イエダニとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 害虫 > ダニ > イエダニの意味・解説 

いえ‐だに〔いへ‐〕【家×蜱】

オオサシダニ科のダニ体長0.7ミリほどで体は長卵形、脚は四対。家ネズミ寄生虫であるが、人に移行し、吸血後は白色から赤黒い色になる。《 夏》


家壁蝨

読み方:イエダニ(iedani)

オオサシダニ科のダニ


イエダニ


イエダニ

節足動物門 蛛形綱 ダニ目 中気亜目 オオサシダニ科 Macronyssidae 
イエダニ Ornithonyssus bacoti (Hirst)

イエダニ

この害虫属する群
ダニ(1) イエダニ
形態
 体長0.7mm、汚白色で長卵形をしているが、吸血後には体長1mm以上となり、体色赤褐色黒褐色変化する。
分布
 日本を含む世界中分布する。
被害
 ネズミのほかに人からも吸血し、吸血されると皮疹直径は3~10mmになり、かなりの痒みが生じる。刺される部位は脇、腹や腰部陰部太股足首など皮膚の柔らかいところが多くその際非常にはげしい痒み伴い中には刺された跡の痒み何日も続くこともある。各種線虫病原菌リケッチアウイルスなどを媒介することが知られ、衛生極めて危険な種である。
生態
 家屋内では主としてクマネズミなどの巣内に生息する。ネズミ多数生息している場所や、寄主が巣に戻って来なかった時など、人間や他の動物から吸血することがある初夏から秋にかけて多いが、冬でも被害がでる。
 発育は、卵、幼虫第一若虫第二若虫成虫進み8月頃で4日間、9月下旬で5~6日間、11月で2~3週間要する22で飼育すれば1週間余で成熟する。雌は1度交尾だけで一生産卵続け、1回の吸血で4~21粒、生涯120内外を産む。雌雄とも第一若虫成虫吸血し、炭酸ガス反応して行動起こす第一若虫は活発に行動するが、その前後幼虫第二若虫は殆ど動かず、休息期と考えられ、それぞれの期間も短い。単為生殖行い、未交尾で雄に発育する卵を産むことができる。未吸血で2週間ほど生存できるが、冬季はさらに長期間生存できる。
特記事項
 被害のあった部屋とその天井裏燻煙殺虫剤をまく。消毒するまでその部屋を使わない。

イエダニ

ダニ(1) イエダニ
この群に属す害虫
特徴
 イエダニは1913年エジプト初め発見されたダニで、家ネズミ血液を吸うダニですが、しばしばヒトからも吸血し、昔から家でダニに刺されたと言った場合には本種を指すほど一般化しています。刺される部位は脇、腹や腰部陰部太股足首など皮膚の柔らかいところが多くその際非常にはげしい痒み伴い中には刺された跡の痒み何日も続くこともあります
 イエダニは体長0.6~1mmで、特に吸血後は赤~黒褐色になるため、徘徊している姿が肉眼でも観察できます
 本種は主にネズミ営巣場所で繁殖するため、被害発生した場所では必ずネズミ生息見られます。したがって、ネズミ営巣場所が近くにある場合、またはネズミ営巣放棄した時などに被害増える傾向あります
防除
 イエダニは殺虫剤比較弱くピレスロイド剤のエアゾール噴霧すると殺できますネズミ徘徊しそうな場所や通路にはエアゾール定期的に噴霧しておきます。密閉された部屋では、市販燻煙剤効果ありますネズミ駆除も非常に大事で、もしネズミの巣を見つけたらすぐに除去し、エアゾール噴霧した後で清掃します。
 しかしダニ種類同定駆除相談保健所専門業者依頼する方が良くネズミ防除や巣の除去専門業者の方が安心です。皮膚の痒み発疹についても、医師判断に従います。


家蜱

読み方:イエダニ(iedani)

オオサシダニ科のダニ

学名 Ornithonyssus bacoti


家壁蝨

読み方:イエダニ(iedani)

オオサシダニ科のダニ

学名 Ornithonyssus bacoti


家蜱

読み方:イエダニ(iedani)

ダニ一種家の中に住み、人の血を吸う

季節

分類 動物


家壁蝨

読み方:イエダニ(iedani)

作者 高浜虚子

初出 昭和21年

ジャンル 写生文


イエダニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/23 22:08 UTC 版)

イエダニ(家蝨、学名: Ornithonyssus bacoti)は、ダニの1種であり、ネズミ寄生虫ながら、ヒトにも頻繁に被害を与える。イエダニという語は人家に見られるダニ全般を指す言葉として使われることもあるが、標準和名としては本種のみをさす。英名をトロピカル・ラット・マイト(Tropical rat mite)という。これは本種が1913年にエジプトの船内のネズミから発見されたことによる[1]


  1. ^ 江原(1990)p.198
  2. ^ 以下、佐藤編(2003),p.191
  3. ^ 佐藤編(2003),p.191
  4. ^ 江原(1990),p.198
  5. ^ 江原(1990),p.199
  6. ^ 佐藤編(2003),p.191
  7. ^ 嘉納、篠永(1997)p.185
  8. ^ 以下、主として佐藤編(2003),p.192
  9. ^ 岡田他(1988),p.397
  10. ^ 佐々学、私共のダニ類研究の回顧 日本ダニ学会誌 第1回日本ダニ学会大会講演要旨(補足) 1993年 2巻 2号 p.99-109, doi:10.2300/acari.2.99
  11. ^ 青木(1963),p.47
  12. ^ 以下、佐藤編(2003),p.194-197
  13. ^ 以下、主として佐藤編(2003),p.192-123
  14. ^ 島野、高久編(2016),p.5
  15. ^ 島野、高久編(2016),p.5
  16. ^ 島野、高久編(2016),p.105
  17. ^ 江原(1990),p.200
  18. ^ 江原(1990),p.200
  19. ^ 青木(1963),p.47
  20. ^ 島野、高久編(2016),p.105
  21. ^ これに関わって青木(1963),p.49-59ではこれら3種の見分け方が指南されているが、これがまた採集してプレパラートを作成し、顕微鏡観察で胸板と鋏角を見ろ、というもので、これを覚えておけば『専門家に尋ねなくったって』識別可能であり、『物知り顔をして』みんなに威張ることも出来るとのこと。しかしそれが出来るならもはや素人とは言えないのではないかという気もする。
  22. ^ 青木(1968),p.46
  23. ^ 島野(2015),p.198


「イエダニ」の続きの解説一覧



イエダニと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「イエダニ」の関連用語

イエダニのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



イエダニのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
国立感染症研究所国立感染症研究所
Copyright: Department of Medical Entomology, NIID
イカリ消毒イカリ消毒
Copyright 2021 IKARI CORPORATION All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのイエダニ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS