ぼのぼのとは?

ぼのぼの

原題:
製作国:日本
製作年:1993
配給:ギャガ・コミュニケーションズ
スタッフ
監督:いがらしみきお 
プロデューサー:田代敦巳 
原作:いがらしみきお 
脚本:いがらしみきお 
企画:高橋一平 タカハシ

宮下昌幸 ミヤシタマサユキ

鵜之沢伸 ウノサワシン

田代敦巳 

鶴田尚正 ツルタ
作画監督:山田みちしろ ヤマダミチシロ
撮影:枝光弘明 
アニメキャラクター・デザイン:山田みちしろ ヤマダミチシロ

クマガイコウキ 
アニメーション監督:武藤裕治 ムトウユウジ
音楽:ゴンチチ 
美術:井置敦 
編集:古川雅士 フルカワマサシ
録音:林昌平 ハヤシショウヘイ
スクリプター:こはなわためお 
キャスト(役名
藤田淑子 フジタヨシコ (ぼのぼの)
馬場澄江 ババスミエ (シマリスくん)
屋良有作 ヤラユウサク (アライグマくん)
大塚周夫 オオツカチカオ (アライグマくんのお父さん
熊倉一雄 クマクラカズオ (クズリくんのお父さん
雨蘭咲木子 ウランサキコ (クズリくん)
大塚芳忠 オオツカヨシタダ (スナドリネコさん)
解説
ラッコの子供ぼのぼのと、彼を取り巻くや海の動物たち世界を描く、いがらしみきお原作竹書房・刊)のロングセラー人気漫画の初のアニメ化いがらしみきお自身監督脚本を手がけ、原作の持つ微妙な“間”と繊細タッチそのまま映画化した。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
ぼのぼの、シマリスくん、ぼのぼののお父さん、フェネギーくん、アライグマくん、ヒグマ大将スナドリネコさんいつもと変わらぬ動物たちとそののどかな暮らしだったが、そのめがけて見たともないデッカイ生き物やってくるということ聞きじゅうは大騒ぎになる。みんなが慌てふためくのを楽しむアライグマくんだったが、そんな大きな生き物ピンとこないと少しも驚かないぼのぼのの様子怒り沸騰し、ぼのぼのとシマリスくんを連れてそのデッカイ生き物探しに行くことにするが、それはジャコウ牛だった。ぼのぼのたちは恐る恐る牛の行進見守るヒグマ大将スナドリネコさんの宿命の対決も、勝ち負けつかないまま幕切れとなり、またいつもののどかな暮らしに戻る。だがぼのぼのたちは、何となく変わった自分感じていた。

ぼのぼの

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/08/15 06:06 UTC 版)

ぼのぼの』(BONOBONO)は、いがらしみきおによる日本4コマ漫画(ただしほとんどは8コマ)作品と、その主人公のラッコの名前。また、その4コマ漫画を原作とするテレビアニメーション・アニメーション映画。











固有名詞の分類

映画作品 泣くんじゃないぜ  感激の一夜  ぼのぼの  豪快千両槍  秘録おんな牢
日本の漫画作品一覧 メスよ輝け!!  天空の覇者Z  ぼのぼの  モリのアサガオ  わが友フランケンシュタイン
テレビ東京系アニメ 少女革命ウテナ  サイレントメビウス  ぼのぼの  スターオーシャンEX  カッコカワイイ宣言!
漫画作品 ほ 僕のかわいい上司さま  冒険ルビ  ぼのぼの  ボンボン坂高校演劇部  撲殺天使ドクロちゃん
複数誌並行連載の漫画作品 かみさまのいうとおり!  僕のかわいい上司さま  ぼのぼの  マツイ日記は知っている!  みんなミュージカル!
アニメ作品 ほ 僕等がいた  ポルフィの長い旅  ぼのぼの  撲殺天使ドクロちゃん  ほしのこえ
1995年のテレビアニメ 空想科学世界ガリバーボーイ  ご近所物語  ぼのぼの  天地無用!  闘魔鬼神伝ONI
いがらしみきお ぼのぼのの登場人物  ぼのぼの  忍ペンまん丸  忍ペンまん丸の登場人物  ペケペケペケル

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

ぼのぼののお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




ぼのぼののページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのぼのぼの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS