奧とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > > の意味・解説 

おう【奥〔奧〕】

常用漢字] [音]オウアウ)(呉)(漢) [訓]おく

〈オウ

おくまった場所。「胸奥堂奥内奥

意味が深い。おく深い。「奥義(おうぎ・おくぎ)/蘊奥(うんおううんのう)・深奥秘奥

陸奥(むつ)国。「奥羽奥州

[補説] 原義部屋西南の隅。

〈おく〉「奥書(おくがき)・奥底奥地大奥山奥

名のりうち・おき・すみ・ふか・むら

難読奥津城(おくつき)・陸奥(むつ・みちのく)


おく【奥】

入り口・表から中のほうへ深く入った所。「洞窟の奥」「引き出しの奥探す

家屋の、入り口から内へ深く入った所。家族起居する部屋また、奥座敷。「主人は奥にいます」「客を奥へ通す」

江戸時代将軍大名などの城館で、妻妾(さいしょう)の住む所。「大(おお)奥」

表面現れない深い所。内部。「言葉の奥に隠された本音

心の底内奥(ないおう)。「心の奥明かす

㋒容易には知りえない深い意味。物事神髄までの距離。「奥が深い研究

㋓芸や学問などの極致として会得されるもの。奥義秘奥。「茶道の奥を極める

行く末将来

伊香保ろの沿ひの榛原(はりはら)ねもころに―をなかねそまさかし良かば」〈・三四一〇〉

物事終わりのほう。特に、書物手紙巻物などの末尾

「―より端へ読み、端より―へ読みけれども」〈平家・三〉

2㋑から》身分の高い人が自分の妻をいう語。また、貴人の妻の敬称奥方夫人。→奥さん奥様

「この―の姿を見るに」〈浮・一代女・一〉

《「道の奥」の意》奥州みちのく

風流の初(はじ)めや―の田植うた」〈奥の細道


読み方:オク(oku)

家の内の後方の意から、妻や家族起臥する所。

別名 奥方(おくがた)


読み方:おく

  1. 楽屋

分類 演劇

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


読み方:オク(oku)

所在 新潟県南魚沼市


読み方:オク(oku)

所在 岐阜県岐阜市


読み方:オク(oku)

所在 兵庫県神崎郡市川町


読み方:オク(oku)

所在 兵庫県赤穂郡上郡町


読み方:オク(oku)

所在 岡山県美作市


読み方:オク(oku)

所在 大分県大分市


読み方:オク(oku)

所在 沖縄県国頭郡国頭村

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

読み方
おく
ふかし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/18 20:00 UTC 版)

日本人の姓のひとつ。




「奥」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 14:04 UTC 版)

発音

熟語: 日本語


出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 14:04 UTC 版)

発音

熟語: 日本語



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



奧と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「奧」の関連用語

奧のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



奧のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの奥 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)、 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2020 Weblio RSS