心磁図とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 心磁図の意味・解説 

心磁図

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/02 09:17 UTC 版)

心磁図(しんじず 英語: Magnetocardiography)は心筋の電気的な活動によって生じる磁場を高感度磁気センサを用いて計測、可視化する技術である。




  1. ^ 粟野亥佐武、村本敦子、粟野直行、SQUID磁束計による心磁図の検出と臨床心磁図学へのアプローチ 応用物理 1981年 50巻 7号 p.698-713, doi:10.11470/oubutsu1932.50.698
  2. ^ 加呂光、下田健一朗、前田好章 ほか、36チャンネルフラックスゲートセンサを用いた心磁界計測 電気学会論文誌E(センサ・マイクロマシン部門誌) 2016年 136巻 6号 p.224-228, doi:10.1541/ieejsmas.136.224 (有償閲覧)
  3. ^ 室温で生体の磁場を検出、高感度磁気センサー”. EE Times Japan (2016年4月8日). 2016年12月14日閲覧。
  4. ^ (PDF) 室温動作 36 チャンネル心磁図計を開発し、世界で初めての計測に成功, https://www.kyushu-u.ac.jp/f/6003/2015_10_26_1.pdf 
  5. ^ Baule, Gerhard, and Richard McFee. "Detection of the magnetic field of the heart." American Heart Journal 66.1 (1963): 95-96.
  6. ^ 塚田啓二、神鳥明彦、宮下豪 ほか、研究会 第36回理論心電図研究会 テーマ : 心臓電気現象記録法の原理と臨床応用 心磁図の原理 心臓 2001年 33巻 5号 p.423-431, doi:10.11281/shinzo1969.33.5_423
  7. ^ 小谷誠、内川義則、合原一幸、生体磁気とその計測法 BME., 1988年 2巻 10号 p.651-659, doi:10.11239/jsmbe1987.2.651
  8. ^ (PDF) 超電導心磁計が市場にでるまで, https://www.tia-nano.jp/ascot/tyoudendou/series/2006-tsukada.pdf 
  9. ^ 室温で動作する高感度・高分解能の小型心磁計を開発”. 科学技術振興機構 (2015年7月23日). 2016年12月13日閲覧。


「心磁図」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「心磁図」の関連用語

心磁図のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



心磁図のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの心磁図 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS