エフとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 学術 > 音楽 > エフの意味・解説 

エフ [1] 【 F ・ f 】

英語のアルファベット第六字。
firm鉛筆(しん)硬さを表す記号( F )。 HB と H との間。
創案Fahrenheit頭文字から〕 華氏温度であることを示す記号( F )。
焦点距離focus)のレンズ口径対する比を表す記号( F )。 → F ナンバーABC 略語
フッ素fluorine)の元素記号( F )。
電気容量単位ファラッドfarad)を表す記号( F )。
フェムトfemto)の略号( f )。
〘生〙 〔ラテン filia〕 子孫雑種)を示す記号。 F1 雑種第一代, F2雑種第二代
〘音〙
への音。
フォルテイタリア forte)を示す記号f )。
建物の階(floor)を示す記号( F )。
関数function)を示す記号

F

アメリカ・イギリス・ドイツ音名の一。ハ調長音階の第 4 音「ファ」,日本音名の「ヘ」。
female女性
ラテン filial子孫雑種)を示す記号。F1雑種第 1 代,F2雑種第 2 代。
fine鉛筆硬さを示す記号。 → BHHB
floor建物の階を表す記号。(日本で)5F は 5 階。
焦点距離focus)のレンズ口径対する比を表す記号
force〗 力を表す記号
fighterアメリカ空軍機種識別記号の一で,戦闘機を表す。 → B

f

デンマーク femto
単位冠する接頭語10-15倍を示す。

え ふ ゑ- [1] 【絵符・会符】

江戸時代街道運送優先的取り扱いのため,公家武家などの荷物につけた
荷札

え ふ ゑ- [1] 【衛府】


衛府

読み方:エフ(efu

奈良平安時代宮中警備を司った役所総称


.f

読み方:エフ

.fとは、世界最初高級言語とされる手続き型言語である「Fortran」で記述されたソースファイルに付く拡張子のことである。

.fは通常固定形式記述された・FORTRAN 77 プログラム」と解釈されるので、 .fファイルにFortran90またはFortrn95で新規追加された機能記述する場合には、別途オプション機能が必要となる。


会符

読み方:エフ(efu

江戸時代の証

別名 伝符行李符絵符


絵符

読み方:エフ(efu

江戸時代人馬使用上の特権認められた公家門跡武家などが荷物につけた証符や木札


衛府

読み方:エフ(efu

古代軍事組織


エフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/08/19 13:01 UTC 版)

エフ







エフと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

エフに関連した本

「エフ」に関係したコラム

  • 株式の大型株とは

    東京証券取引所(東証)では、規模別株価指数の算出のために一部上場銘柄を大型株、中型株、小型株の3つに分類しています。その基準は、時価総額や株式の流動性などによって順位づけしたものになっています。大型株...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「エフ」の関連用語

エフのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

荒川

BMW 7 シリーズ

スライド・アジャスター

さんとす丸

ハイイロジェントルキツネザル

瓜割の滝

3000系

XL1200X





エフのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
拡張子辞典拡張子辞典
Copyright © 2005-2017 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ.fの記事を利用しております。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエフ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS