商業捕鯨モラトリアムとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 商業捕鯨モラトリアムの意味・解説 

商業捕鯨モラトリアム

読み方:しょうぎょうほげいモラトリアム
英語:Moratorium of Commercial Whaling

捕鯨国商業捕鯨一時的停止すること。

商業捕鯨モラトリアムは、商業捕鯨評価のための猶予期間という位置づけであり、その間にクジラ資源包括的評価捕獲頭数設定などについて検討を進めるとされている。

商業捕鯨モラトリアムは、1972年国連人間環境会議において提案された。しかし当時国際捕鯨委員会IWC)によって否決されている。10年後の1982年IWCが商業捕鯨モラトリアムを採択したことによって、商業捕鯨一時禁止されることとなった。

その後改訂管理制度」と呼ばれる商業捕鯨に関する管理監視制度検討されているが、加盟国間の合意が得られておらず、2011年2月現在に至るまで商業捕鯨再開先送りにされている。

商業捕鯨モラトリアム

 鯨類資源に関する科学的情報不確実性があるとして、ミンククジラなど資源豊富な種も含めて商業捕鯨一時停止したIWC措置


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「商業捕鯨モラトリアム」の関連用語

商業捕鯨モラトリアムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



商業捕鯨モラトリアムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
農林水産省農林水産省
Copyright:2020 The Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries of Japan

©2020 Weblio RSS