黒歴史 黒歴史の概要

黒歴史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/10 14:35 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

黒歴史にはガンダムシリーズで描かれた物語全てが含まれる。『機動戦士ガンダム』の時代である「宇宙世紀」だけでなく、それまでは別系統の異なる世界観の作品という扱いだった『機動武闘伝Gガンダム』の「未来世紀」、『新機動戦記ガンダムW』の「アフターコロニー」、『機動新世紀ガンダムX』の「アフターウォー」の他、以後に発表されたガンダム作品の歴史も含まれる。原作者富野由悠季は『∀ガンダム』において、「宇宙世紀」もそれ以外の作品群の世界観の歴史も包含し、「黒歴史」として総称するという新たな視点を示した。

そこから転じて「なかった事にしたいこと」または「なかった事にされていること」という意味のスラングとして使われる。

概要

「黒歴史」とは、太古の宇宙文明時代に永きに渡って繰り返されていた数々の宇宙戦争の歴史の総称であり、『∀ガンダム』は黒歴史最後の大災害から復興し、数千年余りの時間をかけ、ある程度の生活・文明レベルを取り戻した「正暦」の時代の物語である。『∀ガンダム』では、黒歴史時代最後のガンダムである∀ガンダムによって地球圏全土にばら撒かれた「月光蝶」なるナノマシンの効果により、人類の文明は甚大な打撃を受け、産業革命以前のレベルまで衰退した文明の様子が描かれている。

『∀ガンダム』監督の富野由悠季は「(「」という記号には)“以後”ということも含めてあるので、『∀ガンダム』以降の作品についても認められるようになったわけです。『∀ガンダム』の時代に辿り着くまでには、あと100本の『ガンダム』を作っても余裕がある時間を作ってある[1]」と語っている。設定を担当した森田繁はインタビューに際し、各ガンダム作品を一つの世界観に纏めるようオーダーされたために作られた設定であり、制作の折には各作品ごとに10000年の時間が経過した年表を製作したとも語っている[2]

サンライズ監修の漫画『∀ガンダム 月の風』(著者:安田朗)にて、『機動戦士ガンダムSEED』シリーズの「コズミック・イラ」も含まれるとされた。『マスターグレード ターンX』では、『∀ガンダム』より後に発表された『機動戦士ガンダムSEED』、『機動戦士ガンダム00』、『機動戦士ガンダムAGE』の他、今後発表されるであろうガンダム作品も含むと直接言及しているが、その中では『ガンダム ビルドファイターズ』は除くものと推測されている。また、本編中に描写はないが企画の初期段階では「SDガンダムシリーズ」の世界観も包括しているという設定も存在し、SD型のモビルスーツが発掘されるという案もあったと言う[3]

富野は「『∀ガンダム』以後のガンダム作品を描くとしたら、自分で作るつもりです。そうした設定があるために『∀ガンダム』において、ロランとディアナの物語は完結を迎えましたが、ガンダムについては触れていないんです。マウンテンサイクルという設定も“どこから何年後”という表現を避けるために考えたものなんですよ[1]」とも述べている。

作中で黒歴史を描写する時、決まって流された菅野よう子作の曲も「Black History」と名づけられている。この曲は本作を象徴する音楽として関連作品でも多く用いられている。

『Gのレコンギスタ』における黒歴史

ガンダム Gのレコンギスタ』の時系列は『∀ガンダム』で描かれる「正暦」よりも前の時代に位置すると公式関連書籍などで紹介されていた[4][5][6]。だが後に、富野はトークショーにて『∀ガンダム』同様自身が手掛けた『Gのレコンギスタ』は『∀ガンダム』から約500年後頃を想定して制作したと発言している[7]

同時に富野自身が単独でシリーズ全体の設定を決定する権限がないことにも触れ、「(公式が自身の見解と異なる時系列を発表していたことについて)それはそれでいいんです」「皆さんなりに“ガンダム全史”みたいなものを作っていたたければいい」と前置きしつつも「その時には『Gのレコンギスタ』の位置付けが、今言った所(『∀ガンダム』⇒『Gのレコンギスタ』)に置いていただけたら嬉しく思います」と述べている[7]。この発言を受けて、聞き手を務めていたサンライズの小形尚弘プロデューサーは「色々と整理したいと思いますので、来場者の皆さんは今日聞いたことは一旦胸の内にしまって頂いて。次の何かの機会に、しれっとそうなってる可能性はありますので」と答えた[7]

富野の構想は、これまで公式が公開してきた時系列の設定(『Gのレコンギスタ』⇒『∀ガンダム』[4][5][6])と異なる上、宇宙世紀を「約1000年前[8]の“前世紀[9]”」として扱う『Gのレコンギスタ』の設定と、宇宙世紀を「約1万年前の“太古”[10]」として扱う『∀ガンダム』の設定とで矛盾が生じる。だが、この発言を受けるならば『Gのレコンギスタ』に関しては黒歴史に含まれないことになる。

劇中での描写

『∀ガンダム』の舞台となる正暦世界において、黒歴史は月の民たちの間でも限られた者しか、触れることは許されなかった。アグリッパ・メンテナーらメンテナー一族が管理を行っており、「冬の宮殿」において封じられていた。ムーンレィスと地球の人々との紛争の渦中、月の女王ディアナ・ソレルたちの前で黒歴史の記録映像として過去のガンダムシリーズの宇宙戦争が映された。

作中では、過去のガンダムシリーズと繋がっているかのような文物がいくつも登場する。また、『∀ガンダム』の時代・正暦2343年は『機動戦士ガンダム』などの舞台であった「宇宙世紀」から約1万年後[10]の物話であることが語られている。

記録映像中では、かつてニュータイプと呼ばれた人々を中心とする宇宙移民者たちは、歴史の半ばで地球圏と袂を分かち、スペースコロニーごと外宇宙へと新天地を求め去っていたことも語られている。さらに『月の風』によれば、彼らは空間跳躍技術を確立し、宇宙全土を舞台に文明の域を広げ、独自の進化を続けた。ある時期には「超空間交通システム」によって他恒星系移民者との交流も行われていた[11]という。遥か未来、その彼方の異文明から当時の地球へと偶然漂着したのがターンXであり、自らの意思で外宇宙から地球圏へと帰還を試みた一団が、後のムーンレィスの祖先達だったと語られている。

黒歴史の遺物には多数の技術の情報も残されており、地球の産業革命を志すグエン・サード・ラインフォードギンガナム側に寝返ってまで、この技術を手に入れようと画策した。そして黒歴史は紛争終結後にディアナの意向により開放され、民衆の目に触れることとなった。

地球でも黒歴史の一部はマニューピチにてガンダムシリーズの始まりから世界の終わりまでを抽象的に物語ったものとして伝わっている。地域によっては『機動武闘伝Gガンダム』の劇中の顛末が神話として知られ、「DG細胞災害」という第一級テクノハザードの記録も残っている[12]

福井晴敏著『月に繭 地には果実』では、「冬の城」のビジュアル・データ室でディアナが明かす黒歴史の範囲は『Vガンダム』までに言及しているものの、それ以降のアナザーガンダム作品については描写がない。また、映像と共にギレンハマーンシャアたちの演説が次々と流されていき、最終的にはファーストガンダムの映画版『機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編』でのララァ・スンの言葉へと結実するという小説版独自の描写が為されている。

U.C.ガンダムBlu-rayライブラリーズ映像特典『機動戦士ガンダム 光る命 Chronicle U.C.』において、∀ガンダムが月光蝶を発動し宇宙世紀の文明を消し去る様子が描かれており、その後GガンダムからGのレコンギスタまでの歴史が続いていっていることがイメージ映像として描写された[13]

ガンダムトライエイジ』ではカード内のフレーバーテキストでは、キエルやギンガナムなど∀ガンダムのキャラ達が上記の冬の宮殿の映像や資料の中で『SEED』『00』『UC』『鉄血』など∀ガンダム以降の作品に登場したMSについて言及している。


注釈

  1. ^ 2013年9月8日の朝日新聞天声人語では「黒歴史」を「人に言えない、知られたくない過去、なかったことにしたい失敗など」と定義し、由来は「人気アニメで使われていた用語が、意味を転じつつ俗語として広がった」としている。

出典

  1. ^ a b 電撃PlayStation』2007年9月14日号付録収録「Re:Play」Vol.9 富野由悠季インタビューより。
  2. ^ 『グレートメカニックG 2019 SPRING』双葉社、2019年3月、82-84頁。ISBN 978-4-575-46514-3
  3. ^ 『月刊ガンダムエース』2007年6月号 安田朗『∀の思い出3』より。
  4. ^ a b 『ガンダム Gのレコンギスタ 特別先行版』フライヤー。
  5. ^ a b 『ガンダム Gのレコンギスタ 特別先行版 パンフレット』5頁。
  6. ^ a b 『ガンダム Gのレコンギスタ オフィシャルガイドブック』Gakken、2015年9月、153頁。ISBN 978-4-05-406307-5
  7. ^ a b c 『夜のG-レコ研究会~富野由悠季編~』2015年8月27日。スマートフォンアプリ「ガンダムチャンネル」にてアーカイブ配信されている。
  8. ^ 『TV Bros.』2014年8月2日号「富野由悠季インタビュー」6-9頁。
  9. ^ 『ガンダム Gのレコンギスタ』第2話・第4話・第6話より。
  10. ^ a b 『∀ガンダム』第44話「敵、新たなり」より。『劇場版∀ガンダムII 月光蝶』では約5000年前とされる。
  11. ^ 「∀ガンダム」全記録集2 P74
  12. ^ 『∀ガンダム記録全集』より
  13. ^ 「U.C.ガンダムBlu-rayライブラリーズ」福井晴敏がシナリオを書いた「新規映像特典」追加収録決定!gundam.info 2019年7月26日
  14. ^ 黒歴史に関する意識調査
  15. ^ 日清、時代を先取りし過ぎた“黒歴史トリオ”を復刻発売 「サマーヌードル」「どん兵衛 だし天茶うどん」「熱帯U.F.O.」”. ねとらぼ (2017年6月26日). 2017年7月15日閲覧。
  16. ^ 「日清食品、次は『〜の説』で売れ チキンラーメン、毎週進化 企画、ヤフーの見出し意識」『日経MJ』2019年7月19日付、3頁。


「黒歴史」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「黒歴史」の関連用語

黒歴史のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



黒歴史のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの黒歴史 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS