芸者とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 保健 > 女性 > 芸者の意味・解説 

げい しゃ [0] 【芸者】

歌・舞踊・三味線などで宴席に興を添えることを職業とする女性芸妓芸子
遊芸巧みな人。芸達者。 「貴人,高人,よろづの-は各別浮世草子永代蔵 6
芸能職業とする人。役者能楽師など。 「つひに末座にある-に膳をすゑず/咄本醒睡笑


芸者,ダンサー

分類日本標準職業分類(平成21[2009]年12月統計基準設定) > サービス職業従事者 > 接客・給仕職業従事者 > 芸者,ダンサー
説明芸ぎ(妓)・フロアダンサーなどをいう。
事例芸者;芸ぎ(妓);芸ぎ見習半玉舞妓社交ダンサー;キャバレーダンサー;フロアダンサー

芸者


芸者

読み方:げいしゃ

  1. 芸者には「仕込」「丸抱」「分け」「七三」「逆七」「看板」「自前」等の別があり、何れも抱主との契約関係からの区別である、「仕込」は芸妓玉子で之れから仕込んで貰つて本物の芸者になれるもののことで、之に「箱仕込」といふ箱屋の手伝から仕込むもの「半仕込」といふ芸能から仕込むやや年長の者「一本仕込」といつて、芸能若は芸者としての客扱等何れかを仕込めば足る者等の区別があり、「丸抱」は食費衣装其他全部費用を抱主の負担に於て支弁される代り一定の年限を附して其間の玉代全部提供するもの、「分け」は玉代折半約束で芸者となるもの、「七三」「逆七」は其の分配の割合から来たもの「看板」は一定の名儀料を支払つて其の家に籍を置いて貰つて稼業をなすもの、「自前」は自分芸者屋開業且つ自らも芸者をするもののことで之れを「姐さん」と呼ぶ。又一人前になつた芸者を「一本」と云ひ此の大芸者」を京阪では「芸子」と呼んでゐる。一本の芸者に対して小さな小供芸者を「お酌」「半玉」といひ、京阪では「舞子」」「おちよぼ」といつてゐる。京阪で芸者と云へば男芸者のことで、女は之を「芸子」と云ふのが普通とされている。

分類 花柳界

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

芸妓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/28 16:52 UTC 版)

(芸者 から転送)

芸妓(げいぎ)とは、舞踊音曲・鳴物で宴席に興を添え、客をもてなす女性。芸者・芸子のこと。酒席に侍って各種の芸を披露し、座の取持ちを行う女子のことであり、太夫遊びが下火となった江戸時代中期ごろから盛んになった職業の一つである。




[ヘルプ]







芸者と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

芸者に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「芸者」の関連用語

1
100% |||||


3
女芸者 国語辞典
100% |||||

4
芸子 国語辞典
100% |||||


6
94% |||||

7
94% |||||




芸者のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

郡 寿男

FLHX103

ブロークンデニム

生豆

ノギス

スクエア包みの応用

Uターンアプローチ

西山製麺





芸者のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
総務省総務省
Copyright(c)2016 総務省 統計局 All rights reserved
政府統計の総合窓口(e-Stat)
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2016 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの芸妓 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS