻 】 [音] ゲン
まぼろし。 「 幻影幻覚幻想夢幻
まどわす。 「 幻術幻惑変幻
【 玄 】 [音] ゲン
くろ。 「 玄黄玄鳥玄米
おくふかい。暗くてよく見えない。 「 玄奥玄機玄旨玄妙玄理幽玄
はるか。とおい。 「 玄孫
北。 「 玄武
【 言 】 [音] ゲンゴン
ものをいう。 「 《 ゲン言詞言明言論 」 「 《 ゴン言上過言他言
いったこと。ことば。 「 《 ゲン言語言行言質(げんち)格言甘言狂言金言巧言失言方言 」 「 《 ゴン遺言伝言無言
【 弦 】 [音] ゲン
つる。ゆみづる。また,糸を張った弓のような形。 「 弦月上弦鳴弦
楽器の糸。 「 弦歌弦楽管弦楽
円または曲線上の点を結ぶ線分。また,直角三角形斜辺。 「 正弦余弦 」 〔「絃」の書き換え字としても用いられる〕
【 限 】 [音] ゲン
かぎる。一定の範囲定める。かぎり。 「 限界限定限度際限年限門限有限
【 原 】 [音] ゲン
はら。のはら。 「 原野高原中原平原
みなもと。はじめ。おこり。 「 原因原罪原始原則原理語原根原
もとになるもの。 「 原型原作原石原典原盤
原子」「原子力」の略。 「 原発原爆
【 眩[音] ゲン
くらむ。
めまいがする。また,めまい。 「 眩暈げんうん
まどう。まどわすたぶらかす。 「 眩惑
まぶしい。まばゆい。 「 眩耀げんよう
【 現 】 [音] ゲン
あらわれる。姿をあらわす。 「 現出現象現像具現実現発現表現
いま。いまそこにある。 「 現況現今 ・現在 ・現実現職現代
【 眼 】
⇒ がん〔眼〕 [漢]
【 絃[音] ゲン
いと。楽器の糸。 「 絃歌絃楽絃妓(げんぎ)絃誦げんしよう管絃三絃 」 〔「弦」とも書き換えられる〕
【 舷 】 [音] ゲン
【 衒[音] ゲン
てらう。見せかける。 「 衒学衒気衒奇衒耀げんよう
売る。売り込む。 「 女衒(ぜげん)
【 減 】 [音] ゲン
へる。へらす。 「 減刑減収減少減食減水減退削減増減
【 源 】 [音] ゲン
みなもと古代以来名家の姓。 「 源氏源平
【 諺[音] ゲン
ことわざ。 「 諺語古諺西諺俗諺俚諺(りげん)
日常語平易な語。 「 諺解
【 厳 ( 嚴 ) 】 [音] ゲンゴン
きびしい。はげしい。 「 厳格厳寒厳禁厳守 ・厳重 ・厳正厳冬厳罰 ・厳密 ・厳命
父に対す尊称。 「 厳君厳父
【 験 】
⇒ けん〔験〕 [漢]
【 儼[音] ゲン
おごそかいかめしい。 「 儼乎(げんこ)儼然

【目・眼

め。「まぶた」「まなじり」「まつ毛」など他の語と複合して用いることが多い。 「 -のあたり」

ま な こ [1] 【眼】

〔目(ま)の子,の意〕
目。目玉
黒目。ひとみ。 「その虺虺(ひかりひろ)めき-赫々(かかや)く/日本書紀 雄略訓注
見通す力。眼力。 「達人の人を見る-は,少しも誤る所あるべからず徒然 194
視線。また,視野。 「まのあたりに見奉るもの,更に-を当てず/平家 5
眼目中心。 「連歌の-は失せて/ささめごと

【目・眼

[1] ( 名 )
光の刺激を受けとる感覚器脊椎動物では眼球視神経からなり外界から入った光は角膜瞳孔水晶体通り硝子体経て網膜達し,その間に屈光体によって屈折されて網膜に像を結ぶ。頭足類昆虫物体の像を認めうる目をもつが,無脊椎動物には,発達段階に応じて,光の方向のみを認めるもの,明暗のみを認めるものなどがみられる。まなこ。 「 -を見開く」 「 -をつむる」 「 -を泣きはらす」 → 眼球
に似たもの,たとえられるもの。
点状のもの。 「さいころの-」
縦横に交わった線によって囲まれた部分。 「網の-」 「 -のあらい布」
線状のものの交わった箇所。 「碁盤の-」
囲碁で,石で囲んで自分の領分とした箇所。目が二つ一連の石は活(いき)となる。 「 -ができる」
物の中心部にあいた穴状の箇所。 「台風の-」
細かく一列に並んだもののすきま。 「のこぎりの-」 「畳の-」
計量器に付けた,量を読むためのしるし。目盛り。 「はかりの-」
機械で目のはたらきをするものを比喩的にいう。 「電子の-」
物を見ること。
目つき。まなざし。 「変な-で見る」 「白い-で見る」 「好奇の-」
物を見る力。視力。 「 -がいい」 「 -が疲れる」
見ること。視線。 「監視の-」 「音のした方に-を向ける」
物事を見る態度見方。 「さめた-で見る」 「冷めたい-」
物事見分ける力。眼力。 「 -が高い」
見たときの様子外観。 「見た-が悪い」
ある事態出合うこと。体験。 「ひどい-に遭う」 「いい-をみる」
(はかり)で計った量。重さ。 「 -減り
重さの単位。匁(もんめ)。 「百-」
会うこと。 「人目多み-こそ忍ぶれ/万葉集 2911
顔。姿。 「君が-見ねば苦しかりけり/万葉集 2423
接尾
数を表す語に付いて,順序を表す。 「一つ-」 「三番-」
形容詞語幹に付いて,多少その性質傾向をもつことを表す。 「厚-」 「多-」 「長-」
動詞連用形に付く。
その状態にあることを表す。 「落ち-」 「弱り-」 「控え-」
その箇所であることを表す。 「縫い-」 「季節の変わり-」
[句]
目あり目なし目が合う目が堅い目が利く目が曇る目が眩む目が眩れる目が肥える目が冴える目が覚める目が据わる目が高い目が近い目が散る目が出る目が点になる目が遠い目が届く目が飛び出る目が留まる目が無い目が離せない目が早い目が光る目が眩う目が回る目が行く目から鱗が落ちる目から鼻へ抜ける目から火が出る目じゃない目で見て口で言え目と鼻の先目に遭う目に余る目に一丁字なし目に浮かぶ目に映る目に掛かる目に掛ける目に角を立てる目に障る目に染みる目にする目に立つ目に付く目に留まる目には青葉山時鳥初松魚目に入る目には目を歯には歯を目に触れる目に見える目に見えるよう目にも留まらぬ目に物言わす目に物見せる目の色を変える目の上の瘤目の敵目の薬目の黒い内目の下目の正月目の付け所目の毒目の中へ入れても痛くない目の保養目は口ほどに物を言う目は心の鏡目は心の窓目引き袖引き目引き鼻引き目も当てられない目もあやに目も及ばず目もくれない目も遥に目を遊ばせる目を射る目を疑う目を奪われる目を覆う目を落とす目を掛ける目を掠める目を潜る目を配る目を晦ます目を呉れる目を肥やす目を凝らす目を覚ます目を曝す目を皿にする目を三角にする目を白黒させる目を据える目を注ぐ目をそばだてる目を側める目を逸らす目を立てる目を楽しませる目を付け目をつぶる目を転じる目を通す目を止める目を長くする目を盗む目を眠る目を離す目を光らす目を引く目を開く目を塞ぐ目を伏せる目を細める目を丸くする目を回す目を見す目を見張る目を見る目を剝く目を向ける目を遣る目を喜ばす


英訳・(英)同義/類義語:eye

動物光受容器官の総称外界に関する情報入手手段視覚依存してい動物では、光の強弱感じるだけではなく霊長類のように色覚立体視を行うものや、猛禽類などのような優れた視力をもつものなど、多様な進化遂げている。

め 【目・眼】

見られると不幸になるとする邪視俗信世界各地にあるが、聖者の目は良いとされる

眼(め)

囲った部分。これがないと最終的には死んでしまう。


作者草野唯雄

収載図書わたしが死刑執行人
出版社徳間書店
刊行年月1986.6
シリーズ名徳間文庫


作者井上靖

収載図書井上靖全集 第6巻 短篇 6
出版社新潮社
刊行年月1995.10


作者小檜山博

収載図書一瞬人生―心をうつ三十二篇
出版社河出書房新社
刊行年月1996.1

収載図書小檜山博全集 第4巻(小説4)
出版社艪舎
刊行年月2006.10


作者倉阪鬼一郎

収載図書妖かし語り
出版社出版芸術社
刊行年月1998.7


作者キット・ピアスン

収載図書鏡―ゴースト・ストーリーズ
出版社偕成社
刊行年月1999.9


作者北村薫

収載図書ミステリー傑作選・特別編 5 自選ショート・ミステリー
出版社講談社
刊行年月2001.6
シリーズ名講談社文庫

収載図書1950年のバックトス
出版社新潮社
刊行年月2007.8


作者早瀬

収載図書北日本文学賞入賞作品集 2
出版社北日本新聞社
刊行年月2002.8



作者池井戸潤

収載図書金融探偵
出版社徳間書店
刊行年月2004.6

収載図書金融探偵
出版社徳間書店
刊行年月2007.7
シリーズ名徳間文庫


作者竹河聖

収載図書蒐集家異形コレクション
出版社光文社
刊行年月2004.8
シリーズ名光文社文庫


作者橋本五郎

収載図書橋本五郎探偵小説選 1
出版社論創社
刊行年月2005.1
シリーズ名論創ミステリ叢書


作者徳永直

収載図書日本プロレタリア文学24 徳永直集 1
出版社新日本出版社
刊行年月1987.1

収載図書徳永直文学選集
出版社熊本出版文化会館
刊行年月2008.5


作者黒井千次

収載図書一日 夢の柵
出版社講談社
刊行年月2006.1


作者上坂高生

収載図書ベレー帽の行方
出版社武蔵野書房
刊行年月2008.8


作者池波正太郎

収載図書緑のオリンピア
出版社講談社
刊行年月1987.4
シリーズ名講談社文庫

収載図書緑のオリンピア 新装
出版社講談社
刊行年月2000.7
シリーズ名講談社文庫

収載図書完本 池波正太郎大成28青空の街原っぱ現代小説短編
出版社講談社
刊行年月2000.10


作者チャールズ・グラント

収載図書戦慄ハロウィーン
出版社徳間書店
刊行年月1987.10
シリーズ名徳間文庫



作者パドマワティー・シンハ

収載図書二十世紀 ある小路にて―ネパール女性作家
出版社段々社
刊行年月1988.7
シリーズ名現代アジア女性作家秀作シリーズ


作者吉村昭

収載図書
出版社中央公論社
刊行年月1989.1
シリーズ名中公文庫

収載図書遠い幻影
出版社文芸春秋
刊行年月2000.12
シリーズ名文春文庫


作者小池真理子

収載図書双面の天使
出版社集英社
刊行年月1989.7
シリーズ名集英社文庫

収載図書小池真理子ミスティ小池真理子短篇ミステリ傑作集 1
出版社早川書房
刊行年月2002.12
シリーズ名ハヤカワ文庫JA


作者森内俊雄

収載図書天の声
出版社福武書店
刊行年月1990.11


読み方:がん

  1. 眼ノコトヲ云フ。〔第六類 人身部・長野県〕
  2. 眼ノコトヲ云フ。〔第六類 人身之部・福島県
  3. 目ノコトヲ云フ。〔第六類 人身之部・岩手県
  4. 目ノコトヲ云フ。〔第六類 人身之部・茨城県
  5. 眼。〔第二類 人物風俗
  6. 目。
  7. 眼を云ふ。
  8. 眼を云ふ。がん(眼)。
  9. 眼。魚津前橋 博徒不良虞犯仲間
  10. 眼光、眼付。前橋
  11. 眼きき、睨み眼光。〔一般犯罪
  12. 目つき、眼光。〔掏摸
  13. 眼。がんをつけるが睨む。〔香具師不良
  14. 眼。「眼」の音。〔す〕

分類 す/犯罪ルンペン大阪博徒不良虞犯仲間岩手県掏摸犯罪犯罪者露天商人、福島県茨城県長野県香具師不良


読み方:まなこ

  1. 窓ノコトヲ云フ。〔第七類 家屋其他建造物之部・岩手県
  2. 窓。〔第五類 一般建物
  3. 窓。「窓」と云つて眼を逆に云ふ場合有り
  4. 窓。逆に「まど」といって眼のことをいう。

分類 岩手県

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/22 16:10 UTC 版)

、め)は、受容する感覚器である。光の情報は眼で受容され、中枢神経系の働きによって視覚が生じる。


[ヘルプ]



出典:『Wiktionary』 (2012/05/03 04:10 UTC 版)

発音

名詞

  1. (ガン)
  2. (ガン) 見抜く
  3. (ガン) 端渓などの硯で、見え
  4. (ガン)
  5. () め。まぶた、まなじりまつ毛など複合して用いる
  6. (まなこ) 目玉
  7. (まなこ) 黒目。ひとみ。
  8. (まなこ) 見通す眼力
  9. (まなこ) 視線視野
  10. (まなこ) 眼目中心
  11. () 刺激受けとる感覚器官
  12. () に似たもの、たとえられるもの。眼球したもの
  13. () 点状のもの。
  14. () に交わったによって囲まれた部分
  15. () 線状のものの交わった箇所
  16. () 囲碁で、で囲んで自分領分とした箇所
  17. () 中心にあいた穴状の箇所
  18. () 細かく一列に並んだもののすきま
  19. () ノコギリや、やすりすり鉢などの表面付けた
  20. () 物差しや秤などに付けた数量を読むためのしるし。目盛り
  21. () 機械はたらきをするものを比喩的にいう。
  22. () さいころ付けられたからまでのまた、振るなどして表れたその
  23. () を見ること。
  24. () 目つき。まなざし
  25. () を見る視力
  26. () 見ること。視線
  27. () 物事を見る態度見方
  28. () 注意して見ること。注目
  29. () 物事見分ける眼力洞察力
  30. () 見たときの様子外観
  31. () ある事態出合うこと。体験
  32. () 木材切り口現れる年輪木目
  33. () 文様または紋所方形またはひし形中心一つ打っのもの。
  34. () 秤で計った重さ単位。匁。
  35. () 会うこと。
  36. () 姿

接尾辞

  1. () 表す語に付いて、順序表す
  2. () 形容詞語幹に付いて、多少その性質傾向をもつことを表す
  3. () 動詞連用形に付いて、状態にあることや、箇所であることを表す

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「眼」の関連用語


2
100% |||||

3
100% |||||

4
98% |||||

5
98% |||||

6
90% |||||

7
90% |||||

8
90% |||||

9
90% |||||


   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ノゾキ

大ゲイマ

サガリ

ツケ

ノビ

ハネ

コスミツケ

スミ





眼のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JabionJabion
Copyright (C) 2017 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2017 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
playGO.toplayGO.to
Copyright (C) 2017 playGO.to. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2017 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの目 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2017 Weblio RSS