Karlheinz Stockhausenとは?

Weblio 辞書 > 人名 > ピティナ・ピアノ作曲家 > Karlheinz Stockhausenの意味・解説 

シュトックハウゼン

【英】:Stockhausen, Karlheinz
[ドイツ]  1928~2007

執筆者: 菊池 朋子

1928年8月22日ドイツケルン近郊生まれ1948年から本格的音楽学び始め公表されている最初作品合唱曲ドリスのための合唱曲』(1950年)。1951年からダルムシュタット国際現代音楽夏季講習参加し、55年からは講師務めた。さまざまな作曲スタイルを経たのち、77年からオペラ『光』の作曲開始それまで技法形式集大成させた大作で、一部ずつ初演が行われてきた。
もっとも新し作品『光』まで、作品全て一貫した作曲信念が貫かれているが、作曲技法時代に応じてさまざまなものが試みられてきた。一躍シュトックハウゼンの評価が高まったのは、1955年の『少年の歌』で、当事もっとも盛んに議論されていたセリー技法使いながら、電子音少年の歌声を美しく調和させた。パリでメシアンのもとで学び、ミュージックコンレートや厳密なセリー理論吸収し、より編成大きな作品も目立つようになる。生楽器による『クロイツシュピール』(1951年)、『コントラ・プンクテ』(1952-53年)、『グルッペン』(1955-57年)などの作品では、音の持続音の強さ音の高さなど、従来音の要素とされてきたものに加えて空間内での響かせ方も緻密構成され、それでいながらダイナミック躍動感保持された。

ピアノ独奏曲

その他


Karlheinz Stockhausen

以下の映画Karlheinz Stockhausen関連しています。


カールハインツ・シュトックハウゼン

(Karlheinz Stockhausen から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/30 15:13 UTC 版)

カールハインツ・シュトックハウゼン(Karlheinz Stockhausen、1928年8月22日 - 2007年12月5日)は、ドイツ現代音楽作曲家


  1. ^ 「カールハインツ・シュトックハウゼン略歴」(『シュトックハウゼン音楽論集』清水穣・訳、現代思潮新社、1999年所収)より。
  2. ^ 公式サイトのプレスリリース (英文)
  3. ^ 清水穣「パリのシュトックハウゼン 1952.1.16〜1953.3.27」(『ベルク年報』第13号所収)参照。
  4. ^ 「群作法(群の音楽)」に関しては、『シュトックハウゼン音楽論集』所収「群の音楽 『ピアノ曲I』リスニングガイド」に詳しい。
  5. ^ 空間的な演出が採り入れられた音楽はそれ以前にも存在していたが(ルネサンス期の合唱曲やベルリオーズの音楽など)、シュトックハウゼンは『シュトックハウゼン音楽論集』所収「空間の中の音楽」にて、それらの音楽と自作をはじめとする現代音楽における空間性の相違について強調している。
  6. ^ シュトックハウゼン全集CD45・ライナーノート、及び松平敬「シュトックハウゼン講習会2002レポート」を参照。全集CD45に収録されている「ソロ」の2つの演奏も、独奏と録音テープの同期という方式でなされている。
  7. ^ 『ラルース世界音楽事典』(福武書店、1989年)、「シュティムング」の項目を参照。
  8. ^ 「フォルメル技法」に関して日本語で読める文献としては、ECMのCD(POCC-1008)に向井山朋子が寄せたライナーノートや、清水穣「セリー、フォルメル、メディア」(『Inter communication』64、2008年所収)などがある。
  9. ^ Texte zur Musik Vol.15参照
  10. ^ 「光」のスーペルフォルメル
  11. ^ 参照注:活動初期は、スザンネ・シュテファンス=マイヤーズの名を用いた。名声が上がってからはスージーの名で呼ばれることも多い。
  12. ^ スコアには、これについて「あまり上手くいかなかった」経緯が詳細に述べられている。
  13. ^ 例えば「ピアノ曲X」について、近藤伸子は「初見など絶対不可能なのは勿論のこと、人前で演奏するには数年を要すると言っても過言ではない」と述べている(『ベルク年報』第13号所収「シュトックハウゼンのピアノ曲について」より)。
  14. ^ シュトックハウゼンはCD化の際、抜粋でしかこの作品の音源を許可しなかった。しかし、完全版LPは生前に販売されていた。
  15. ^ 『ExMusica』プレ創刊号、180頁。
  16. ^ カーデューはシュトックハウゼンのアシスタントを務めていた時代、4群のオーケストラと4群の合唱のための「カレ」のスコアのリアリゼーションを、シュトックハウゼンの詳細な計画と指導のもと全体の作曲プランをもと行っている(シュトックハウゼン全集CD5・ライナーノート参照)しかし、後に決裂し、シュトックハウゼンに対する批判文『シュトックハウゼンは帝国主義の手先』(1974)を執筆している。
  17. ^ グリゼーは自らの作風を確立するに際し影響を受けた作曲家としてメシアンリゲティと並んでシュトックハウゼンの名を挙げており、彼の「変化の度合い」という概念を自作に取り込んだ(渡邊裕美「グリゼーの音楽」『ベルク年報』第13号所収を参照)。また、「シュティムング」における倍音の重なりから生じる独特の時間体験に興味を覚えたという(同上)。
  18. ^ 松平敬「シュトックハウゼン《宇宙の脈動》について」『ベルク年報』第13号所収より。
  19. ^ 清水穣「NACH・KLANG―シュトックハウゼン追悼」『音楽の友』2008年2月号。
  20. ^ 長木誠司によると「1980年代半ばのドイツでのシュトックハウゼンの文献をあさりますと、「現代のワーグナーみたいで非常に誇大妄想的だ」という人はドイツにもいて、それが日本には倍増されて伝わってくるような、さらに言うなら、日本ではそういう妄想の部分が広がるような感じ」だという(『ベルク年報』第13号所収のシンポジウム「シュトックハウゼン再考〜1周忌を前に」より)。
  21. ^ 松平敬「シュトックハウゼン来日公演レポート」
  22. ^ 松平敬「シュトックハウゼン講習会2001レポート」
  23. ^ メッツマッハー『新しい音を恐れるな』小山田豊・訳、春秋社、2010年、144ページ。
  24. ^ 「シリウス」に関して、近藤譲は「犬の星の垂訓」(『音楽の種子』朝日出版社、1983年所収)と題する文章を執筆し、主に演出面に対し批判を加えている。「歴年」に関しては、委嘱者の木戸敏郎によると、初演後の音楽家批評は「すべて悪評ばかり」で「この作品をトータルセリエリズムの理論で分析し、その是非を論じた解説は皆無」であり、さらに、木戸が少しでもこの作品を擁護する記事を書こうとすると、編集者から削除を要求されたという(『ベルク年報』第13号所収「一九七七年 東京で」を参照)。
  25. ^ 長木誠司は「音楽雑誌を引きますと、大体1970年代の前半までは、シュトックハウゼンという名前がたくさん出てくるのですが、その後の10年間はほぼ皆無なのです」と述べている(『ベルク年報』第13号所収のシンポジウム「シュトックハウゼン再考〜1周忌を前に」より)。
  26. ^ 清水穣は、「シュトックハウゼンを追悼する文には毀誉褒貶に一定の型があり、それはよく知らないことを語るとき人が見せる恥ずかしい症候である。そのいちいちを挙げつらう趣味はないが、初期作品を誉めるにせよ連作《光》以降を貶すにせよ批評家の何パーセントが、ヘリコプターや9.11をめぐるゴシップではなく、マルチチャンネルの優れた演奏でシュトックハウゼンの音楽自体を聴き、複数のセリーやフォルメルで柔軟に織り上げられたスコアを見たことがあるのだろう」(『音楽の友』2008年2月号所収「NACH・KLANG―シュトックハウゼン追悼」より)、「60年代までの『理知主義的』作品は評価するが、70年代以降、ことに77年《光》以降の『神秘主義的』で『誇大妄想的』な後期作品を否定するという二分法は、シュトックハウゼンをめぐる鄙びた言説の一つである。追悼文の多くがいまだにこういう二分法に拠っているのを見ると、この国の音楽批評においては時が止まっているかのようで、自ずと『評価』のレベルも知られる」(『Inter communication』64、2008年所収「セリー、フォルメル、メディア」より)と述べている。
  27. ^ この時のシンポジウムの模様は『ベルク年報』第13号に収録されている。
  28. ^ 「昼食時でもシュトックハウゼンは、ささいなことでノーノと喧嘩した」(ヘルムート・ラッヘンマン)。
  29. ^ 松下功のピアノ協奏曲「時の糸II」のソリストは彼女。
  30. ^ Stockhausen and the Beatles
  31. ^ しかし、その講習会でも旧作が演奏された。
  32. ^ 彼のオペラ「光」に登場する悪魔。この発言は「光」の一作「金曜日」の上演前のインタビューで述べられた。
  33. ^ この発言に続けて、シュトックハウゼンはルツィファーのアートは「犯罪」であり、その「身の毛もよだつような効果」に驚いている、という旨の発言をしている(中沢新一『緑の資本論』所収「シュトックハウゼン事件‐安全球体に包み込まれた芸術の試練」を参照)。
  34. ^ この辺りの経緯は、中沢新一『緑の資本論』所収「シュトックハウゼン事件‐安全球体に包み込まれた芸術の試練」に詳しい。


「カールハインツ・シュトックハウゼン」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Karlheinz Stockhausen」の関連用語

Karlheinz Stockhausenのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



Karlheinz Stockhausenのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
社団法人全日本ピアノ指導者協会社団法人全日本ピアノ指導者協会
Copyright 1996-2020 PianoTeachers' National Association of Japan
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカールハインツ・シュトックハウゼン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS