ITURとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 機関 > 部門 > ITURの意味・解説 

ITU-R

International Telecommunication Union Radiocommunications Sector
国際電気通信連合 無線通信部門
ITU傘下国際標準組織で、すべての無線通信サービスに関する標準化勧告作成、および通信衛星を含む無線周波数合理的で、経済的分配などを行う部門無線通信規則改正周波数分配決定する世界無線通信会議WRC: World Radiocommunication Conferences)、および研究課題設定勧告承認を行う無線通信総会RA: Radiocommunication Assembly)を筆頭に、7つのSGStudy Group研究委員会)や、それらSGにおける戦略作業優先順位検討するRAG(Radiocommunication Advisory Group無線通信アドバイザリー・グループ)などから構成されている。

ITU-R

フルスペル:International Telecommunications Union - Radiocommunication Sector
読み方アイティーユーアール
別名:国際電気通信連合無線通信部門

ITU-Rとは、電気通信に関する国際標準規格策定する組織であるITU部門のひとつで、無線通信担当している部門のことである。ITU-Rの「R」とは「Radiocommunications」(無線通信)のことである。

ITU-Rでは、無線周波数割り当て作業や、混信除去電波利用改善施策電気通信標準化促進活動などを行っている。対象となるシステムは、テレビ放送移動体通信無線通信衛星通信などがある。

同じくITUにおける、標準化推進する部門としては、モデム通信インターフェースなどの規格策定を行っているIUT-T(ITU- Telecommunication Sector)がある。


参照リンク
ITU-R
企業活動のほかの用語一覧
標準化団体:  EPCグローバル  標準化団体  IETF  ITU-R  IPDR  JEDEC  LMSC

ITU-R規格

読み方:アイティーユーアールキカク
【英】ITU-R
国際電気通信連合とりきめサラウンド音声製作に関する勧告として、放送音楽音声制作における標準モニター環境を明確にしたものです。ホームシアターに於いて理想的スピーカー配置とされています。

ITU-R

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/12 16:19 UTC 版)

国際電気通信連合 無線通信部門ITU-R: 英語: ITU Radiocommunication Sector)は、国際電気通信連合(ITU)の3つの部門のうちの一つであり、無線通信に関する事項を担当する。




  1. ^ Radiocommunication Sector”. 国際電気通信連合. 2011年3月20日閲覧。


「ITU-R」の続きの解説一覧





ITURと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ITUR」の関連用語

ITURのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

Moto X

Eufy Genie

Aperture

Amazon Prime Air

SH-09C

dynabook KIRA V832

京ぽん

ガチャッポイド





ITURのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
アライドテレシス株式会社アライドテレシス株式会社
Copyright(c)2017 Allied Telesis K.K. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2017 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリITU-Rの記事を利用しております。
ホームシアターサウンドホームシアターサウンド
(c) copyright Japan Audio Society All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのITU-R (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS