杉山杉風とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 作家 > 歌人 > 俳人 > 杉山杉風の意味・解説 

すぎやまさんぷう 杉山杉風 ○

1647~1732 江戸中期俳人通称市兵衛、また左衛門家業幕府納める納屋おなや)。芭蕉師事物心両面から芭蕉援助した。著「常盤句合」など。

杉山杉風

読み方すぎやま さんぷう

江戸中期俳人蕉門十哲一人江戸生。通称左衛門市兵衛別号採荼庵・荼舎・翁・五雲亭等、隠居して一元芭蕉後援者、また弟子として随身した。篤実人柄芭蕉愛し去来は西三十三国杉風東三十三国の俳諧奉行」とたたえたと伝えられる。『常盤屋之句合』『角田川紀行』等の著がある。享保17年(1732)歿、86才。

杉山杉風

(1647~1732)

杉山杉風

江戸幕府出入り魚問屋主人正保4年1647年生れ蕉門代表的人物豊かな経済力芭蕉の生活を支えた。人格的にも温厚篤実芭蕉が最も心を許していた人物一人芭蕉庵の殆どは杉風出資か、杉風持ち家改築したものであった。特に奥の細道出発先立って芭蕉越し杉風別墅は、現江東区平野に跡が残っている採荼庵(さい とあん)である。早春寒さを気遣った杉風勧めで旅の出発が遅れたのである
一時代将軍綱吉による生類憐の令によって鮮魚商に不況おとずれるが、総じて温和豊かな一生を送った。ただ、師の死後蕉門高弟嵐雪一派とは主導権をかけて対立的であった。
享保17年1732年死去享年86歳。
なお、杉風の父は仙風で、享年は不詳だが芭蕉はこれに追悼句「手向けけり芋は蓮に似たるとて」を詠んでいる。

  1. 杉風宛書簡 (貞亨4年12月13日)

  2. 杉風宛書簡  (貞亨5年2月中旬)

  3. 杉風宛新発見書簡(元禄2年4月26日)

  4. 杉風宛書簡   (元禄2年9月22日)

  5. 杉風宛書簡(元禄3年3月10日)

  6. 杉風宛書 (元禄5年2月7日)

  7. 杉風宛書簡  (元禄5年5月3日)

  8. 杉風宛書簡(元禄7年閏5月21日)

  9. 杉風宛書簡   (元禄7年6月31日)

  10. 杉風宛書簡  (元禄7年6月8日)

  11. 杉風宛書簡 (元禄7年6月24日)

  12. 杉風宛書簡 (元禄7年9月10日)

杉風の代表作

僕が雪夜のはし寝哉

時節さぞ伊賀山越え

影ふた夜たらぬ程見る月夜哉(『あら野』)

肩衣は戻子にてゆるせ老の夏(『あら野』)

襟巻に首引入て冬の月(『猿蓑』)

年のくれ破れ袴の幾くだり(『猿蓑』)

がつくりとぬけ初る歯や秋の風(『猿蓑』)

手を懸ておらで過行木槿哉(『猿蓑』)

子や待ん餘り雲雀の高あがり(『猿蓑』)

みちのくのけふ関越ん箱の海老(『炭俵』)

紅梅は娘すまする妻戸哉(『炭俵』)

めづらしや内で花見のはつめじか(『炭俵』)

(提)灯の空に詮なしほとゝぎす(『炭俵』)

橘や定家机のありどころ(『炭俵』)

菊畑おくある霧のくもり哉(『炭俵』)

このくれも又くり返し同じ事(『炭俵』)

雪の松おれ口みれば尚寒し(『炭俵』)

昼寐して手の動やむ團かな(『續猿蓑』)

枯はてゝ霜にはぢづやをみなへし(『續猿蓑』)

一塩にはつ白魚や雪の前(『續猿蓑』)

菊刈や冬たく薪の置所(『續猿蓑』)

何となく柴吹くかぜも哀れなり(『去来抄』)


杉山杉風

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/28 08:35 UTC 版)

杉山 杉風(すぎやま さんぷう、正保4年(1647年) - 享保17年6月13日1732年8月3日))は、江戸時代前期から中期の俳人蕉門十哲の一人。通称は市兵衛、または藤左衛門。名は元雅。別号は採荼庵、荼庵、荼舎、蓑翁、蓑杖[注釈 1]、五雲亭、存耕庵。隠居して一元。


  1. ^ 『蕉門十哲』53頁には「衰杖・衰翁」、『江戸名所図絵第四冊』巻之七搖光之部1753頁には「衰翁衰杖すゐをうすいぢやう」、『芭蕉事典』320頁には「蓑翁・衰杖」とある。
  2. ^ 『杉風秘紀抜書』には「杉風本国三河」とあるが、これは杉風の娘婿(三河池鯉鮒生まれ)との混同による(『俳諧人名辞典』127-128頁)。
  3. ^ 芭蕉の江戸出府当初の寄寓先については、杉風とする説(平山梅人『杉風秘記抜書』、泊船居竹二坊『芭蕉翁正伝』)のほかに、小沢卜尺とする説(菊岡沾涼『綾錦』、蓑笠庵梨一『芭蕉翁伝』)や、鳥羽屋三右衛門のち三枝主水とする説(武田村径『二書一巻聞書』)もある(「芭蕉の初期江戸寄寓一説」59頁)。
  4. ^ 深川芭蕉庵は時代により3つある。杉風が提供した生簀の番屋であった第1次芭蕉庵は天和の大火で焼失。天和3年(1683年)、山口素堂らの働きで第2次芭蕉庵が建てられるが、元禄2年(1689年)、おくのほそ道の旅に先立って人に譲渡。元禄5年(1692年)、杉風、枳風らによって第3次芭蕉庵が建てられた(『奥の細道の旅ハンドブック』8-10頁)。
  5. ^ 芭蕉庵のあった深川周辺には、杉風の採荼庵や、河合曾良、宗波らが集う山口素堂の庵があり、清閑を楽しむ蕉門の一群があった(『俳人の書画美術』82頁)。
  1. ^ a b c d 『和漢詩歌作家辞典』387頁
  2. ^ a b c d 『穎原退蔵著作集』224頁
  3. ^ a b c d 『国書人名辞典』395頁
  4. ^ a b 『俳句人名辞典』184頁
  5. ^ 『俳諧人名辞典』127頁
  6. ^ a b c d e f g 『芭蕉事典』320頁
  7. ^ a b 『芭蕉の門人』45頁
  8. ^ a b 『穎原退蔵著作集』225頁
  9. ^ a b c d e f 『俳句人名辞典』185頁
  10. ^ a b c 『和漢詩歌作家辞典』388頁
  11. ^ 『俳句の歴史』49頁
  12. ^ a b 『俳諧人名辞典』128頁
  13. ^ 『穎原退蔵著作集』224-225頁
  14. ^ a b 『俳句人名辞典』184-185頁
  15. ^ 「無情漂泊の詩心」7頁
  16. ^ 『俳諧人名辞典』129頁
  17. ^ 『芭蕉の門人』47頁
  18. ^ 『日本古典文学大事典』542頁
  19. ^ 『芭蕉の門人』49-50頁
  20. ^ 『俳文学大辞典』347頁
  21. ^ a b 『俳人の書画美術』85頁
  22. ^ 『芭蕉抄』77-79頁
  23. ^ 『俳諧人名辞典』131頁
  24. ^ 『芭蕉の門人』53-54頁
  25. ^ 『日本文学大辞典』337頁
  26. ^ 『穎原退蔵著作集』227頁
  27. ^ 『芭蕉の門人』54-55頁
  28. ^ 『蕉門十哲』52頁
  29. ^ 『蕉門十哲』53頁
  30. ^ a b c d 『俳諧人名辞典』130頁
  31. ^ 『杉風と曾良と芭蕉』175頁
  32. ^ 『国書人名辞典』395-396頁
  33. ^ 『芭蕉事典』321頁
  34. ^ 『芭蕉の門人』57頁
  35. ^ 『芭蕉の門人』59頁
  36. ^ 『芭蕉の門人』54頁
  37. ^ 『穎原退蔵著作集』226頁
  38. ^ 『芭蕉の門人』51頁
  39. ^ 『蕉門頭陀物語』22頁
  40. ^ 『芭蕉の門人』60頁
  41. ^ 『蕉門十哲』51頁
  42. ^ 『心耳の譜』101,109-110頁
  43. ^ 『読史備要』1102頁


「杉山杉風」の続きの解説一覧



杉山杉風と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「杉山杉風」の関連用語

杉山杉風のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



杉山杉風のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2020 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
芭蕉DB芭蕉DB
Copyright (C) 2020 芭蕉DB All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの杉山杉風 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS