獣拳戦隊ゲキレンジャーの登場人物とは?

獣拳戦隊ゲキレンジャーの登場人物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/03 03:29 UTC 版)

獣拳戦隊ゲキレンジャーの登場人物(じゅうけんせんたいゲキレンジャーのとうじょうじんぶつ)では、特撮テレビドラマシリーズ『獣拳戦隊ゲキレンジャー』に登場する架空のキャラクター、並びにその所属組織などについて記述する。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ ただし、後に見つかった両親の遺品のペンダントなどから、少なくとも「ジャン」は本名であることが分かる。
  2. ^ シャーフーは「ネコ」、エレハンは「ゾウ」など。
  3. ^ そのため、レツのことはまだ子供だと思っており、レツが弟として話しかけても信用しなかったが、レツが十字架のペンダントを見せたことで真実に気付く。
  4. ^ 東映側で「レツ(ブルー)の兄」という設定を決め、それを受けてバンダイ側が青系の色から紫を選択した。紫はヒーロー側に使われることが少ない色だったが、2000年の『仮面ライダークウガ』のタイタンフォーム以降、平成仮面ライダーシリーズで使われ始め、本作で戦隊シリーズ初登場となった[1]。2000年代以前はメタルヒーローシリーズで3度使われている(『特捜ロボ ジャンパーソン』のジャンパーソンと『ブルースワット』のサラと『ビーファイターカブト』のビーファイターテントウが該当)
  5. ^ 演じる聡太郎は松濤館流空手の有段者で、劇中ではそれを生かしたアクションが見られる
  6. ^ 後に獣力開花したことで過激気は身につける。
  7. ^ a b c キャラクターの命名モデルとなった俳優の出演作品において、フィックス(固定の吹き替え担当)を務める声優が演じている。
  8. ^ 『獣拳戦隊ゲキレンジャー超全集』では、意味は不明と記載している[3]
  9. ^ ただし、本人の出演は無くセリフで語られるのみ。
  10. ^ キャストクレジットは最後。ただし、スーツアクター並びに後期の映像における声優陣を除く。
  11. ^ クレジットのタイミングが本人の映像と同時である他、後期の映像ではクレジットの方法が特殊で字体もやや大きくなっている。
  12. ^ 「転臨幻納」によりメレが臨気を捨て幻気を身につけた際、本人曰く「メレの胃袋がいつもより居心地が悪くなった」らしい。
  13. ^ 修行その47は「邪竜を葬り去る者
  14. ^ この悪夢は、ロンが理央をたきつけるために見せていたことが後に判明する。
  15. ^ 敵幹部は戦隊メンバーを変身前の姿でもコードネームで呼ぶのが通例であることに倣っている。しかし、同期だったゴウへの呼称は常に「ゴウ」だった。
  16. ^ a b 変身前と声の出演は無い。
  17. ^ デザインを担当した篠原保は、修行時は目を隠して自身の内面と向き合い、修行を終えると開眼するという想定でデザインしている[9]
  18. ^ DVD VOL12の「スクラッチ激獣トーク」では、この際「まだ(理央の攻撃による)ダメージは残っているはずだ!」というケンのセリフがカットされたが、実際にはロンは復活前のダメージはすべてリセットされるということに触れられている。
  19. ^ 『獣拳戦隊ゲキレンジャー超全集』では、相手の心の闇を増幅させて良心や自制心を奪い去る技と解説している[11]
  20. ^ 『獣拳戦隊ゲキレンジャー超全集』では、相手の幻気を引き出す技と解説している[11]
  21. ^ 書籍によっては、名称を鳳凰メレと記載している[12][13]
  22. ^ 『獣拳戦隊ゲキレンジャー超全集』では、読み仮名をひしょうきがんと記載している[12]

参照話数

  1. ^ a b c d 修行その23
  2. ^ a b 修行その1
  3. ^ a b c d e f 修行その49
  4. ^ 修行その37
  5. ^ a b c d 修行その24
  6. ^ 修行その6
  7. ^ a b 修行その25
  8. ^ a b c 修行その28
  9. ^ 修行その11
  10. ^ 修行その14
  11. ^ 修行その17
  12. ^ 修行その39
  13. ^ 修行その27
  14. ^ a b c d e 修行その48
  15. ^ 修行その30
  16. ^ 修行その34
  17. ^ a b c 修行その35
  18. ^ 修行その45
  19. ^ a b c 修行その47
  20. ^ 修行その44

出典

  1. ^ 『ホビージャパン』通号465、2008.3、p.186
  2. ^ a b c d e f 百化繚乱 下之巻 2012, p. 361
  3. ^ 超全集 2008, p. 37.
  4. ^ 「Beast Arts Academy」での美希のセリフにより。
  5. ^ 百化繚乱 下之巻 2012, p. 263.
  6. ^ 百化繚乱 下之巻 2012, p. 358, 「DESIGNER'S INTERVIEW12 篠原保」.
  7. ^ a b 百化繚乱 下之巻 2012, p. 264
  8. ^ a b c d 百化繚乱 下之巻 2012, p. 277
  9. ^ a b c d 百化繚乱 下之巻 2012, p. 267
  10. ^ 百化繚乱 下之巻 2012, p. 271.
  11. ^ a b 超全集 2008, p. 84.
  12. ^ a b 超全集 2008, p. 83.
  13. ^ 百化繚乱 下之巻 2012, p. 276.


「獣拳戦隊ゲキレンジャーの登場人物」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「獣拳戦隊ゲキレンジャーの登場人物」の関連用語

獣拳戦隊ゲキレンジャーの登場人物のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

虹ヶ浜海水浴場

オウカンエボシドリ

西ノ内紙

イチョウ

グライダー

指揮統制車

シグナスX FI

ネルドリップ





獣拳戦隊ゲキレンジャーの登場人物のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの獣拳戦隊ゲキレンジャーの登場人物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS