地獄の黙示録とは?

地獄の黙示録

作者村上龍

収載図書村上龍映画小説集
出版社講談社
刊行年月1995.6


地獄の黙示録

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/29 16:38 UTC 版)

地獄の黙示録』(じごくのもくしろく、原題:Apocalypse Now )は、1979年公開のアメリカ映画フランシス・フォード・コッポラによる戦争映画。日本では1980年昭和55年)2月23日に公開された。




[ヘルプ]
  1. ^ Apocalypse Now”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2013年5月8日閲覧。
  2. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)390頁
  3. ^ ドキュメンタリー映画『ハート・オブ・ダークネス コッポラの黙示録』のコッポラの妻エレノアの証言によれば、屠殺の描写は当初の脚本にはなく、ロケを行った現地で屠殺の儀式を体験したとき発想されたアイディアであったという。この一連の場面は、エイゼンシュテインの『ストライキ』と比較されることもあり、編集も同じようなモンタージュで行われている。
  4. ^ 打ち合せでサンフランシスコや撮影現場のフィリピンに同行した戸田奈津子が『KEEP ON DREAMING』pp.88-90で書いている。
  5. ^ コッポラの妻エレノアは、コッポラがラッシュを観て交替を決めたと回想している。
  6. ^ Peter Cowie, "Coppola", Scribner, 1990, p. 128
  7. ^ a b Peter Cowie, "Coppola", p. 127
  8. ^ マイケル・ハーはその後、ベトナム戦争を描いたスタンリー・キューブリック監督の『フルメタル・ジャケット』(1987年)に脚本家として参加している。
  9. ^ a b “Sweeping Cannes” (英語). Time. (1979年6月4日). http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,946279,00.html 2008年11月22日閲覧。 
  10. ^ 立花隆著『解読「地獄の黙示録」』文藝春秋、2002年2月、ISBN 978-4163584904
  11. ^ 村上春樹「同時代としてのアメリカ 3」 『』1981年11月号、164-165頁。
  12. ^ ジョン・ミリアスと、ドアーズのジム・モリスンおよびレイ・マンザレクの2人は、学生時代からの友人で、コッポラ自身も顔見知りだったと言う。
  13. ^ “Apocalypse Now (1979) is producer/director Francis Ford Coppola's visually beautiful, ground-breaking masterpiece with surrealistic and symbolic sequences detailing the confusion, violence, fear, and nightmarish madness of the Vietnam War.”
    Tim Dirks、“Apocalypse Now (Redux) (1979) (2001)”、Filmsite。(参照:2009年5月25日)
  14. ^ The Internet Movie Database、“IMDb Top 250”(参照:2009年5月25日)
  15. ^ a b 萩原健一絓秀実 「第一章 黒澤明を経験するということ」『「日本映画[監督・俳優]論」』 ワニブックス2010年、22頁。ISBN 4847060237
  16. ^ 「マスターズ・オブ・ライト」デニス・シェファー+ラリー・サルヴァート著・フィルムアート社、254頁


「地獄の黙示録」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「地獄の黙示録」の関連用語

地獄の黙示録のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

蛍ビーズ

高規格救急車

天皇陛下御在位20年記念5百円ニッケル黄銅貨幣

宮沢海水浴場

龍涎香

2目ゴム編み

おれんじHOPE

神代曙





地獄の黙示録のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの地獄の黙示録 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS