花とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 音楽 > 歌曲 > の意味・解説 

はな [2] 【花・華】

種子植物生殖器官一定の時期先端などに形成され,受精して実を結ぶ機能有するもの。有性生殖を行うために分化したもので,花葉花軸からなる花葉は普通,(がく)花冠花弁集合)・おしべ・めしべに分化して,花の主体を形成する。形態上の特徴分類上の指標となる。 「 -が咲く」 「 -が散る」
特定の花をさす。
春の花を代表する桜の花をさす。 [季] 春。 「 -に浮かれる」 「願はくは-のしたにて春死なむ/山家 」 〔中古後期頃に一般化した用法現代語では「花見」「花ぐもり」など他の語との複合した形でみられる
古くは,百花さきがけて咲くところから,梅の花をさした。 「今のごと心を常に思へらばまづ咲く-の地(つち)落ちめやも/万葉集 1653」 「春や疾(と)き-や遅きと聞き分かむだにも鳴かずもあるかな/古今 春上
神仏供える花や枝葉。 「手向けの-」
生け花花道(かどう)。また,生け花にする材料。 「お-の稽古」 「 -を生ける
(特に対象として)
花が咲くこと。 「 -便り」 「向つ峰(お)の若桂の木下枝(しずえ)取り-待つい間に嘆きつるかも/万葉集 1359
古くは,花を見て賞すること。花見。 「尋ね来て-にくらせる木の間より待つとしもなき山の端の月/新古今 春上
(しばしば雪・月などと対比されつつ)自然美の代表として草木に咲く花を総称していう。 「よ-よと育てる」
色や形の類似から,花になぞらえていう。
主としてその白さによって)白波月光灯火などを花に見たてていう語。 「の-」 「波の-」 「硫黄(いおう)の-」
麴黴こうじかび麴花。また,麴のこと。
にちなん事物
造花飾り花。また,散華(さんげ)に用いる紙製(はす)花びら
〔もと露草の花のしぼり汁を原料としたところから〕
青白色。また,(あい)染め淡い藍色。縹(はなだ)色。はないろ。 「御直衣の裏の-なりければ/大鏡 伊尹
薄い藍色顔料。 「頭には-を塗り栄花 本の雫
芸人などに与え金品。また,芸娼妓幇間ほうかん揚げ代花代。 〔「纏頭」とも書く。花の贈り物付けたところから〕
芸娼妓幇間花代計算するために用いる線香。また,それで計る時間。 「 -を恨みを惜(にく)み/洒落本南遊記
花札花ガルタ。また,それを用いた遊び花合わせ。 「 -を引く」
花の美しさ・はなやかさにたとえていう。
はなやかで人目をひくもの。多く女性についていう。 「社交界の-」 「職場の-」 「両手に-」
美しく貴く思うもの。また,はなやかで興趣に富むもの。 「高嶺(たかね)の-」 「この世の-」
(「花の…」の形で,連体修飾語として)はなやかで美しいものである意を表す。 「 -の都」 「 -の顔かんばせ
多く「…が花だ」の形で,述部として用い)最もよいこと。最もよい時期。 「知らぬが-だ」 「若いうちが-だ」
はなやかで,そのもの特色を表しているもの。 「火事喧嘩(けんか)江戸の-」 「古代美の-」
若い男女。 「箱入の-もの云はぬ病が出/柳多留 42
美しい女。また,遊女。 「 -に遊ばば祇園あたりの色揃へ/浄瑠璃忠臣蔵
世阿弥能楽論の用語。観客感動呼び起こす芸の魅力おもしろさ,珍しさ。また,それを追求工夫し,感得する心の働き
花の移ろいやすく,はかなく散るさま,また見かけだけであだなさまにたとえていう。
外観。うわべ。実質伴わないはなやかさ。 「 -多ければ実少なし
人の心や風俗などの変わりやすいこと。 「色みえで移ろふものは世の中の人の心の-にぞありける/古今 恋五
人の心などが,うわべばかりで誠実さのないこと。 「今の世の中色につき,人の心-になりけるにより,あだなる歌はかなきことのみ出でくれば/古今 仮名序
花籤はなくじ」の略。 「ほんに当る因果なら,-ばかりでおけばいいに/黄表紙金生木」
文芸論の用語。和歌連歌俳諧などで,意味内容を実にたとえるのに対し,表現技巧をいう。 「古の歌はみな実を存して-を忘れ近代のうたは-をのみ心にかけて,実には目もかけぬから/毎月抄
歌曲名(別項参照)。

【か】[漢字]

【 下 】 [音] カ ・ゲ
した。しも。
位置が低い。 「 《 カ 》 下弦下方下流 ・以下 ・眼下地下天下 」 「 《 ゲ 》 下界下水下段上下
地位価値などが低い。 「 《 カ 》 下位下士下層下等下婢(かひ) 」 「 《 ゲ 》 下策下人下劣下郎下剋上
もと。
そば。まわり。 「 机下貴下灯下
他からの影響を受けるところ。 「 《 カ 》 都下配下部下門下戦時下
のち。すぐあと。 「 《 カ 》 言下
くだす。
さげる。おろす。 「 《 カ 》 下賜下付 」 「 《 ゲ 》 下熱
命令などを出す。 「 《 カ 》 下命下問
手をくだす。実際におこなう。 「 《 ゲ 》 下手人
くだる。
おりる。さがる。低い位置に移る。 「 《 ゲ 》 下向下山下車下野下落 」 「 《 カ 》 下降降下沈下
落ちる。急激にさがる。 「 《 カ 》 滴下落下
服する。 「 《 ゲ 》 下獄
へりくだる。 「 《 ゲ 》 卑下
下痢をする。くだす。 「 《 ゲ 》 下剤
【 化 】 くわ [音] カ ・ケ
形状性質などがかわる。 「 《 カ 》 化合化石羽化進化退化 」 「 《 ケ 》 化生(けしよう)化粧化身
影響与える。他からの力でかわる。 「 化育開化感化教化徳化文化
化学」「化合」の略。 「 化成酸化
【 戈くわ [音] カ
ほこ。 「 干戈兵戈
いくさ。 「 戈船
【 火 】 くわ [音] カ
ひ。ほのお。 「 火炎火力発火
あかり。ともしび。 「 炬火(きよか)灯火
やく。もやす。 「 火刑火災火事火食火葬失火兵火
はげしい情。 「 情火心火欲火
さしせまったさま。 「 火急
爆発物。 「 火器火薬
【 加 】 [音] カ
たす。ふやす。くわえる。 「 加減 ・加工加筆追加添加倍加
仲間にはいる。 「 加入加盟参加
加賀(かが)国」の略。 「 加州
外国語音訳字。
加奈陀カナダ」の略。 「 日加
「加利福尼亜(カリフオルニア)」の略。 「 加州
【 可 】 [音] カ
よしとする。ゆるす。 「 可決可否許可認可
できる。 「 可逆 ・可能 ・可燃性可溶性
【 瓜くわ [音] カ
うり。 「 瓜田西瓜(すいか)甜瓜(てんか)冬瓜(とうが)破瓜 」 〔「爪(そう)」は別字
【 禾くわ [音] カ
いね。穀類総称。また,のぎ。 「 禾稼禾穂禾本科
【 仮 ( 假 ) 】 [音] カ ・ケ
かりの。暫定的な。 「 仮寓(かぐう)仮構仮称仮設仮説仮泊仮眠
本物でない。にせの。 「 仮死仮面仮病(けびよう)
かりる。ゆるす。 「 仮借(かしや)かしやく) 」
かりに。もしも。 「 仮定 」 〔本来「反」の異体字俗に「假」の略字として使われ,そのまま常用漢字となったもの〕
【 何 】 [音] カ
問いただす言葉。なに。どれ。不定物事をさす。 「 幾何誰何(すいか)
【 伽[音] カ ・ガ ・キャ
梵語音訳字。 「 伽陀(かだ)伽藍(がらん)伽羅(きやら)閼伽(あか)
【 花 】 くわ [音] カ ・ケ
はな。草木のはな。 「 花壇花弁供花(くげ)(きようか)) ・生花造花
(はなのように)はなやかで美しい。 「 花筵(かえん)花燭(かしよく)名花
いろざと。 「 花街花郭
【 佳 】 [音] カ
すぐれてよい。 「 佳境佳景佳作絶佳
めでたい。 「 佳日佳節
美しい。 「 佳人佳麗
【 卦くわ
⇒ け〔卦〕 [漢]
【 価 ( 價 ) 】 [音] カ
ねだん。 「 価格市価時価代価定価物価
ねうち。 「 価値声価評価
【 呵[音] カ
しかる。せめる。 「 呵責かしやく弾呵
大声で笑う。 「 呵呵
【 果 】 くわ [音] カ
むくい。原因因縁によって生じたもの。 「 果報因果(いんが)結果効果仏果
思いきってする。 「 果敢果断
予想したとおり。はたして。 「 果然
【 河 】 [音] カ ・ガ
かわ。 「 《 カ 》 河口河床河伯 」 「 《 ガ 》 運河山河大河氷河
もと,中国黄河のこと。 「 河南河北
天の川銀河。 「 河漢
河内(かわち)国」の略。 「 河州
【 苛 】 [音] カ
きびしい。きつい。ひどい。むごい。 「 苛酷苛性苛政苛税苛法苛烈
[音] カ
物を載せたり掛けたりする台や棹(さお)。 「 画架書架担架十字架
かける。かけわたす。 「 架橋架空架設架線高架
【 科 】 くわ [音] カ
分類された区分。 「 科学科目学科教科外科文科
とが。罪。 「 科料罪科
昔,中国官吏登用試験。 「 科挙登科
きまり。おきて。 「 科条金科玉条
舞台上のしぐさ。所作(しよさ)。 「 科白(かはく)
【 迦[音] カ
梵語音訳字。 「 迦葉(かしよう)釈迦(しやか)
【 夏 】 [音] カ ・ゲ
四季の一。なつ。 「 夏季夏期夏日夏至(げし)盛夏立夏夏炉冬扇
中国古代王朝の名。
【 家 】 [音] カ ・ケ
いえ。人のすまい。 「 家屋家居家具人家農家民家
一族一門。 「 《 カ 》 家運家族家督家風家門 」 「 《 ケ 》 分家本家
家がら。 「 《 ケ 》 王家良家天皇家
自分のうち。 「 家兄家書家信家人家族家庭
一つ領域専門とする人。また,それに優れた人。 「 画家作家儒家大家諸子百家
ある特性備えた人。 「 勉強家辣腕らつわん家 ・浪費家
【 荷 】 [音] カ
にもつ。 「 集荷出荷入荷
になう。かつぐ。 「 荷担負荷
ハス。 「 荷葉
くわ [音] カ ・ケ ・ゲ
花。 「 《 カ 》 華道国華 」 「 《 ケ ・ゲ 》 華鬘(けまん)香華(こうげ)散華(さんげ)蓮華(れんげ)優曇華うどんげ
はなやか。はでやか。 「 華飾華燭(かしよく)華美華麗栄華(えいが)豪華精華
白い粉。 「 亜鉛華
中国
中国自称。 「 華夏中華
中華民国」の略。 「 日華事変
くわ [音] カ
おかし。 「 菓子茶菓(さか)(ちやか)) ・製菓乳菓
くだもの木の実。「果」に同じ。 「 五菓
【 訛くわ [音] カ
まちがえる。あやまる。あやまり。 「 訛言訛伝
言葉がなまる。なまり。 「 訛音訛言訛語訛称転訛
【 貨 】 くわ [音] カ
ねうちのあるもの。たから。 「 貨財
品物商品。 「 貨車貨物雑貨百貨
金銭。 「 貨幣金貨硬貨通貨
【 渦 】 くわ [音] カ
うず。うずまき。 「 渦中渦紋渦流
【 訶[音] カ
しかる。せめる。「呵」に同じ。 「 弾訶
梵語音訳字。 「 摩訶訶梨帝母かりていも
【 過 】 くわ [音] カ
通りすぎる。 「 過客過程過渡一過経過通過
時がたつ。 「 過去過日過般
度をすごす。 「 過多過大過度過労超過過保護
あやまち。また,つみ。とが。 「 過誤過失過料罪過大過
【 嫁 】 [音] カ
とつぐ。よめにいく。 「 降嫁再嫁
他に負わせる。 「 転嫁
【 暇 】 [音] カ
ひま。てすき。休み。 「 閑暇休暇小暇寸暇余暇
【 瑕[音] カ
きず。玉のきず。 「 瑕瑾(かきん)瑕疵(かし)
【 禍 ( 禍 ) 】 くわ [音] カ
わざわい災難。 「 禍根禍福奇禍災禍舌禍筆禍
【 靴 】 くわ [音] カ
くつ。かわぐつ。 「 靴傷軍靴製靴長靴
【 嘉[音] カ
ほめる。よみする。 「 嘉尚嘉賞
よろこぶ。 「 嘉納
めでたい。よい。 「 嘉祥嘉兆
うまい。味がよい。 「 嘉肴(かこう)
【 寡 】 くわ [音] カ
すくない。 「 寡言寡少寡聞寡黙寡欲衆寡多寡
徳がすくない意。昔,中国における諸侯自称。 「 寡君寡人
配偶者を失った男,または女。やもめ。 「 寡夫寡婦鰥寡(かんか)
【 歌 】 [音] カ
うた。うたう。 「 歌曲歌詞歌手歌集歌舞歌謡謳歌(おうか)唱歌牧歌名歌
和歌。 「 歌人歌碑歌風歌論短歌長歌
【 窩くわ [音] カ
あなぐら。あな。 「 眼窩山窩蜂窩(ほうか)
【 箇 】 [音] カ ・コ
物を数えるとき,数詞に付けて用いる。 「 《 カ 》 一箇所一二箇月 」 「 《 コ 》 箇箇 ・箇数 」
物事一つ一つさし示すのに用いる。 「 箇所箇条 」 〔「个」は同字。「ケ」は「个」の略字
【 稼 】 [音] カ
うえつける。また,穀物。 「 稼穡(かしよく)禾稼(かか)
仕事をする。かせぐ。 「 稼業稼働
【 課 】 くわ [音] カ
租税などをわりあてる。 「 課役課税
仕事学業などをわりあてる。 「 課外課業課題課程日課
こころみる。ためす。 「 考課
分担区分。 「 課員課長会計課 」
[音] カ
かすみ。 「 雲霞煙霞晩霞
朝焼け夕焼け。 「 紅霞
【 顆くわ [音] カ
まるい物。つぶ。 「 顆粒

はな 【花】



英訳・(英)同義/類義語:bloom, flower

種子植物生殖器官総称一般的には、から分化した花弁とがく、生殖細胞を含む雄ずい雌ずい心皮)とから構成される。種によっては、個体ごとに雄性配偶子花粉裸子植物では精子)のみを作る花と雌性配偶子作る花をもつものや、同一個体雄性配偶子作る花(雄花)と雌性配偶子作る花(雌花)をもつものなどがある。

作者柴田錬三郎

収載図書柴田錬三郎選集 17 後期短篇集
出版社集英社
刊行年月1990.7


作者小滝トオル

収載図書ショート・ラヴ
出版社新潮社
刊行年月2000.7


作者山下三郎

収載図書山下三郎四篇
出版社イー・ディー・アイ
刊行年月2001.11
シリーズ名EDI叢書


作者金城一紀

収載図書対話篇
出版社講談社
刊行年月2003.1

収載図書対話篇
出版社新潮社
刊行年月2007.7

収載図書対話篇
出版社新潮社
刊行年月2008.7
シリーズ名新潮文庫


作者庄司肇

収載図書庄司肇作品集 第5巻 掌編小説随筆集
出版社作品社
刊行年月2003.8


収載図書13歳の天使たち―LET'S WRITE A STORY Tales told by 13-year olds
出版社中央アート出版社
刊行年月2004.3


作者樋口郁恵

収載図書21人の四季ものがたり
出版社新風舎
刊行年月2005.2
シリーズ名新風舎文庫


作者三浦しをん

収載図書むかしのはなし
出版社幻冬舎
刊行年月2005.2

収載図書むかしのはなし
出版社幻冬舎
刊行年月2008.2
シリーズ名幻冬舎文庫


作者瀬名トリル

収載図書コラージュ幻想
出版社碧天舎
刊行年月2005.5


作者眞木

収載図書鳩笛小説
出版社眞木
刊行年月2005.7


作者辻内智貴

収載図書帰郷
出版社筑摩書房
刊行年月2006.1


作者増田みず子

収載図書夢虫
出版社講談社
刊行年月1991.5


作者茂呂田誠

収載図書もしかしたら明日のあなた
出版社新風舎
刊行年月2006.5
シリーズ名新風舎文庫


作者高里椎奈

収載図書深山木薬店説話集薬屋探偵妖綺談
出版社講談社
刊行年月2006.6
シリーズ名講談社ノベルス


作者高宮椿

収載図書BGBGK
出版社東京農業大学出版
刊行年月2007.11


作者阿川佐和子

収載図書婚約のあとで
出版社新潮社
刊行年月2008.2


作者赤羽建美

収載図書恋の嵐
出版社シンコー・ミュージック
刊行年月1991.11


作者星新一

収載図書どんぐり民話館
出版社新潮社
刊行年月1992.12
シリーズ名新潮文庫


作者富岡多恵子

収載図書当世凡人伝
出版社講談社
刊行年月1993.6
シリーズ名講談社文芸文庫

収載図書富岡多恵子集 3 小説
出版社筑摩書房
刊行年月1999.1


作者麻生

収載図書鎌倉恋愛物語
出版社桜桃書房
刊行年月1996.5
シリーズ名ECLIPSE ROMANCE


作者壺井栄

収載図書壺井栄全集 6
出版社文泉堂出版
刊行年月1998.4


作者瀬戸内寂聴

収載図書
出版社新潮社
刊行年月2000.1

収載図書
出版社新潮社
刊行年月2002.8
シリーズ名新潮文庫


作者バリー・ユアグロー

収載図書セックスの哀しみ
出版社白水社
刊行年月2000.2

収載図書ケータイ・ストーリーズ
出版社新潮社
刊行年月2005.4

収載図書セックスの哀しみ
出版社白水社
刊行年月2008.10
シリーズ名白水uブックス


読み方:はな

  1. 美人のこと。⑵花かるたのこと。⑶祝儀のこと。
  2. 先頭。(一)始め。(二)花合せの略称。

分類 芸能


読み方:はな

  1. 塩ノコトヲ云フ。〔第三類 飲食物之部・三重県
  2. 塩ノコトヲ云フ。〔第三類 飲食物之部・静岡県
  3. 塩ノコトヲ云フ。〔第三類 飲食物之部・島根県
  4. 塩ノコトヲ云フ。〔第三類 飲食物之部・岡山県
  5. 塩-類語「なみのはな」ノ略。〔第六類 器具食物

分類 三重県岡山県島根県静岡県


読み方:はな

  1. 衣服一般。〔第二類 人物風俗
  2. 着物をいふ。
  3. 若い女の着物。〔一般犯罪

分類 犯罪


読み方:はな,ばな

  1. 客より角力又は役者などに送る金銭のこと。即ち纒頭に同じ。昔人に物を贈るときは草木の花のにつけて贈りたるより起ると。
  2. 芸者又は、役者などに、当座の賞として金銭を与へることをいふ。もとは真の生花を贈つたから来たものである。〔花柳語〕
  3. 芸娼妓(げいしやうぎ)に与へるチップのこと。〔花柳界
  4. 芸者又は、役者などに、当座の賞として金銭を与へることをいふ。もとは真の生花を贈つたから来たものである
  5. 芸者娼妓遣るチツプのこと。
  6. 芸妓娼妓に与へる金銭を云ふ。
  7. 芸者、又は役者などに、当座小使いとして金を与えること。もとは、ほんとの生花をおくったから。〔花柳界

分類 花柳界花柳


読み方:はな

  1. 花。月経隠語。「池の端花咲く頃生え」。「はつはな参照
  2. 〔情〕月経異名、「フラワー」に同じ。

分類


読み方:はな

  1. 美人のこと。花は美しいからこの語が生る。〔隠語
  2. 寵愛をいふ。或は寵愛されてゐる人物をいふ。俗に云ふヒイキのこと。花の字を分析すれば、〓、イ、ヒ、となることにより。或は美人のこと。
  3. 可愛がられている人。俗にヒイキのこと。花という文字分析すればヒイキとなること。或いは美人のこと。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方:ハナhana

サクラの花をさす

季節

分類 植物


地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

読み方
はな

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/18 03:46 UTC 版)

(はな、とも書く。花卉-かき=漢字制限のため、「花き」と書かれることが多い)とは植物が成長してつけるもので、多くは綺麗な花びらに飾られる。花が枯れると果実ができて、種子ができる。多くのものが観賞用に用いられる。生物学的には種子植物生殖器官である。また、植物の代表的器官として、「植物(種)」そのものの代名詞的に使われることも多い[1]。なお、植物の花を生花(せいか)、紙や布・金属などで作られた花を造花(ぞうか)という。




  1. ^ 新聞での使用例。「皇居に3448種 動植物を確認、新種の花も」日本経済新聞 2014年7月13日付 1面見出し
  2. ^ 種生物学会編 (2001) pp.1-6
  3. ^ a b c ニュートン (2012-6) pp.106-111 花が色とりどりなのはなぜ?
  4. ^ 「ケニアを知るための55章」pp132 松田素二・津田みわ編著 明石書店 2012年7月1日初版第1刷
  5. ^ 『FOOD'S FOOD 新版 食材図典 生鮮食材編』p216 2003年3月20日初版第1刷 小学館
  6. ^ 村井康彦 『花と茶の世界:伝統文化史論』 三一書房、1990年ISBN 4380902447 pp.108-109


「花」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2012/02/22 17:23 UTC 版)

発音

名詞

  1. (はな)種子植物成長し、の先やにつける生殖器官

翻訳

はなの訳語参照

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.





花と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

花に関連した本

「花」に関係したコラム

  • 株主優待銘柄とは

    株主優待銘柄とは、株主に対する還元策の1つとして商品券や割引券など配布している銘柄のことです。企業は、株主還元のため、また、株主の獲得のためにさまざまな株主優待を用意しています。株主優待は、1単元でも...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「花」の関連用語

1
100% |||||

2
92% |||||

3
92% |||||

4
92% |||||

5
92% |||||

6
92% |||||

7
92% |||||

8
92% |||||

9
92% |||||

10
92% |||||

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

コニカルコ石

アトラスビーズ

中ヨークシャー

ガーターベルト

尾田賢典

ニッポノサウルス・サハリネンシス

送り槓

合わせ包み





花のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JabionJabion
Copyright (C) 2017 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2017 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの花 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2017 Weblio RSS