絵双六とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 娯楽 > 双六 > 絵双六の意味・解説 

え すごろく ゑ- [2] 【絵双六】

絵入り双六浄土双六道中双六などがある。 [季] 新年

絵双六

読み方:エスゴロク(esugoroku)

絵入りすごろく

季節 新年

分類 人事


すごろく

(絵双六 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/03 14:57 UTC 版)

すごろく雙六双六)とは、サイコロを振って、出た目に従って升目にある駒を進めて上がりに近づける盤上遊戯(ボードゲーム)である。




  1. ^ 『事物紀原』投子「『続事始』曰陳思王曹子建制双陸、投子二。」
  2. ^ 『日本書紀』、巻三十
  3. ^ 木画紫檀双六局(宮内庁サイト)
  4. ^ 『平家物語』巻一
  5. ^ 酒井欣 『日本遊戯史』 建設社、1934年、165頁。
  6. ^ 柳亭種彦還魂紙料(すきかえし)』、1826年。「此雙六の起に種々の説あり。まづ漢土に選仏図といふ者あり。それを写しゝ者といへり。長胤が『名物六帖』に『五雑組』を引て選仏図(じやうどすごろく)と仮字を附たり。まへに載し『潜蔵子』も此説によりて遷仏図の字を用ひし歟。又一説、往古より名目雙六といふ物あり。是は初学の僧に天台の名目を覚させん為に作る物にて、弘安中の或書に未学の僧を罵る詞に「名目雙六も知らずや」といふことありとぞ是を絵双六にひきなほしゝが起なりとも云。又異説、昔熊野比丘尼が地獄極楽の絵巻をひらき婦女子に投華させて絵説せしに思ひよせて製しとも伝聞り。(おそらくは選仏図に起るといふ説是ならん歟)」
  7. ^ 例えば桃太郎電鉄シリーズマリオパーティシリーズいただきストリートシリーズなど
  8. ^ 章安・湛然『大般涅槃経疏』「波羅塞者、梁武云双陸、此起近代。」
  9. ^ 魏書』術芸列伝「高祖時(中略)趙国李幼序・洛陽丘何奴並工握槊。此蓋胡戯、近入中国云。胡王有弟一人遇罪、将殺之、弟従獄中為此戯以上之。意言孤則易死也。世宗以後、大盛於時。」
  10. ^ 梁書鮑泉列伝「賊騎至、百姓奔告、方諸与泉方双陸。」
  11. ^ 辻本敬順 『くらしの仏教語豆辞典(下)』 本願寺出版社、2008年、12-13頁 ISBN 978-4894161252


「すごろく」の続きの解説一覧



絵双六と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「絵双六」の関連用語

絵双六のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



絵双六のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのすごろく (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS