こうやとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > こうやの意味・解説 

こう‐や〔カフ‐〕【甲夜】

五夜(ごや)の一。およそ今の午後7時または8時から2時間をいう。戌(いぬ)の刻。初更(しょこう)。


こう‐や〔クワウ‐〕【広野/×曠野】

広々とした野。ひろの。


こうや〔カウヤ〕【高野】

和歌山県高野山のこと。また、そこにある金剛峰寺(こんごうぶじ)や真言宗弘法大師などをさす。


こうや【空也】

⇒くうや(空也)


こう‐や〔カウ‐〕【郊野】

郊外野原


こう‐や【紺屋】

《「こんや」の音変化染め物を業とする者。また、その家。もと、で布を紺色染める者をさした。染色を行う家は、古くは、紺屋・紅屋茶屋のように、得意とする専門染め色独立していた。こんかきこうかき


こう‐や〔クワウ‐〕【荒野】

あれはて野原。あれの。あらの。

開発されていない土地平安末から中世にかけて開墾開発奨励され、その開発地の、租税雑役免除された。


こう‐や〔かう‐〕【×厠】

《「かはや」の音変化便所


こう‐や かう‥ 【厠】

〔名〕 (「かわや(厠)」の変化した語) 便所。→高野(こうや)


こう‐や クヮウ‥ 【広野・曠野】

〔名〕 ひろびろとした野原。ひろの。

江吏部集101011頃)下・暮秋同賦草木揺落応教曠野彌怨、月過留」

断橋(1911)〈岩野泡鳴〉九「北海道の川は〈略〉広野を甚しく右曲左折、婉退曲進すのであるから」〔詩経小雅・何不黄〕


こう‐や クヮウ‥ 【獷野】

〔名〕 (形動言葉ふるまいなどが、無教養無作法荒々しいこと。また、そのさま。野蛮粗野

米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「若し宗教なき人なれば、之を認て喪心の人、獷野の民とし、慎て交際を絶に至る」


こう‐や カフ‥ 【甲夜】

〔名〕 古く中国で、夜、すなわち日没から日の出までを五等分して甲、乙、丙、丁、戊(ぼ)の五つとした、その第一現在の時刻で、春は午後六時三〇分頃から八時三〇分すぎまで、夏は午後七時四〇分頃から九時すぎまで、秋は午後六時すぎから八時二〇分頃まで、冬は午後五時すぎから七時四〇分頃まで。初更

凌雲集(814)和祭酒秋夜途中聞笙之什〈藤原冬嗣〉「遊子笙乗甲夜一長一短人情」〔顔氏家訓書証


こうや【空也】

⇒くうや(空也)(一)(一)


こう‐や かう‥ 【紙屋】

〔名〕 「こうやがみ紙屋紙)」の略。


こう‐や【紺屋】

〔名〕 (「こんや」の変化した語) =こんや(紺屋)

玉塵抄(1563)一一一入(しお)二入と紺屋(コウヤ)に云には入をかくぞ」

浄瑠璃曾根崎心中(1703)「安土町のこうやへ寄って銭取りゃや」

[補注](1)「こん(紺)」の撥音ウ音便化には、他にも「こうかき紺掻)」「こうぞめ紺染)」「こういとおどし紺糸威)」などがあり、いずれも中世からみられる。
(2)日本各地に「紺屋(こんや)町」という地名散見するが、「こうやちょう」「こうやまち」とするものは西日本方面に多い。


こう‐や クヮウ‥ 【荒野】

〔名〕

あれはて野原。あれの。

続日本紀養老六年(722)閏四月乙丑「如部内百姓、荒野閑地、能加功力、収雑穀

今昔1120頃か)五「秋は山々の荒野の紅葉の妙なるを見る」〔書経‐説命下〕

かたいなか僻地(へきち)。

開墾勧めるために租税免除した土地後世固定して幸谷、興屋などと書いて地名となったものもある。


こう‐や カウ‥ 【行夜】

〔名〕 衛府官人が、夜中京城羅城門の内)を巡回して警備すること。

*律(718)衛禁「凡宮城内外行夜。若有法。行夜主司覚、減守衛者罪二等」〔漢書鮑宣伝〕


こう‐や カウ‥ 【郊野】

〔名〕 郊外野原

続日本紀養老七年723二月己酉「朕巡京城、遙望郊野」〔宋書顔延之伝〕


こう‐や カウ‥ 【高野】

1 〔名〕

周囲平地より高い平野高地にある平野高原

② (「髪(紙)を落とす」というところから高野山の高野にもじった語か。また、「かわや(厠)」の変化した語か) 便所のこと。便所へ行くことをしゃれていう時に用いる。

寒川入道筆記(1613頃)愚痴文盲口状之事「西浄をかう屋といふ事に二説あり。一にはかみををろすと云事じゃ。又一にはにほふといふ事じゃ

2

[一] 和歌山県高野山また、そこにある金剛峯寺弘法大師真言宗などをさしていう。

能因本(10C終)一九一「寺は〈略〉高野は弘法大師の御かなるが哀なるなり」

[二] 謡曲

観阿彌作曲サシ下歌(さげうた)・上歌(あげうた)の謡物。→高野の巻

② ①をもととして後人が能にしたてたもの。①の謡物をサシ・クセの形式に変えて全体整えている。

③ ⇒こうやものぐるい高野物狂


高屋

読み方
高屋こうや

降矢

読み方
降矢こうや

高野

読み方
高野こうや

甲谷

読み方
甲谷こうや

神谷

読み方
神谷こうや

高谷

読み方
高谷こうや

こうや

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/16 03:34 UTC 版)

こうやは、南海電気鉄道南海高野線で運行する特急列車である。


  1. ^ a b c “南海高野線11月10日ダイヤ改正 橋本まで大型車乗り入れ”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 2. (1992年10月13日) 
  2. ^ a b 南海電気鉄道 『南海電気鉄道百年史』、1985年、678頁。 
  3. ^ a b c 「南海個性派列車列伝」『鉄道ピクトリアル』2008年8月臨時増刊号、電気車研究会、2008年、 142-143頁。
  4. ^ 南海電気鉄道 『南海電気鉄道百年史』、1985年、679頁。 
  5. ^ 『関西の鉄道』第41号、関西鉄道研究会、2001年6月、 94-95頁。
  6. ^ 南海電鉄の特急列車を9月1日から全面禁煙とします (PDF) - 南海電鉄 2011年5月30日
  7. ^ 10月26日から「高野線」のダイヤを変更します
  8. ^ 特急りんかんの「三日市町駅」臨時停車について Archived 2013年12月12日, at the Wayback Machine.
  9. ^ 「特急こうや 高野山開創1200年特別仕様」3編成(赤こうや・黒こうや・紫こうや)を運行します! (PDF)  - 南海電気鉄道 2015年1月28日
  10. ^ 特急「こうや」の運転区間変更及び「天空」の運転休止について”. 南海電気鉄道. 2018年11月24日閲覧。


「こうや」の続きの解説一覧

こうや

出典:『Wiktionary』 (2018/07/01 16:04 UTC 版)

同音異義語

こうや



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「こうや」の関連用語

こうやのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



こうやのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
南海電鉄南海電鉄
Copyright © 2021 Nankai Electric Railway Co.,Ltd.All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのこうや (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのこうや (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS