座具とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > 教義 > 座具の意味・解説 

ざ‐ぐ【座具/×坐具】

すわるときに敷くもの。ござ・布団の類。

《(梵)niṣīdanaの訳。音写尼師壇比丘(びく)が所持する六物(ろくもつ)の一。座臥(ざが)の際下に敷く。


椅子

(座具 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/11 11:12 UTC 版)

椅子(いす)とは、座るため(座姿勢)に使用する道具の総称[1]


注釈

  1. ^ なお、≪寝る≫に対応する道具がベッド(や布団)である。
  2. ^ なお、(それに対して)自転車サドルなど、物にまたがった姿勢は「跨座(こざ)」と呼ぶ。
  3. ^ 部分・部品(パーツ)の名称には「背もたれ」「肘掛け」「脚」などがある。ダイニングチェアではパーツ名が細分類される場合がある (出典:ダイニングチェアのパーツと名称:家具 選び方のPOINT - しあわせホーム.com)
  4. ^ 中国語においては、背もたれの有無によって「(椅子)」と「(凳子)」に明確に区分されるという[8]

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k 山内陸平「椅子と掛心地 : 人間工学的側面の多様性」『人間工学』第21巻第5号、日本人間工学会、1985年、 233-238頁、 doi:10.5100/jje.21.2332020年5月26日閲覧。
  2. ^ Oxford Dictionary, "seat".[1]
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 小学館『スーパーニッポニカ』「椅子」
  4. ^ 広辞苑第六版「椅子」
  5. ^ 意匠分類定義カード(D7)意匠番号D7-200 特許庁
  6. ^ a b c d e f g 意匠分類定義カード(D7) 特許庁
  7. ^ a b c d 雑貨工業品品質表示規程”. 消費者庁. 2013年5月23日閲覧。
  8. ^ 背もたれがなければ“椅子”とは呼ばない - 2006/06/14(水) 14:48:01 [サーチナ]
  9. ^ a b c d e 浅田晴之, 内田和彦, 渡辺秀俊, 小原二郎「体に合った椅子をさぐる」『日本人間工学会大会講演集』48spl日本人間工学会第53回大会、日本人間工学会、2012年、 312-313頁、 doi:10.14874/jergo.48spl.0.312.02020年5月28日閲覧。
  10. ^ 英語版の Stool (seat) を参照。
  11. ^ 英語版の Bar stool を参照。
  12. ^ : reclining
  13. ^ http://ejje.weblio.jp/content/sofa (研究社 新英和中辞典)
  14. ^ 「ノルウェーのデザイン―美しい風土と優れた家具・インテリア・グラフィックデザイン」 p.164-165(島崎信) ISBN 978-4416607251
  15. ^ 鍵和田務『椅子のフォークロア』柴田書店、1977年。28-29頁。
  16. ^ a b 矢田部英正『椅子と日本人のからだ』 晶文社 2004年 ISBN 4794965966 pp.61-67.
  17. ^ 生活騒音シリーズ「住宅機器・設備編」 - 横浜市 環境創造局
  18. ^ Q:中古のテニスボールを教室の机や椅子の脚に使用しているのですが。 - 山口県学校薬剤師会





座具と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「座具」の関連用語

座具のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



座具のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの椅子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS