酥とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 漢字辞典 > の意味・解説 

[1] 【酥・蘇

古代乳製品。牛や羊の乳を煮つめたもの。「延喜式」では十分の一に煮つめるものとされた。

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/17 15:28 UTC 版)

(そ)は、古代日本で作られていた乳製品の一種で、相当に乾燥し長期保管に耐える加熱濃縮系列の乳加工食品[1]と考えられている[2][3]。酥とは同一の物では無い[4]


  1. ^ 平田昌弘、インド西部における乳製品とその加工技術(前編)」食の科学 (2003) 310, p.24-32
  2. ^ a b c d 斎藤瑠美子、勝田啓子、「延喜式」に基づく古代乳製品蘇の再現実験とその保存性 日本家政学会誌 Vol.40 (1989) No.3 P.201-206, doi:10.11428/jhej1987.40.201
  3. ^ 平田昌弘、ユーラシア大陸の乳加工技術と乳製品 : 第6回 南アジア-インドの都市部・農村部の事例1 : 乳のみの乳製品 帯広畜産大学 学術雑誌論文 食品資材研究会 (2011) ,New Food Industry, 53(6): 73-81
  4. ^ 斎藤瑠美子、勝田啓子 : 家政誌, 39, 71 (1988)
  5. ^ a b c d e f g 斎藤瑠美子、勝田啓子、日本古代における乳製品「蘇」に関する文献的考察 日本家政学会誌 Vol.39 (1988) No.4 P.349-356, doi:10.11428/jhej1987.39.349
  6. ^ a b c 細野明義、我国における牛乳と乳製品普及の系譜 中央酪農会議 2017年4月12日閲覧
  7. ^ 有賀秀子、高橋セツ子、倉持泰子 ほか、日本における古代乳製品の"酥"および"醍醐"の本草網目(李著)にもとづく再現試験 日本畜産学会報 Vol.59 (1988) No.3 P.253-260, doi:10.2508/chikusan.59.253
  8. ^ S.Suzuki : Historia Scieniarum, 21,115 (1981)
  9. ^ 平田昌弘、古代の日本をたどる―酥と蘓とは? デーリィマン (2014) 64巻 9号 p.64-66,
  10. ^ 牛乳の歴史 奈良県牛乳商業組合 2017年4月12日閲覧


「蘇」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2010/11/02 16:12 UTC 版)

発音


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「酥」の関連用語

酥のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



酥のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの蘇 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2019 Weblio RSS