簡易書留とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 郵便 > 書留 > 簡易書留の意味・解説 

簡易書留

読み方:かんいかきとめ

簡易書留は、書留郵便のうち、送達過程記録一部省略することにより相対的に簡素かつ割安に、確実な送達実施する郵便取り扱い方である。日本国内ではもっぱら日本郵便提供するサービスを指す。

書留」は書留郵便の略であり、郵便物預かり受け取り主の元へ届けるまでの過程記録しつつ配達するサービス呼び名である。書留郵便として扱われている郵便物は、配送過程紛失したり破損したりすれば直ち発覚する。そのためいつのまに遺失していました」というような取り返しつかない事態極めて生じにくい。万が一配達中に紛失したり破損したりした場合には、実損額を賠償する仕組み設けられている。書留郵便送り主にとって最も確実性の高い郵便取り扱い方法といえる

なお「書留」という語の語源としては、配達員配達記録書き留めながら取り扱ったため、という解釈一般的である。もっとも最近では追跡番号によって電子的に記録・管理されているため文字通り書き留め」ることはない。

書留郵便には「一般書留」「現金書留」および「簡易書留」の3種分けてサービスが提供されている。一般書留は、引き受けから配達までの送達過程つぶさに記録する。そして簡易書留は、引き受け配達のみを記録するに留め、その分だけ料金割安利用できるようになっている賠償の上限も一般書留よりずっと低い。なお現金書留現金送付特化した書留サービスである。

簡易書留は、典型的には、クレジットカード保険証などのような軽量ながら万が一にも紛失して第三者の手に渡ることがあってはならない種類郵便物取り扱う際に利用される場合が多い。コンサートチケットなども確実な送達のため簡易書留が利用される場合が多い。

なお、日本郵便による簡易書留は、万が一事態が生じた場合賠償額が上限5万円である。一般書留場合賠償額が最高500万円まで設定できる。

郵便物取り扱い記録するサービスとしては「特定記録」もある。特定記録は、差出人発送したという記録を残し、配達状況追跡できるようにするサービスである。ただし郵便物受取人郵便受け届けるのみであり、受領印などの確保は行わない。つまり、簡易書留と特定記録違いは、簡易書留が「郵便物が受け取られた」ことを確実にするサービスであり、特定記録は「郵便物発送した」ことを証拠に残せるサービスであるといえる

かんい‐かきとめ【簡易書留】

書留一種郵便物荷物引き受け配達だけを記録し、途中で亡失棄損があった場合は、5万円を限度として実損額が賠償される。


書留郵便

(簡易書留 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/09 02:40 UTC 版)

書留郵便(かきとめゆうびん)とは、郵便の特殊取扱の一種である[1]。略称は書留




  1. ^ a b c d e f g 総務省. “諸外国の郵便制度について”. 2019年1月27日閲覧。
  2. ^ 日本郵便. “配達証明”. 2019年1月27日閲覧。
  3. ^ 戸建住宅に設置した宅配ボックスへの書留郵便物等の配達 - 日本郵便
  4. ^ 井手秀樹『日本郵政 JAPAN POST』東洋経済新報社、2015年


「書留郵便」の続きの解説一覧



簡易書留と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「簡易書留」の関連用語

簡易書留のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



簡易書留のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの書留郵便 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS