西和彦とは?

西和彦

読み方にしかずひこ

西和彦西和彦とは、IT業界において日本を代表するエンジニア実業家である。アスキー設立者として知られている。1956年2月10日兵庫県神戸市生まれ

略歴


1973年甲陽学院高校卒業東京大学理科I類志望するも、1年間浪人生活を送る。
1975年早稲田大学理工学部機械工学科入学、後に中退
1977年アスキー設立取締役副社長就任
1978年10月マイクロソフト極東代理店としてアスキーマイクロソフト設立される。
1979年マイクロソフト極東担当副社長就任
1980年マイクロソフト取締役技術担当副社長就任
1999年工学院大学大学院情報学博士号取得

1976年には、当時において先進的マイコン雑誌であった「I/O」を創刊し、後にマイクロソフト社のビル・ゲイツと共にMS-DOSIBM PCデザイン携わるなど、黎明期であった日本パソコン界の発展多大影響与えた。1978年大学図書館でたまたまBASIC記事を読んだ際、興奮してただちにマイクロソフト国際電話を入れたという逸話が残っている。ちなみにそのとき偶然にビル・ゲイツ当人電話に出たらしい

現在、西和彦氏はアスキー社を退職し、尚美学園大学 教授須磨学園 学園長株式会社ITNY&Partners 代表取締役として活動している。また技術教育分野においても活躍しており、「MSXアソシエーション」の設立などに貢献している。講演活動にも積極的で、論文著書数多い


参照リンク
nishi.org

西和彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/31 17:45 UTC 版)

西 和彦(にし かずひこ、1956年(昭和31年)2月10日 - )は、日本エンジニアクリエータービジネスマン教育者


[ヘルプ]
  1. ^ デジタルドメイン
  2. ^ アカシックライブラリー
  3. ^ この経緯は田原総一朗の『マイコン・ウオーズ』に詳しく書かれている。
  4. ^ 「マイクロソフトとアスキー 代理店契約を解消」、『MONTHLY The BASIC 1986年4月号』 (技術評論社)164頁、1986年3月18日。雑誌コード 04095-4。 
  5. ^ 「無線と実験」2008年5月号に特別インタービュー「SITアンプと最新デジタル技術でオーディオの新たな標準を目指す」という記事があり、当時の商品群が取り上げられている。
  6. ^ ASCII.jp:西和彦氏、“2ちゃんねる”へ宣戦布告!! ――掲示板群“1ch.tv”試験サービス開始!!
  7. ^ 西和彦氏、“人にやさしい”掲示板「1ch.tv」をプロデュース INTERNET Watch
  8. ^ この経緯は那野比古(井上一郎)の『アスキー新人類企業の誕生』に詳しく書かれている。
  9. ^ このアスキーの復活物語の一部は、滝田誠一郎によって「実業の日本」に連載され、『電脳のサムライたち − 西和彦とその時代 −』にまとめられた。
  10. ^ ここのところは藤原洋の記事に詳しい。
  11. ^ ここの部分については、日経BP社のBizTech No004pp178~185 記事「アスキー経営の誤算」に詳しく書かれている。
  12. ^ ここの部分については、西の著作「ベンチャーの父 大川功」に詳しく書かれている。
  13. ^ 『中央公論』(95年12月号)で「いま何が問題なのか」
  14. ^ 総合メディアシステムのアーキテクチャに関する研究
  15. ^ [1]
  16. ^ [2]
  17. ^ この経緯は須磨学園記念誌編集委員会『須磨学園90周年の歩み』須磨学園、2012年[3]に詳しく書かれている。
  18. ^ Wikipediaはネットの肥溜 - 西和彦
  19. ^ 【赤木智弘の眼光紙背】Wikipediaはネットの肥溜めか?


「西和彦」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「西和彦」の関連用語

西和彦のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

古川享

稲盛和夫

井植歳男

孫正義

浮川和宣

樫尾忠雄

樫尾俊雄

岩垂邦彦





西和彦のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本の創業者列伝日本の創業者列伝
Copyright © 2005-2016 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ西和彦の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの西和彦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS